私の教師たちに私の教え方を思い出させたい

1988年8月29日 ノート27

イエス様?

私です。あなたに平和。

あなたをいかに大切にし、私のもとに引き上げたかを悟るように、私のヴァスーラ、私の教師たちに、限りなく豊かな私の愛を思い出させたい。私がやさしさに満ち、柔和で穏やかなのを思い出させたい。私は愛をもって教える、あなたを愛をもって教えてきた。愛と、寛容、忍耐をもって、あなたを育てた。しばしば私のわざを続ける意志を問うて、主である私は、あなたの自由を尊重してきた。無理強いしたことはなく、あなたにきつく臨んだこともない。愛と、大いなるいたわりをもって養った。私の弟子たちには私の教え方に従い、広めるようにと教えた。私の小羊たちを穏やかに、愛をもって導くようにと教えた。

今日私の教え方が、忘れられているのはどうしてか? 不毛な気晴らしと融通のなさが、私の家で幅を利かせ、神に由来するものをすべて失ってしまったのはなぜか? 私の家は人間的な決まりや、人間的な考え方によって*、今日無気力で、締まりがなく、荒廃している! 私の家は「自由」が、もはや何も意味を持たないような規則にしばられている。

私のヴァスーラ、私の鳩よ、私とともにいるので、あなたには自由がある。私はあなたの師、道は案内するが、自由を与えている。どのような時も、無理矢理にしてもらったことはない。あなたに私のわざを押しつけたこともない。他に対する責任あるすべての人びとと、私とのやり方では全く違う、主であり、あなたに君臨する私は、常にこの言葉を用いて近づいた:「……するのを許してもらいたい」と。

私の家は変わる必要がある、私の家は私のやり方を思い出す必要がある。私は(I Am)愛。

* ある枢機卿や司教が教皇を侮って。

 

愛が根である──私はその根

1988年8月26日 ノート27

イスラム過激派の二人の導師と族長との会合に招かれて、神学者の友人と行ってきました。すべては私を陥れ、ひそかに悪魔払いをするために仕組まれたもので、彼らはそれを実行しました。私の中に悪霊が見つからず、気を損ねて大変攻撃的になりました。特に彼らのために愛のメッセージを受け取った時には。私が全く穏やかなのでますますいら立ち、私を嘘つき、詐欺師だと非難します。「お前、私の主は愛の神ではない」と言うのです。神学者の友人と私は静かに立ち上がり、出てきました。スイスでなかったら殺されていたでしょう。主よ?

私のヴァスーラ、愛が何より優先する。私は愛の神愛が根であると教えたのを覚えているだろう? よい木はよい実を結ぶという譬えを示した、この木は完全な木で、根は愛であり、枝はすべて徳を表し、そのすべてが善いからだ。愛という根がなければ、この木には徳がなく、実もならない。実がなかったり、腐ったりしているなら、私の子よ、その根は、存在する最も良くない邪悪なものでできていると知りなさい。はっきりと言う。すべての徳の根は愛と呼ばれている。私は愛、あなたたちを美しく飾り、養う根源である。来て私のうちに留まるなら、永遠に生きる!

産みの苦しみはすでに始まった

1988年8月25日 ノート27

主よ?

私だ。

ヴァスーラ、愛が戻って来るように祈りなさい、私の教会が新たにされ、生まれ変わるように祈りなさい。今の生ぬるさは愛の炎に、無気力さは、私を知り、従いたいという熱望へと変容しよう。不忠実は忠実に、不毛の地は、小羊たちを慰め、渇きを癒やし、安全に保護する緑の牧場、清い泉へと変えられよう。教会で小羊たちが見つけるぬくもりは、かつて私の与えたものであり、彼らは平和と愛を見いだす。私の小羊たちは戻って来るだろう。

