教皇フランシスコ、メッセージの抜粋の本を贈呈される

2013年10月2日、アルメニア教会のマルジャン主教は、教皇フランシスコに「一致、愛の徳 (Unity Virtue of Love)」の本を教皇フランシスコに贈呈しました。この本は『神のうちの真のいのち』のメッセージから一致に関するものを抜粋したものです。これらの抜粋で神が今日私たちに啓示されているのは、世界に平和と愛、和解をもたらすためには、キリスト者同志の一致が不可欠であるということです。

10949095756_f92fbcc4d8

アルメニア教会のマルジャン主教と教皇フランシスコの最初の挨拶

10949281263_fb37ba6488

アルメニア教会のマルジャン主教と教皇フランシスコの兄弟同志の抱擁

10949281353_f26c5c4c66

教皇フランシスコ、一致に関するメッセージの抜粋の本を贈呈される

10949281573_ca9e62bb9d

教皇フランシスコ、一致に関するメッセージの抜粋の本を贈呈される

10949197124_e32205f334_o

マルジャン主教と教皇フランシスコによる親密なやりとり

*参考情報:ヴァスーラによれば、教皇フランシスコがベルゴリオ枢機卿であった頃、講演のためにアルゼンチンを訪れたヴァスーラと面会し、メッセージの内容を直接伝えたとのことです。重要なポイントである復活祭の日付の一致については、「反対する理由は何もない」と言われたとのこと。教皇フランシスコは着座されて以降、復活祭の日付の一致の重要性について言及されたという報道が何回かありました。それはまるでメッセージの内容をそのまま反映しているかのようでした。教皇が直接ヴァスーラのメッセージについて公に言及することはないでしょうが、ヴァスーラのことは認識しておられ、メッセージの内容もすでに知っておられるのは事実です。ですから、上記の写真のような反応となるわけです。また、教皇のエキュメニズムに関する論調が、ほぼメッセージの内容に沿っているという点も見逃せません。