ヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿

現名誉教皇ベネディクト十六世、信仰教理省長官当時

教皇に選出される直前のラッツィンガー枢機卿との私的謁見の模様
この面会はそれまでの実りある対話の結果として行われた。

ラッツィンガー枢機卿からの公式な書簡
画像をクリックすると拡大します。

信仰教理省

2004年7月10日

公文書番号54/92-19631

 尊敬申し上げる枢機卿/大司教殿

御存じのように、1995年教理省はヴァスーラ・リデン夫人の書物に関する通達文書を公にいたしました。その後、同夫人の要請で掘り下げた対話がなされました。この対話の結果として、2002年4月4日付の教理省の書簡が、『神のうちの真のいのち』の最終巻の中で公表され、前述の通達文書の中で指摘したヴァスーラ・リデン夫人の結婚状況および彼女の著書と秘跡への参与に関する異議に対し、同夫人は役立つ釈明を提示しています(添付文を照合されたし)。

貴殿のお国で、問題の書物の一定の普及がありましたので、本省は上述いたしましたことを貴殿に通報するのをよしと考えました。同時に、貴殿は、リデン夫人によってつくられたエキュメニカルな祈りのグループについては、各教区司教たちの決議に従うよう、カトリック信者たちに注意を促さなければなりません。

以上のことを貴殿にお伝えするこの機会を得て、貴殿へのわたくしの尽きない深い尊敬の念を表明いたします。

ratzsignature
教理省長官
ヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿


フランス、スイス、ウルグアイ、フィリピン、カナダの司教協議会会長宛