そこで教会のこの刷新のために祈りなさい。福音書が十分理解され、切り捨てられた部分も取り返されるよう祈りなさい、私の子よ。教会が一致し、古来─の─衣装を身に着けるように、そして私の言葉に今加えられている、全ての誤った解釈が止むように祈りなさい。これらの誤った解釈は、あなたたちにとって毒となる食べ物、私の食物は清く、損なわれていない。私の聖職者たちが、私のやり方や真実の姿を理解するように祈りなさい。私はいまだに理解されていない、この人びとが光を受けるように祈りなさい。

ああ、私の子よ、私の栄光のために祈りなさい、やがて私の聖なる名が再び称えられ、あらゆる民に尊ばれるように。

ああ、イエス様、このすべては遠いことのように思えます、そして主の来臨はますます遠いことのように!

娘よ、私の平和を受け、進んで熱心に私を迎え入れなさい。はっきり言っておくが、時は影が薄れていくように、素早く消えてゆく。私の再臨を現す最初の兆しの中に、あなたたちはすでに生きている。産みの苦しみの最初の痛みがすでに始まった。しかし愚かにも、被造物は私の最初の兆しを拒んでそれを笑いとばす、産みの苦しみがすでに始まったと信じるのを拒む! そこで私に献身して、私に養われなさい。あなたに不足のないよう取り計らう、左も右も見ないで、まっすぐ私のもとにやって来なさい。私は主であって、あなたの師、そして霊的指導者であり続ける。あなたは英知より学んでいる。私から学んでおり、英知と出会う鍵を持つのは私、知者の目を持つ誰にも英知を見せることはない。私は子どもにしか英知を与えない、ほんの子どもに過ぎない者たちだけに、英知に分け入り、英知と出会うのを許す。

ありがとうございます、わがイエスよ。

私は人類すべてに私の霊を注ぐ

1988年8月20日 ノート27

イエス様?

私です、愛する者よ、このところサタンは私に由来する啓示や出現を攻撃して、多くの者を欺いている。あなたを救い出しに来なかったなら、まだその鉤爪のなかにあったろう。信じなさい、私の慈しみを信じなさい、私のわざを信じなさい。今の自分と、以前の自分の状態を比べてみるように、救い出しに来なかったなら、どうであったろう。私は光、暗やみからあがない出した。ヴァスーラ、サタンは死に物狂いで、あなたたちを混乱させて互いに敵対するように皆を仕向けている、そのやり方に気づきなさい。皆を、混乱させようとしているのです。私のわざが多くの人を救うのを知っているため、私の計画を妨害し、敵対したがっている。私はいつもそばにいる。使徒行録2章を読みなさい、私の霊は、上から多くの者に与えられている。しかしいつものように、それを笑いとばしてしまう者がいる。その神秘を説明することができずに。繰り返し述べてきたが、私は人類すべてに私の霊を注ぐ、あなたたちは預言し、若者はヴィジョンを見る1。老いた者は夢見、最も小さな者2にも私の霊を注ぐ。天には予兆を、下界の地には印を現す。被造物よ! この預言を真に理解していようか?

知恵の御わざを信じない私の教師たちには厳かに求める。譬えの隠された意味を探し求め、先祖たち皆の知恵を探究するようにと。私の名がどれほど偉大かを理解するようになるため、理解の霊に満たされるよう願いなさい。サタンの罠を警戒するように、その悪意を警告してきた。私の子よ、主である私は限りなくあなたを愛し、決して失うことはないだろう。

しかし主よ、偽りの出現や、啓示さえあります!

