守護の天使との遭遇(4)

私の天使とサタンとの戦い

angel5

昼間の拷問だけでは不十分だとばかりに、サタンは夜にもやって来ました。私を眠らせてくれないのです。うとうとしかける度に、私を窒息させようとしました。わしが私のお腹の中に爪を立てて、息を全部絞りだそうとするかのように感じたこともありました。周囲に戦いの気配を感じ、天使と悪魔の戦闘の最中に自分がいるのを感じたのです。

するとある日、まるで何も起きなかったかのように、全てが止みました。サタンは攻撃を放棄し、平和な数日間を過ごしました。この経験によって私はすっかり弱ってしまいましたが、これまで以上に、私の天使に頼るようになっていました。

私にとって守護の天使が全てとなりはじめ、天使は私の生活の全てを満たしてくれました。いわば、天使に必死にしがみついていたのです。私たちの守護の天使がどのように私たちを守り、愛し、世話をし、保護し、私たちのために叫び、祈り、私たちと一緒に苦しみ、私たちと全てを分かち合ってくれるかを悟りました。天使は喜びも悲しみも分かち合ってくれるのです。

恐ろしいことに、悪魔は、神が私に対して何を準備されているかを察して戻ってきました。こうかつにも戦術を変え、私の天使の姿で現れるという古典的な手法を使ったのです。悪魔は神をどう描写するかという点に重きを置きました。その狙いは、誤った考えによって私に神を恐れさせ、神が話すために来られる時が来たら、私が逃げ出してしまうように仕向けることでした。神が使命を与えるために私にいずれ近づかれることを察したからです。

初めは、悪魔は確かに私をだますことに成功し、彼が神について言ったことを私は信じました。悪魔が私の無知に乗じて、誤った神のイメージを吹き込んだからです。神は恐ろしい審判者であられ、被造物に対して不寛容で、私たちのさいな間違いに対しても厳しい罰を与えられる方だと描写するのです。こういったことが数日続きました。

私はもう誰が誰なのか、識別できないようになってしまいました。それが天使なのか、天使を装う悪魔なのか。相談する人もおらず、助言を求める相手もいません。完全に一人ぼっちだったのです。心配をかけたくなかったので、夫にはこのことは話しませんでした。サタンはいまや優勢と見て、さらにきつく締めつけ始めました。邪悪なしるしを見せて私を混乱させるのです。さらに悪いことに、守護の天使が私を守ることがますます困難になるように、日を追うごとにさらに多くの悪魔を連れて来て、私を侵略しようとしたのです。

ある時、神は悪魔が命令するのを立ち聞きできるようにしてくださいました。悪魔は手下の堕天使たちに、「私を攻撃して麻痺させろ」と命令していました。この堕天使たちは私をとり囲み、あざけり、嘘をつき、あらゆる侮蔑的な名前で私を呼びました。「ピア」(徳が高い)というあだ名を私に付けたこともあります。ただし、嘲笑するためにです。このすべてが起こるのを神はお許しでした。なぜなら、これも私の霊魂を清めるための一つの方法だったからです。

←戻る                次へ→