その日とその時は私、あなたの神に属する

2016年2月13日 最近のメッセージ

私の平和を与える。私の言葉を書き下ろしてくれるか?

はい、主よ……

この世代が屈むのは難しい。自らの罪によって弱った彼らは、サタンに信頼を寄せ、サタンに希望を置いている。私は誰にでも見えるように立っているにもかかわらず、わずかしか気づいていない。彼らの指導者たちは残酷さを増し、その手によって多くの国々に死が待ち受けている。あなたたちのために私はどれほど嘆き悲しんだか、被造物よ! あなたたちのいのちは今、死の中に流れ落ちる。そして火が舌のようにあなたたちの住民をなめ尽くし、大気中で爆発する時、私はこの時代に問おう。どこで安息を見つけるつもりか? 誰のうちに? サタンにか? あなたのエゴと自我の中にか?

この信仰無き世代への罰があなたの戸口にまで迫っているゆえ、私の義を実行に移す時が来た。私の命令を文字通り実行する。あなたたちが雷鳴を聞く時、私の声があなたたちの耳にとどろき、地上の果てまで鳴り響くのが聞かれるだろう。そして世とそこに住むものすべてが義の声を聞くことを知りなさい。悪は多くの国々に死をもたらす……あらゆる都市に破滅が忍び寄るだろう。

「ヤハウェの天使が都市と国々を取り囲み」、あらゆる人々に悔い改めるように呼びかけるとは聞かなかったか? これらがこの来たるべき日々に起こる。

それゆえ、私の王宮に入り、私の言うことを信じたあなたたちは祈りなさい、そして恐れたり怖がったりしてはならない、しかし私の言葉をいつまでもあざけり続け、その舌で私の預言者たちを打ってきたあなたたちは用心しなさい! あなたたちは自分の嘘を正当化するために嘘を使い、実に、私の言葉をあなたたち自身の墓に葬った。そうだ、確かに私の言葉を歪めている。しかしその罪が、あなたたちと私の間に大きな隔たりを作った。そして今、義が差し控えられることはない。あなたに言う、私があなたの前に立ちはだかる時、来たるべきその日々は悲惨なものとなろう……祈りなさい、まぶたを閉じたまま、眠りに落ちてはならない!

このように祈りなさい。

「ヤハウェ、私の神よ、私の祈りをあなたに届かせてください、
慈しみと助けを求める私たちの叫びを聞いてください。
私の神よ、あなたに信仰を持たない人々を、そして
私たちを救うあなたの力に信頼しない人々をおゆるしください。

この時代から光を吹き消さないでください。
一瞬にして地球がえてしまいます。
むしろ、あなたの父としての慈しみのうちに
私たちをあわれみ、ゆるしてください。
悪魔に私たちの血を水のように流させないでください。
私たちの罪をゆるし、私たちの弱さをお忘れにならず、お怒りを鎮めてください。

災害をもたらす天使たちを引き止めて、
私たちがあなたのあわれみに値する者であることを
証しするチャンスをもう一度与えてください。
あなたに信頼します。アーメン」

そうするなら、私はどれほど喜んでその祈りを受け入れるだろう。この祈りは私の心を和らげる! 娘よ、この祈りを心から祈る人々を祝福する。この預言が聞かれるように。「その日とその時は私、あなたの神に属する」。私の義の時がいつ来るか尋ねる者たちにはこのように答えなさい! 愛があなたを愛している。

alpha-omega