そう、確かにそうだ。しかしすぐにもその覆いを除き、これらが偽りだと分からせる。どんな父親でも、来る年も来る年も子が道を誤っているのを見るなら、注意するだろう? また子が騙されているのを見て黙っている父親がいようか。注意を与えて真実を教えないか? では愛と慈しみである私が、真実を示しに飛んで来るかわりに、沈黙したまま子を危険に曝しておけようか? 理解しようとしなさい3……

私たち皆に忍耐を示して下さり、わが神よ、ありがとうございます。本当にその慈しみは偉大です。

ああ、ヴァスーラ! この私の慈しみを、彼らが理解さえしたなら! 私のもとに来なさい、

(近づいて、倚りかかるのをお望みだと感じました)

倚りかかってほしい、被造物すべてが倚りかかってほしい

待つとは眠ること

1988年8月19日 ノート27

どんなにお慕い申し上げているかを言いたかったのです、私のためにして下さった全てを、そしてこれからもして下さろうとしている全てをありがとうございます、主よ。
この全ての恵みにお返しすることは決してできないでしょう。主よ?

私だ。
花よ、寄りかかっていなさい、私は最もみじめな者にも与える、私は慈しみの深淵。しかし悲しいことに、あなたたちの多くは、私の本当の姿を忘れてしまった、私はえこひいきをする神ではない、私は公正な者。あなたたちのうち、最も極悪な者にも与える。

私の聖心が喜びで脈打つようにさせてほしい! あなたの愛を捧げなさい、それがときには生ぬるくても、受け取ろう、愛を捧げてくれるなら、私の神聖さによって完全なものとしよう。今のように私欲を持たず、私のもとに来て、愛を捧げなさい。私に愛を捧げるのに、完全な者となるまで待ってはいけない、聖人になるまで待っていてはいけない。ありのままで来なさい、欠点をすべて持ったまま、そうすれば、私の清さによって、天から清さを反射させ、あなたの愛を純粋な愛に変容させる。小さな魂よ、捧げるすべてを美しく飾ろう、だからありのままでやって来なさい。多くの魂に欠けているこの愛、あなたの愛を捧げてほしい! 魂よ! どれだけ多くの魂が、今煉獄で苦しんでいるかを知ったなら…… 私の元に来れるよう、煉獄から救ってあげなさい。彼らは私のところに来たいと恋い焦がれながら、それができずにいる。魂に染みがあるからだ。祈りと犠牲によって、彼らを救ってあげなさい。私を愛し、礼拝することによって、私と私の十字架に自分を結び付けることによって 彼らを救い出しなさい。愛の行為によって、私の苦しみを分かち合うことによって、救ってあげなさい。ヴァスーラ、この魂たちは私に恋い焦がれ、再び、そして永久に一致したいと望んでいるが、私の面前に出る前に、まず自らを清める必要がある。

主よ、「再び……一致したい……」と言われましたが、この魂たちは死後、しばらく主とご一緒だったのですか?

私はその魂を身体から救い出し、ほんの一瞬だけ、私の神聖な顔を見せた。そしてその瞬間、彼らの目から覆いが除かれ、私の清さと光の中で私と対面し、直ちに真実を悟り、自分たちの魂がどれほど罪で損なわれていたかを知った。そして私の開いた腕1の中に倒れ込み、私に従いたいと燃えるように望んでも、魂を清めるまではできないことを理解している。そこで、鋭い悲しみの痛みとともに降りて行って、自ら清めを受ける準備をする。これは言い尽くせないほどの燃えるような痛みとなる、私が見えないからだ。私の不在は彼らにとって焼かれるように辛い、そして煉獄での最大の苦しみは、私の不在。またその罪に応じて、火によるほかの種類の苦しみも通る。
前もって魂を整えておきなさい、被造物よ、死の陰が指すまで待っていてはならない、魂をきれいに、染みのない状態に保ちなさい、私の聖体に養われ、できるだけしばしば私の聖血を受けなさい。たびたび悔い改め、この日に備えなさい、断食をするように、断食は助けとなる。私の声に耳を傾け、出会いの日がまさに今日であるかのように、魂を準備させなさい、,待っていてはならない。待つとは眠ることである、待つとはランプの油を切らしたままにしておくことだ。救い主に出会う準備を整えておきなさい。あなたたち皆を愚かなまでに愛している。悟りなさい、私の底知れない慈しみゆえに、皆を準備させたい。

(後ほど)

(聖マリア)

ママ?

