自由意志 私は散らされた小羊たちを集める

1988年5月7日 (ノート24)

(聖マリア)

ヴァスーラ! 狼たちの火を吐くような言葉が魂を傷つける時は、いつもあなたを慰めましょう。私の息子の飢え渇きを癒やしてください、愛に対するその癒やしがたい渇きを和らげてください、御父に祈りましょう。

「慈しみ深い父よ、
み足もとに伏して礼拝し、
あなたに希望をおいて、信じます、
限りない愛を込めて。アーメン。」

(繰り返し唱えて)

ありがとうございます、聖マリア、あなたに寄り掛からせてください。

愛する者よ、私の子と私は決してあなたを離れることはありません。
息子の言葉をお聞きなさい。

私、イエスはあなたを愛する、魂よ。

あなたを大切に思います、主よ! 主よ! どうしたらよろしいでしょうか。

(これから先のご指示は何でしょうという意味で)

私がすべてを行う。私はただ一つの、唯一、聖なる純正な教会。その一致のために祈りなさい、あなたたちを拒む魂たちのために祈りなさい。あなたたちを愛している、どんな時もあなたと共にいる1、餌食を求める狼たちに心が傷ついた時は、私のもとにやって来なさい。聞くように。福音派の牧師が私の背中を荒々しく、繰り返し鞭打っている2、デービッドに犠牲の行為として、その牧師の誤りを償ってくれるか尋ねたいと思う、この誤ってしまった羊のために祈りなさい、彼のために祈り、毎週金曜日にパンと水で断食してあがなうように。あなたの救い主の苦しみを、進んで和らげてくれるか、デービッド? 愛している、いとしい魂よ。聞きなさい、ヴァスーラ。私の王国はあなたたちのうちにある。

私の-心の-ペトロ、私の-小羊たちの-ペトロよ。これが彼に与えた聖なる名:私の-小羊たちの-ペトロ、しかしカインたちは私が彼の名誉のために与えた冠を彼の頭からはずし、盗み取った、主である私は彼を愛している、この者は私の魂の寵愛を受けており、私は盗まれた冠を彼のために取り戻す。私の体の血流を悪くしている偽りの諸王国を打ち倒す。漂う王国、根無し草のような諸王国を。偽りの王国をひっくり返し、松明のように私の明かりを照らして、真実の王国を打ち立て、ペトロにその座を完全に取り戻させ、頭には王冠をかぶせる。そして手には羊飼いとして司牧する力を授ける鉄の笏を置く、私は散らされた小羊たちを集め3、それを成し遂げたなら、この囲いを私の腕で囲み、誰も! 誰も! 悪魔でさえ、この囲いから一匹の小羊を盗み出すこともできないだろう。私のマントを彼らの上にひろげて護り、私のぬくもりで覆う。ペトロには地上で肉のうちにいた時に授けたものを取り戻させよう。人間は誰も、私の意思の限界を越えることはない、今ある状態はすべて、私ではなくあなたたちに起因する。無政府状態、そして私に対する反逆を私は忌み嫌う。ヴァスーラ! 許嫁よ! 兄弟たちよ! あなたたちのたどるどの一歩も、主なる私が祝福する。

あなたたちの探し求める、主である私は、私の神殿に不意に入る、私は戸口で叩いている、入れてくれるか? 救いの計画を携えて、その巻物はすでに書かれてあり、食するばかりとなっている、当然尊ぶべきであったペトロの聖座に名誉を与えるために、私の平和と愛による救いの計画が敷き直されたと伝えるように、私は教皇の羊飼いとしての名誉を取り戻しにやって来た、ペトロに近づきなさい……ペトロに近づきなさい……あなたの主に近づきなさい。

ありがとうございます、主よ。

書くことに疲れてしまわないように。「私たち共に」?

はい、主よ、「私たち共に」。

  1. ここではイエスのお声が大変お優しく、親密なものでした。
  2. この啓示に対して非常に否定的な一人のカナダ人のプロテスタントの牧師のこと、バンクーバーで。
  3. 天使たちが囲いの中に小羊たちを集めようとしているヴィジョンを見ました。