2022 5月 25

5月29日〜30日 24時間の徹夜聖体礼拝

2022年5月25日 (お知らせ)

5月29日〜30日 24時間の徹夜聖体礼拝

親愛なる「神のうちの真のいのち」読者の皆様

世界が一致を最も必要としているこの時にあって、キリスト教の一致を促進するために、全世界で年に一度、聖体のうちにましますイエスの御前で行われる、24時間の徹夜の聖体礼拝に皆様をお招きすることを嬉しく思います。このイベントは、復活祭の日付を一つにしてほしいというイエスの人類への訴えに応えるものです。ライブストリーミングで、2022年5月29日(日)午前9時(日本時間で29日日曜日の夜10時)に始まり、2022年5月30日(月)午前9時(日本時間で30日月曜日の夜10時)に終わります。日本からの参加時間は月曜日のお昼、12時から一時間となります。

*イアヌッツィ神父の指導で行われますが、プログラムは英語で行われますので、日本からは沈黙による礼拝かロザリオを祈ると良いと思います。

「……復活祭の日付の一致のために祈りなさい」(『神のうちの真のいのち』1993年4月8日)

「兄弟よ、来る年も来る年も耐えている痛みを、またこの季節も忍ばなければならないのか? それともこのたびは休ませてくれるだろうか? あなたたちの分裂の杯を、もうひと季節飲まなければならないか? それとも私の体を休息させ、復活祭の祝日を、私のために、統一してくれるだろうか? あなたたちが復活祭の日付を統一することによって、私の痛みは和らぐ。兄弟よ、そしてあなたたちは私のうちに歓喜し、私はあなたたちのうちに喜ぶ。そして多くの視力が取り戻されるであろう」(同1991年10月24日)

「皆が復活祭を同じ日に祝うように全員一致で裁決し、皆で布告を発してくれるのはいつの日か?」(同1992年12月21日)

「父よ、彼らの分裂の杯を、この季節も、また飲まなければならないのでしょうか? それとも彼らは、せめて復活祭の日付だけでも一致させて、私の痛みと悲しみの一部を軽くしてくれるでしょうか?」(同1991年10月25日)
「……復活祭の度に私は、あなたたちによる分裂の杯を押しつけられ、その杯を飲まされている。……彼らが復活祭の日付を一致させるまでに時間がたてばたつほど、この時代は厳しい裁きを受ける」(同1994年5月31日)
「私の家の者たちが誠実さに欠け、復活祭の日取りを一致させようと、私の霊のうちに働かないのを見ていて、私の心は憂いが絶えない。御父が彼らの心を変えてくださるよう、この者たちのために祈ってほしい。私の聖霊によって目が開かれるように……」(1996年11月27日)

この日は、祈り、沈黙、賛美、聖書と『神のうちの真のいのち』のメッセージからの黙想のひとときとなるでしょう。

この祈りの日は、イエスとマリアの二つの御心に多くの慰めをもたらし、世界のために多くの恵みを生み出すことでしょう。

以下のリンクをクリックしてご参加ください: https://ww3.tlig.org/en/live/

「神のうちの真のいのち」の読者から、一時間の聖体礼拝に参加するという反応は大きな驚きでした。下記は、アルファベット順に並べた世界44カ国からの何百人もの「イエスを礼拝する人々」についての報告です。

アフリカ、アルゼンチン、アラビア、アルメニア、オーストラリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、カナダ、中国、コロンビア、コンゴ、クロアチア、デンマーク、イギリス、フェロー諸島、フランス、ドイツ、ギリシャ、グリーンランド、イスラエル、インド、アイルランド、イタリア、レバノン、リベリア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、フィリピン、ロシア、セントルシア、スコットランド、ソロモン諸島、スロバキア、スペイン、スウェーデン、スイス、シリア、タイ、ウガンダ、米国、ヴェニスエラ、ウェールズです。

ホーム
ニュース
ベス・ミリアム
霊性
証し
メッセージ