謙遜、愛と信仰心

1987年7月26日 (ノート14)

私の神よ?

私だ。小さな子よ、神である私があなたのために選んだのでなかったら、一体他の誰が、あなたをこの特別な道に導いただろうか?

最初の頃は、悪魔からのものではないかと不安で、とてもためらいました。

悪魔であれば、あなたが私を礼拝したときに逃げていただろう。悪魔の心の中の悪いたくらみがあらわにされ、化けの皮ががされただろうから。悪魔は謙遜や愛、信仰心には耐えられない。そのことをいつも覚えておきなさい。私の手を握り、登りなさい1。疲れてしまわないように、しばしば悔い改めなさい。

 さあ、これからあなたはどうやって前に進むのか?

私にお尋ねになっているのですか、主よ?

そうだ。

あなたが助けてくださらなければ、前には進めません。

よろしい。私の望みに対抗して戦おうとする者は、つまずいて転ぶだろう。

  1. 「登る」とは、ここでは霊的に成長していくという意味です。