お知らせ

インドの孤児たち – ご報告

2019年12月26日 (お知らせ)

今日の時点で、¥223,000のご寄付をいただいております。

せめて食事だけでも、という依頼でしたが、多額のご寄付をいただいたため、いただいた分をアナウンス通り食事代として送金し、読者の会からは衣服のためにということで送金しました。昨年と同じように、衣服と食事をクリスマスプレゼントとして贈るという形になりました。

この写真は昨年のクリスマスのもので、ジョージ神父の3つの小教区のうちの一つで、孤児たちが洋服やタオル、ノートを受け取った時の写真です。

今年も良い写真を送ってくださるように頼んであります。

またジョージ神父からは、クリスマスのミサにおいて、日本の読者の方々のためにミサを挙げてくださったそうです。来年年初の神の母聖マリアのミサでもまた日本の読者のために祈ってくださるということです。

こうして同じイベントが毎年続くと、毎年恒例になりそうな予感がし、毎年プレゼントをしないと現地の子どもたちをがっかりさせてしまうという責任を少し感じます。ですが、これも神が示された道と思いますので、続けられるようであれば続けていきたいと思います。神と競合しない、神の栄光を称えるサンタ・クロースになるのも、それはそれで幸せなことと思いました。

インドの孤児たちに、今年もクリスマスの食事を贈りましょう

2019年12月20日 (お知らせ)

昨年のクリスマスに、日本の読者の会からインドの貧しい村落(カースト制による被差別地域)にある孤児院の125人の孤児たちに、新しい衣服とクリスマスの食事を提供しました。この子たちは働ける親がおらず、クリスマスのお祝いの場でも、親のいる子供たちのように綺麗な服を着て、豪華な食事を食べるお金がなく、とても惨めな思いをさせてしまうことにジョージ神父は心を痛め、なんとか寄付を集めて彼らに綺麗な服を着せ、食事を与えられないかと懇願してこられました。結果として、昨年は日本からその願いをかなえることができました。

新しい服を買ってもらい、胸を張る孤児たちとジョージ神父

豪華な食事に喜ぶ子どもたちと後見人たち

同じ事を毎年行うという約束はしていないのですが、今年もジョージ神父から、子どもたちが楽しみにしているので、食事だけでも頼めないかという連絡がありました。

TLIG日本の口座には現在22万円ほどの寄付金が残っており、本来であれば、まもなく完成するメッセージの新1巻の出版費用(およそ50万円前後と見込んでいます。販売での費用回収はありません)のためにプールしておくべきなのですが、この子どもたちの笑顔のために、このお金を送っても良いというコンセンサスがオーガナイザー(世話人)たちの間で取れましたので、インドに送金することにしました。

たまたま、あるいは神の御心のしるしなのか、125人に良い食事を与えるための費用は約142,000インドルピー、日本円に換算して約22万円でした。

貧しい人々に対する小さな奉仕として、教皇フランシスコの意向とも合致しますし、彼らの喜ぶ姿を見てイエス様が微笑まれるのを想像しつつ、今年もインドに寄付を行いたいと思います。

この計画に参加されたいと思われる方は、金額は自由ですので、下記までご寄付をお願いします。業者への支払いは後払いで、1月半ばごろになる予定ですので、必ずしもクリスマスまでに間に合わせる必要はありません。

ゆうちょ銀行 (金融機関コード:9900)
記号番号:00180-3-300357
店番:019
預金種目:当座
店名:〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号:0300357
口座名:一般社団法人TLIG日本(シヤ)テイーエルアイジーニホン)

新しいメッセージ 2019年11月11日

2019年12月15日 (お知らせ)

先月のギリシャ巡礼の直後に与えられた最新のメッセージです。

これはあなたたちの時代の最後の日々

イアヌッツィ神父による、教皇フランシスコに関するヴァスーラの手紙への返答

2019年12月6日 (お知らせ)

有力な若手神学者、ジョゼフ・イアヌッツィ神父による以下の記事は、2019年11月13日と15日に送られたヴァスーラの二つの手紙に対する返答です。ヴァスーラはこれを「非常に優れた記事」であると説明し、他の言語にも翻訳するように勧めています。

https://tlig.jp/spirituality/fr-iannuzzis-response/

セシリア・ルッツさんの証し(日本語字幕付き)

2019年12月4日 (お知らせ)

