天の元后を尊びなさい

1987年12月22日 (ノート19)

ヴァスーラ、私の教会を一つにする時が来た。もう一度一つになりなさい、愛する者たちよ、このいにしえの廃墟を建て直しに来なさい、私の古い土台、私自身の手で築いた土台を建て直すように。私の母を尊びなさい、私、神の言葉が、誰にもまして母を尊んでいるように。私がそうならば、ちりと灰に過ぎないあなたたちが、御母を天の元后として認め、尊ぶのを私が望まないだろうか? 被造物が御母の大切さをほとんど知らないのを見て、今日私は嘆き悲しんでいる。ルターの名の下にいる者たち、また自らを完全に孤立させてしまった者たちは、ペトロのもとに戻らなければならない。

主よ! 彼らはショックを受けるでしょう!

ヴァスーラ、私は彼らのひざをかがませて、私の母を敬うようにさせる。主である私が語っている。彼らをかがませよう! そうしたなら、彼らを私の光で照らし、立ち上がらせよう! あなたたちの幹を強める、あなたたちはうるおされた園のようになるだろう、水の決してれない泉のように。私は再び土台を建て直す。

 来なさい、愛する者よ、あなたの上に私の言葉を刻めるよう、今のように、柔軟で素直になりなさい、さあ、私の聖なる現存を決して忘れないように。

はい、主よ。