私の平和がありますように。あなたのママです、そう 2 私のヴァスーラ、そうです、私の涙と御父への懇願によって、あなたの子を救いました。御父をお喜ばせしなさい、本当にあわれみ深いお方ですから。

なんと申し上げたらよいでしょう? ただの感謝では足りませんし、申す言葉も、為すこともかないません!

私の子よ、御父に自らを明け渡すように、しばしばそうするのです、神を非常にお喜ばせします。安心しなさい、み手の中にありますから、私の平和をあげましょう。御父に従順し、神の誉れとなってください。

お母さま、祝福されますように。

あなたと家族を祝福します。

(後ほど:感情がおさまってから。)

ヴァスーラ、間もなく、ファティマで預言した多くのことが実現すると知らせたいのです。私は恵みに満ちていて、この年からそれを私の子どもたちに降り注ぐ用意があります。時が近づいており、時間はわずかしか残されていません、ですからあなたたちの母、私は、今まで知られたことがないほどに近づいていきます。多くの人びとに私の恵みを注ぎます、あなたたちを美しく飾り、途方もなく苦しんでおられるイエスに引き寄せるために。ああ、娘よ…… 一人の魂が戻ってくるたびに、私たちの心から棘が一本、必ず抜き取られます! 誰かが「愛します!」と叫ぶごとに、必ず一本の棘が抜き取られて、花に置き換えられるのです。あなたに平和、娘よ。

「私たち、共に」?

そう、「私たち、共に」。

自由意志

1988年8月18日 ノート27

(修道院にて)

(出会ったある団体を助けてくださるように主にお願いしました。大変苦しんでいて、悪魔に苛まれていると感じている人びとです)

主よ?

私である。

娘よ、どの魂も解放されることができる、しかし彼ら自身が心を開いてそう望む時だけだ。私はどの魂にもその自由を与えた、そして彼らの意志は彼らだけのものである。さて、もし私に心を開くまいと魂が強く抵抗するなら、どうやって私はその心に入って行けようか? 私は主であり神、しかし自由と自由意思を皆に与えた。もし信じてその意志を献げ、自らを明け渡すなら、私はその心に入ってあなたを癒やす。強引に入ることはない。戸口に立って、心を開き、迎え入れてくれるのを待っている。

清め 新しいエルサレム

1988年8月17日 ノート27

わが主よ?

私です。あなたのあがない主ゆえ、私に信頼しなさい。あなたを通して、全世界に及ぶ平和と愛のメッセージを与え、すべての被造物に私の聖心を示し、私がどれほどあなたたちを愛しているかを伝えに来た。

ああ、ヴァスーラ! あなたたち皆に対する慈しみは大きい! 最愛の魂たちよ、あなたたちの清めの時は近い。私が行うことは愛ゆえのこと、その清めを通してあなたたちを地獄の門から救おう。私は稲妻のように降り、あなたたちを私の火で新たにする。私の愛の霊はあなたたちを愛の中に引き入れ、愛の生きた炎へと燃え上がらせ、このようにしてあなたたちをあがなう。私の霊を天から注ぎ、あなたたちの損なわれた魂を清めて、聖なる汚れない魂とする。金が火で清められるように、あなたたちを清める。救いの時、そして私の愛の霊が降る時をあなたたちは悟るだろう。このことが成就しなければ、新しい天も、私が予告しておいた新しい地も見ないだろう。

私の子よ、私の火によって、私の愛によって、私の慈しみと義によって、私の種子1 は芽生え、太陽に向かって始めて咲く百合のように花開こう。私の光と露を求めて、そして私は天から光を注いであなたを美しく飾り、露をもって養い、あなたは新しい愛の時代を見る。

