『神のうちの真のいのち』の読者の会を設立するのは私

1995年7月31日 (ノート80)

「私はある」が共にいる、そこで今度はあなたを通して、私の名に誉れとなる賜物を用いさせてほしい。この賜物は、私の子よ、多くの人を連れ戻した。そこであなたに平和! そう! あなたの要望に答えよう、──日本1に関して。皆に与えた恵みのうちに、あなたたちはともに、私のメッセージによる癒やしの力を分かち合ってきた。

神のうちの真のいのちの読者の会を設立するのは私。与えているメッセージに関しては協力し合うようにと、私は御父に祈りを捧げる。あなたたちは皆私のわざを分かち合い、擁護しているのだから、私の心に場を占めている。

サタンは嫉妬し、小麦のように皆をふるいにかけたいと願ったが、それは失敗に終わる。そこで祈りを武器として、堅く立ちなさい。互いに思いやり、寛大に接しなさい、私が忍耐しているように、互いも忍耐し合ってほしい。御父がこの時代に寛容なように、互いを容認しなさい。ゆるしを求められたなら、私がゆるすときのように、喜んで互いにゆるし合いなさい!

私のために働くなら、苦難は必ず来ると警告しておいた。それをあなたたち一人ひとりが見いだした。しかし失望してはいけない、私に忠実である限り、私はあなたと共にあるのだから、私に信頼しなさい、あなたに力と勇気と希望を与え続けよう。

さて、聞いて理解しなさい。私の聖霊はこの仕事をはっきりとこう名づけた、『神のうちの真のいのち』と。だがだます霊に耳を貸して聞き従った人たちもいる……神に任されたすべての仕事の面倒をよくみて、分裂をもたらす論争からは離れなさい。見えないか? 悪霊の働きが識別できないか? 以前よりさらに、聖霊が何を与えておられるかをもっと思いに留めなさい、私の恵みから迷い出してはいけない。こうした展望のもとに最善を尽くし、調和と平和、いたわりと理解をもって働きなさい。

親愛なる友人たちよ、覚えておきなさい。有害な噂のもとになるのを自らに許し、聖霊のわざを壊してはならない。言っておく、霊のうちに歓喜し、聖霊のやり方を追い求めなさい、そうするなら聖霊はその愛を反射させ、あなたたちの熱心さと一致と喜びを守られよう。

イクトゥス

  1. 日本の読者の会。