清め 四日目

1987年7月30日 (ノート14)

(まだ心配しています。どうして以前のように神を感じることができないのでしょう?)

イエス様?

私だ。さあ、私を見なさい。見て、そうだ。

(神の御目を見つめ、とろけそうになりました。)

あなたがどのような者であろうと、私はあなたを引き上げて、私の心の中に置いたではないか? ヴァスーラ、私のヴァスーラ、一体あなたを見捨てたりするだろうか1? じっくり考えなさい、私は愛、あなたを解放しに来る時まで、あなたの中に愛を注いでいく。ela thipla mou, imé o Christos2;

  1. イエスは神でなければできないような非常に優しい言い方でこうおっしゃいました。
  2. ギリシャ語。「私のそばに来なさい、私はキリストである」という意味。(イエスは私を何とか安心させようとなさいました。それで、私もいくらか気持ちが楽になりました。)