サタンはロシアに毒の実を与えた

1988年1月5日 (ノート20)

(ロシアが死んで横たわるくだりを読み返し、辛い涙を再び流しました)

嘆かないように、ヴァスーラ、言っただろう、私が彼女を甦らせる。

彼女を愛しています、主よ、哀れに思うのです、主よ、愛しています。

私が愛するように愛しなさい、彼女も私の娘、あなたの妹。

主よ、彼女のところへ行って、生き返らせてくださいますか、彼女はあなたのもとに戻ってくるでしょうか、ああ、主よ?

私は彼女のもとに行き、甦らせて、私の家に抱いて帰る、私の子どもたち皆に彼女を大切にしてもらいたい、皆の愛で彼女を取り囲んで。

わが神、4日のメッセージを続けるとおっしゃいましたが?

続けよう。ロシアがサタンの配下になると、彼女の土地が不毛なため、私の愛する者たちに備えてサタンが蓄えている、毒の実を与えた、それは段階的に殺し、食べれば食べるほど欲するようになり、死にいたらしめ、ゆっくりと殺す。この実で養い、彼女を殺したのだ、手にこの実を握ったまま彼女は死んだ。ヴァスーラ、私を信頼しなさい、彼女を甦らせる、娘よ、落ち着いているように、心配しないで、私を自由にさせなさい、そうするなら私のわざを成し遂げる、

主よ、心配なのです、主は私にガラバンダルの子たちを祝福し、メッセージのことを知らせるようにと頼まれました。そして主の愛する僕ヨハネ・パウロにお会いし、私の誓いを忘れることなく、彼の足を洗い、主が私に託されたみことばを耳もとに囁くようにと。それから皆に一致の仕方が分かるようにと読ませてあげ、次はこの方がたにガラバンダルを聖と認めるように頼み、ガラバンダルが実にファティマに続くものだと理解させ、ガラバンダルのご出現を尊ばないで、ファティマでした誤りを繰り返しているので、聖マリアがいかに悲しんでおられるかを、分かってもらうようにと。ああ、主よ、そして今度はロシアです。それに主はこのメッセージを手渡すのは主の僕ヨハネ・パウロだと、絶え間なく暗示しておられます。それなのに私はこのうち何一つやっていません。主のみことばは私の上に重くのしかかり、担うのが重いのです……

さあ、言いなさい!

「たった一人で」と言うところでし1、どうぞおゆるし下さい。

ヴァスーラ、私が一緒に担い、あなたと十字架を分かち合っている、ヴァスーラ、あなたをゆるす。同じ十字架を担うはずの証人たちも与えた。このすべてをするのはあなたではなく私、主であると、忘れてばかりいるが、あなたは私を愛し、糧を受けるだけでよい、二人の証人たちには私のメッセージを推し進めるように頼んである。
来なさい、あなたの耳に私の愛を囁こう、喜びなさい、娘よ、時が来た。あなたを愛するように私を愛しなさい、私はイエス・キリスト、神の愛する子、救い主。私の印を描きなさい。

イクトゥス

私は恥じ入りましたが、主は真実であられ、私に終わりまで言うようにとおっしゃったのです。