私は手が届かない存在ではない

1986年10月5日 ノート1-6

「神を体験した」という多くの人々の報告が載っている本を読んでいるのですが、この人たちのほとんど全員が、その体験は神からのものではないから忘れるべきだと「専門家」たちに言われています。神から来るそのような体験は、高潔な魂だけが経験するもので、そういった経験をする人は高潔でなければならないと。自分はそのような者ではないし、善良さからは程遠い人間だということも分かっているので、神と共に書くという、このような神との接触はやめようと決心しました。すべてのことに「見切りをつけて」しまった方が良さそうでした。この専門家たちは、神に到達するためには聖人でなければならないと言っているように思え、神はとても遠くにおられるのだと私に信じさせました。そこで、私はこのすべてをやめにして、最後にもう一度だけ、これまで何カ月にもわたって書いてきた「力」に手を委ね、それに書きたいことを書くに任せました。

ヴァスーラ! 私を置いていかないでほしい、愛する者よ、私に呼びかけ、私から学び続けなさい。私がいつもそばにいることを忘れないように。私、神は、あなたの中に生きている。私を信じなさい、私は全能者、永遠の神である。

いいえ。そんなはずはありません。神であるはずがありません。そういうことに詳しい人たちが、神ではないと私に証明してみせるでしょう。神は、清くふさわしい魂にしか、そのようなお恵みをお授けにはなりません。

私は人が触れることのできないような遠い存在ではない! ヴァスーラ、私は誰も拒まない。私のもとへ来るようにと、子どもたちに与えている私の支援を止め立てする者を皆、私はとがめる。私と共にいるためには、あるいは私に受け入れられるためには、清くふさわしい人でなければならないなどと教える者は誰であれ、私の教会を傷つけている。私を見つけたにもかかわらず、他の誰かに妨害される人がいるなら、無限の力である私は、その人を支え、力を与えよう。なぜ、どうして、専門家と自称する者たちに、私であるか否かを判断させなければならないのか。なぜ、彼らがあらゆる可能性を禁じ、私の子どもたちを慰めもなく助けも得られない幻滅した状態に置き、私の恵みを無視して、子どもたちを私から引き離すままにさせておかなければならないのか。なぜ、私の与える恵みがどれも拒絶されるのか。私が与えた恵みなのに。私は無限の富である。

 娘よ、あなたがようやく私を見つけた時、私は喜びにあふれた。あなたが怖がって逃げてしまわないように慎重に接した。幼子おさなごを扱う母親のように、優しく接し続けた。私があなたを近づけたのだ。あなたに呼びかけ、あなたと出会い、あなたをそばに引き寄せ、あなたに私の持っているものすべてを分け与えて、私は喜びに満たされていた、愛する者よ。それなのに今度は、私から離れたいと言いに来たのか。私、神は、手の届かない存在であり、私に到達することができるのはふさわしい魂だけで、自分はその水準に達していないという話を聞いたからか! 私はどの魂も拒まない。最もみじめな魂にさえ恵みを差し出す。

 私を喜ばせ、このようにして私と出会いなさい。娘よ、あなたを祝福する。あなたを教え導いている。あなたは私から食べている。ヴァスーラ、今日はペトロの手紙一を読みなさい。注意深く読みなさい、あとで私が説明してあげよう。第一章を読みなさい。信仰を持って生きるように。ペトロは信仰を持つようにと教えている。

(イエスは「信仰」という言葉によって多くのことを分からせてくださいました。人は信仰によって山をも動かすことができるのです。言い換えれば、人は盲目的に信じなければならないということです。)