天使の軍団

1988年6月7日 (ノート25)

主よ?

私です、直ぐそばにいる、子よ、心臓の鼓動に耳を澄ませなさい……私の天使たち(*1)を皆私の心に引き入れ、傷を見せ、感じさせる、神の御傷を感じたなら、そのときは敵が打ち震え、地の基が揺れるほど声を張り上げ、私の引き裂かれた心がどのような状態にあるかを見た彼らは、心中に神である私に対する愛の炎が燃え上がるのを感じる。あなたの聖なる母によって訓練されたこの天使たち、私たち(*2)の教会を護るよう、聖母に準備されたこの軍団は、愛による訓練を受け、この天使たちは愛をもって悪に報いる。ヴァスーラ、私の僕ヨゼフがあなたに会って話すことを願う、怖れないように。私の平和と愛の十字架を分かち合う用意があるかを尋ねよう。

*1 イエスは、1988年6月4日の「天使の大軍」のことを聖マリアによって護られている司祭たちであると、理解させなさいました。司祭のマリア運動です。
*2 イエス・キリストと聖マリアの教会。

主よ? 彼はマリア運動の方ではありませんか?

愛する者よ、理解しなかったか? ヨゼフ神父は聖なる御母の導きのもとで私に仕えている僕です。

何をお話しましょう、主よ?

何も言わないでよい、私に話させなさい、あなたの口を用いてが話す、あなたのか弱さを愛している(*3)。最愛の子よ、私にしっかりとつかまり、あなたを導かせなさい。私の僕で非常に愛されているヨセリンに、ヨゼフ神父と連絡をとるように頼みなさい、さあ、私の聖心のヴァスーラ、主である私はあなたを愛している、顔を向けなさい、覚えておくように、私は手に私の心を持って、人類すべてに(*4)、今与えようとやって来た、どれほど皆を愛しているか!

*3 イエスは私が自分の影さえ恐れているのをご存じです。
*4 このイエスのみ言葉から、主はその神聖なわざを私たち多くの者と分かち合うのを望んでおられることが分かりました。多くの人と分かち合って、この神聖なご計画に人びとが加わるのを求めておられます。

(私は内的ヴィジョンで、中に聖母のおられる太陽とハートと十字架を見ました)

ヴァスーラ、聖なるロザリオの祈りを怠らないように。

はい、イエス、怠りません。

「私たち」? ともに?

はい、主よ、「私たち」。主に賛美。