私は霊である

1988年1月6日 (ノート20)

イエス、栄光を受けられたご自身のお体は、苦しみの影響がおありですか? 主と聖母は今天国におられ、個人的な苦しみを越えておられないのですか?

ヴァスーラ、私は肉体がなく(*1)、霊である(*2)、霊であるから肉の苦しみはない、しかし私の子たちがサタンの罠にまっすぐ突き進んで行くのを見るとき、聖母の魂とともに私の魂は耐え難く苦しむ、

けれど主よ、私が苦しむ時は主も苦しまれるのですか、たとえば不正な告発を受けたら、あなたも苦しまれるでしょうか?

あなたが不正な告発を受けたなら私は二人のために苦しむ、告発者と告発された者のために、不正はサタンの仕業であり、そのため告発者はサタンに操られていたことを現す、告発されて犠牲となった者のためにも私の心は痛む。私は聖書にある通り栄光を受けている、しかしあなたと一致しているため、あなたの感じるすべてを感じている。

ありがとうございます、主よ。

*1 編集者注:イエスが物質的な肉体を持たないとするこの発言は、イエスの復活とイエスが人間の体を持っていることを否定するものではない。イエスが言われているのは、その御体は、復活以前に持っていたような物質的な肉体の持つ地上的な特性を持っていないという意味である。一コリント15:42-44を参照。
*2 編集者注:キリストは霊であるというこの発言は、イエスの肉体の復活と、地上で肉体を持っておられたという事実を否定するものではない。二コリント3:17と一コリント15:46を参照。イエスはメッセージの中ではっきりとその肉体の復活について話されている。例:1987年8月8日、1989年12月6日等