私を愛する者たちへのメッセージ

1987年5月2日 (ノート10)

私はイエス。

イエス様、あなたが重要なメッセージを与えようとされているのを感じます。そのため、悪魔がいつものやり方で、書くのをやめさせようと私を攻撃してきます。

私を愛する人々に、また、私のために自らの魂をいけにえとして献げている人々1に対してメッセージがある。彼らに力を与えて励ましたい。

 私、言葉は、この弱い道具を通して、私の言葉をはっきりと示そう。私はこのメッセージを通して地上にくだるだろう、あなたたち皆の上に私の光を輝かせながら。

 あなたたちを祝福する、私の魂の愛する人々よ。あなたたちを愛している! 私のうちに、私の魂の奥深くに、生きていて尽きることのない炎がある。私は純潔、献身、無限の富である。私の愛する者たちよ。来なさい、そして私から引き出しなさい、あなたたちの心を満たし、来て、私から吸収しなさい。来て、私の開いた傷口から入って来なさい。来て、あなたたちの魂を私の血の中に浸しなさい! 私の生ける泉から飲みなさい、そうするなら、すっかり浸されて、この荒廃した荒れ野をうるおし、私の小羊たちを癒やすことができるだろう。

 この生ける炎から引き出し、その炎にあなたたちの心を包み込ませなさい! あなたたちの心では決して理解できないほどに、あなたたちを愛している。来なさい。私の聖なる十字架を担うことに疲れないように、私が共にいて、あなたたちとそれを担っているのだから。私の後に続き、そばにいるように、私の足跡にあなたたちの両足を置いて、努力することにも苦しむことにも疲れてはならない。私の栄光をたたえなさい、あなたたちの声を甘い香のように天に立ち昇らせなさい。

 私をほめたたえなさい。私を喜ばせてほしい、あなたたちの中で歓喜させてほしい。あなたたちの私への愛の中で喜ばせてほしい。この無限の愛であなたたちの心を満たし、私の小羊たちの上にそれを注ぎ出して、彼らを癒やしなさい。

 地上に生きるすべての被造物に、私の温かさを感じさせなさい。冷たく、石のように硬くなったどの心も、私の清さの中で溶かし、溶解させるように、私の体と結合し、一つとなって! あらゆる過去の影を、高潔、平和、愛に満ちあふれた、生ける魂へとよみがえらせなさい。私が造った世界をエデンとするように!

 一致しなさい! 一致して一つとなるように、なぜなら私、神は唯一だからである。一致は力をもたらす、一致しなさい。私の熱心なたねき人となり、私の平和と愛の種をきなさい。

 私は地上の天国を生み出すこくつぶを創造した、それは私の地上の王国が、天の王国と同じようになるからだ。私の心の中にあり、私の血によって清められたこくつぶを取って、あたり一面にき広げなさい。私はそれらの種を持っている、愛する者たちよ、私の心の中に入り、それらを取り出してくれるよう望む。一致を追い求めなさい。

 私の花々を癒やし、香りを付け、生い茂らせ、私の園を飾ろう、あなたたちの心をうるおし、生き返らせよう。

 被造物よ! あなたたちを愛している! あなたたちの上に輝き、暖かな光線でそれらの重く暗い雷雲を解いて、散らし、追い払おう。私の光がそれらを突き抜け、あなたたちの上に重くのしかかっていたあらゆる暗黒と邪悪は消え去る。この暗黒はあなたたちに弱さやみじめさ、邪悪さしかもたらさなかった。

 私の暖かな光線は、私の花々をすべて生き返らせる、そして私は天から、義と聖性、純真、高潔、平和と愛の露を注ごう。私は、寝ずにあなたたちに目を注ぎ続ける献身的な番人であり、世の光であることを覚えておきなさい。私は言葉である。

 平和があなたたち皆と共にあるように。私の栄光をたたえなさい。私にり頼みなさい。努力し、私の十字架を担うことに疲れないように、私の子どもたちを癒やしなさい。

 私のヴァスーラ、決して書くことに疲れないように。愛している。知恵があなたを導く。

主よ、あなたを愛しています。むねが行われますように。

 

  1. すべての司祭、聖職者、修道女、修道士、主を真に愛しているすべての人々。