素朴さと貧しさは私を夢中にさせる 愛は苦しむ

1988年3月23日 (ノート22)

イエス様?

私です。愛は勝利する、私は愛、私の平和を受けなさい、怖れないように、私、イエスです、来てくれるか、待っている、私を愛するように、他の人たちを案内した所に、あなたも案内する。愛する者よ、そこに連れていく、祈りなさい、私のヴァスーラ、悪魔の罠に警戒していなさい、もし私の被造物が心を入れ変え、悔い改めなければ。

主よ! 私たちを変えて下さるとたびたびおっしゃり、あなたのみ国が本当に来るとおっしゃっているときに、どうして、もし、という言葉をお使いになるのですか。私には分かりません……

聞いて、理解するように、あなたたちには選ぶ自由がある、主であり至高者、そして光である私は、あなたたちの上に降った、被造物よ、与えようと手に私の心を持って、この漆黒の闇の中を降って来た、あなたたちをあがない、その上に輝くために、私に対してなされた無数の罪と背きを洗い流すために、あなたたちを呼び戻し、教会を一致させに来た、主なる私は、誰に権威を与え、天の王国の鍵を与えたかを思い出させ、御母を尊び、み前で膝をかがめることを皆に教えようと訪れた、御母は私の手によって栄冠を受け、天の元后であられる。被造物よ! 悪魔を警戒しなさい、あなたたちを罠にかけようと、その努力を倍加し、一方では存在しないふりをして、怖れられることなく、企んでいるからだ、ああ、被造物よ! 悪魔はあなたたちに対して大虐殺を企んでいるああ、どんなに十字架から叫んでいることか! 被造物よ、私に立ち帰りなさい! 私を否定して、悪魔があなたたちを罠にかけることを許さないように! 祈りなさい、魂の立ち帰りのために祈りなさい、どの魂も与えた祈り*を覚えるように。あなたたち皆を愛している。

* 聖ベルナルドの聖マリアへの祈り、聖ミカエルへの祈り、聖心への信頼の祈りです。毎日書く前にこれらの祈りを唱えています。ときどき、二度唱えます。

娘よ、私のもとに来て、ひざまずいて書くのに疲れてしまわないように、私は救い主。あなたの連れ合い、私はすべてを分かち合っている、来て、慰めてもらいたい、疲れ果てた、

ああ、おいで下さい、主よ! イエスは疲れているご様子で、その大きな肩は少しかがみ、悲しそうでいらっしゃいます。私も同じ気持です、主をお喜ばせしたい、今や主の訴えをパパさまが受け取られるよう、毎日祈っています。25日金曜日までにイエスのメッセージを手にされるかもしれないと希望しているのですが。

私の現存を覚えていてくれるか、ヴァスーラ?

はい、主イエスよ、そうします。「私たち」!

はい、いつまでも永遠に「私たち」。(今日のイエスは疲れ、悲しんでおられます)
あなたに平和、魂よ。疲れた、愛と素朴さが欠けているのを見て、疲れ果てた、彼らの間に愛が欠けているなら、私にとって儀式や犠牲は何の役に立つか? 花よ、私の素足の弟子たち以上に大きな歓びがあったろうか? 手には小羊を導く杖しか持たなかった! 素朴さが好きだ、素朴さと貧しさは私を夢中にさせる、真の弟子たちは素足だったが、しかし霊は富んでいた。ヴァスーラ、勇気を、私は磔にされている、私自身の者たちによって手足をのばされ、私たちはこの十字架を分かち合っている、私とあなた、あなたと私で。愛は苦しむ……