私、神は存在する

1986年9月30日 ノート1-6

娘よ、あなたに平和があるように。

どうかイエス様、あなたを感じて、書くこと1ができるように私を照らしてください。

ヴァスーラ、口先だけの呼びかけは無意味だ。

(自分の過ちに気付きました。愛を込めず、よく考えもせず、心から感じようともせずに、これをイエスに願ったからです。今度は言葉の一つひとつに心を込め、私の魂をイエスに向けながら、もう一度繰り返しました。)

今のように私を感じながら2、呼びかけなさい。私、神は、感じている。すべてを感じている。呼びかけには魂の深みからの愛がなくてはならない、私を求め、愛し、ひと言ひと言心を込めて呼びかけなければならない。私、神は存在し、感じている。口先だけの呼びかけは、どれも地に埋めておいた方がましだ。口先だけの言葉は墓場のうなり声。私、神は、存在し、感情を持っていることを覚えておきなさい。私の子どもたち皆が、私を喜ばせながら働いてくれるように願っている。