2015年「神のうちのまこと のいのち」ローマ巡礼におけるセシリア・ルッツさんの証しです。画面右下の字幕ボタンをオンにしてください。

ヴァルソロメオス全地総主教、聖山アトスの修道士たちにカトリックとの再統合は不可避と語る

2019年12月2日 (お知らせ)

記事ソースはこちら (Union of Orthodox Journalists)

2019年11月27日

(要点のみ和訳)正教会の名目的なトップであるヴァルソロメオス全地総主教は、ギリシャ国内の宗教的独立国であり、正教会にとって重要な地である聖山アトスの修道院長と修道士たちに、「カトリックとの再統合は不可避である」「現存するカトリックと正教会の分裂はただの歴史上の出来事に過ぎない。教義上の違いはない」「カトリックは私たちとまさに同じく、キリスト者である」と述べた。

誰も表立って反論はしなかったが、多くの修道士たちがこれを聞いて困惑し、中には涙を流す者もいたという。総主教は最近の他の集会においても、他教派のキリスト者たちとの対話、とくにカトリックとの対話は、コンスタンティノポリ総主教として優先事項の一つであると述べた。

解説:多くの正教徒にとって、カトリックは長年(1000年!)忌避されてきた異端的存在であり、ロシア正教会ではかつて異端的宗教リストのトップに挙げられていたほどです。一昔前、日本ハリストス正教会の主教が「フィリオクェ主義者(=カトリック)の聖体だけは死んでも食らってはならない」と言ったとか。しかし今回の教皇の来日ミサには、東方教会の主な主教様方が友人として出席されるほどに関係は改善しています。

右から、日本正教会仙台の大主教・東京の副主教セラフィム座下、 ロシア正教会駐日ポドヴォリエ司祭ニコライ小野神父様、コプト正教会日本管轄司祭モーゼス神父様、コプト正教会シドニー教区掌院・司教ダニエル座下、在日ウクライナ正教会長司祭ポール・コロルク神父様、韓国正教会(世界総主教庁)府主教アムブロシオス座下

この中でコプト正教会の方々は、彼らの日本での司牧のために、「神のうちのまこと のいのち」の読者であるカトリック信徒とコプト教徒が協力したことを覚えてくださっておられるでしょう。

今回巡礼でご一緒したパウロ・ヤノチンスキ神父はアトス山を訪問したことがあるそうで、現地の修道士たちにも様々な意見の相違があり、一致に前向きである人々と、反対する人々が混在していたそうです。ある修道士は、自分がカトリックの司祭であることを告げると、「あなたたちが地獄に行くことがとても残念です」と言ったとのこと。ですから、全地総主教に上記のように言われることは、保守的な考えを持つ人々に取っては晴天の霹靂か、あるいは敗北のような感覚を持ったのかもしれません。しかしながら、過去の分裂を継承し続けることこそ真の敗北であることに、多くが気づき初めているのです。

トルコ政府は従来の政教分離政策からイスラム主義へと転換しつつあり、キリスト教徒への弾圧を強化してきています。名目上は正教会のトップといえども、他国の正教会が従順に従うわけでもなく、総主教は常に厳しい立場に置かれています。一例が、2018年に行われた主教会議(正教聖大シノド)で、ウクライナ正教会の独立に関する問題で、最有力のロシア正教会が総主教庁と関係を断絶するという出来事もありました。国毎に分裂してしまった正教会の中で、兄弟間の和解、カトリックとの一致に賛同する声が年々強まっているのを見ることができます。

私たち「神のうちのまこと のいのち」の読者は、世界史上最も重要な出来事、キリスト教会の一致が間もなく起きることを事前に知るという偉大な特権をいただいていることに感謝したいと思います。

平成30年度の決算報告

2019年11月28日 (お知らせ)

一般社団法人TLIG日本 第9回(平成30年度)決算報告

ギリシャ巡礼 オープニングの模様

2019年11月19日 (お知らせ)

第12回「神のうちのまこと のいのち」超教派ギリシャ巡礼 オープニングの模様(字幕付き)

アバートン神父による証し

2019年11月18日 (お知らせ)

公認エクソシストであるジョン・アバートン神父による証しです。日本語字幕付きですので、画面右下の字幕ボタンをオンにしてご覧ください。

ペトロの座─ヴァスーラの手紙

2019年11月17日 (お知らせ)

ヴァスーラから非常に重要な手紙が届きました。これから起こる「時の終わり」の出来事にも関連します。心してお読みいただければと思います。

「ペトロの座」