私の力によって、私はすべての罪、堕落と悪を掃き清め、荒々しい清めの奔流のようにあなたたちの上に降って、すべての悪を洗い流し、純粋な金の柱のように、あなたたちをまっすぐ立たせる。私の情熱的な愛の奔流をもって、まやかしであり真実でないものは全て掃き清め、少しの雨で粘土を洗い落とすように、このように私の崇高な愛の霊は、あなたたちの魂を損なっていた罪を洗い流すだろう。

私、あなたたちの救い主は、あなたたちを新たにする。被造物よ、そして私の賜物を与えよう。私の贈物は天2 から降る、それは輝ける新たなエルサレム、純正で聖なる、刷新された教会、かつてあり、今あり、これからもある私が、そのさ中、その魂のただ中に生きるだろうから。あなたたちは皆、自分の魂が生き生きと脈打つのを感じるだろう、私の聖心がその中で脈打つのだから。

主の中の主なる私は、火のごとく3 、私の聖心は熱烈な炎に包まれている。あなたたち皆を抱擁し、愛の竃に投げ入れ、あなたたちの愛する神、私を想う全き恍惚と陶酔のうちに、燃え立たせたいと切に願って! そう、あなたたち一人ひとりを、私の火で燃え立つ生きた祭壇とする。ああ、被造物よ! 私の火であなたたちの心が燃え立つなら、私に向かってついに叫ぶだろう。

「あなたはただ‐独り‐唯一の‐神、義なるお方、あなたこそは小羊、天の御父です、私たちがこうも見えていなかったとは? ああ、聖なる方の中の聖なるお方、私たちの‐うちに‐いて、私たちの‐うちに‐お住まい下さい、来てください、ああ、救い主よ!」
こうして叫ぶなら私は躊躇しない、必ず稲妻のような速さであなたたちの上に降り、あなたたちの間に住まおう。そしてあなたたちは、愛する者たちよ、初めから、私自身の者であり、私の種子であったと悟ろう。
その時はあなたたちの間に留まり、永遠の愛をもって統治する。私はあなたたちの神となり、あなたたちは私自身の者となろう。最愛の魂よ、私をあなたの王として扱い、愛の冠をかぶせてほしい。「私たち、共に」。来なさい。

あなたたちは棄教によって教会を裏切った 大いなる回心 幼子のような愛の言葉

1988年8月16日 ノート27

主よ?

私です、決して疑わないように、私、イエス・キリストです。私の十字架の上からあなたを呼んだ、教会の頭である私を今日、どのように見いだしたらよいかを示すため、苦しみの中から呼んだのです。御母の腕の中に死んで横たわる私自身の像*は、あなたたちの棄教によって教会がどう裏切られたかを皆に示す一つの象徴です。

娘よ、知っての通り、私は今の教会の正確なイメージを見るようにあなたを導いてきた。あなたは御母の悲しみの表情を見た。そしてその腕に私の屍を見た。裏切られ、傷つけられ、鞭打たれ、十字架に釘付けられ、槍に貫かれて、そしてこれは今日の教会の姿そのもの。御母はこの教会の上に血の涙を流しておられる。ゴルゴタで私の体を抱いて泣かれたように。しかし、もう間もなく教会は新たにされ、変容し、甦る。主なる私が、復活させられたように。教会はもはやこのように悲しむべき姿のまま、留まってはいない。敵は私の神殿を破壊した。しかし上から降った私の力と恩寵によって、主なる私は、たった三日のうちに私の神殿を建て直した。私の教会は生き返り、私自身が変容させられたように、教会をも新たにし、変容させると約束する。私は神殿を建て直し、完全さがその腰布となり、忠実さがその帯となる**。そして清さがその松明となり、私の名を冒瀆したすべての人を導き、その光の中で清める。そして主の中の主、小羊である私は、教会の中に生きるゆえ、復活のあとで私が弟子たちに迎え入れられたように、教会は自らの者たちに受け入れられよう。その後、子どもを慰める母親のように、私もいっそうあなたたちを慰める。大きな愛をもってあなたたちを私の腕の中に抱きしめよう。

ああ、愛する子どもたち、あなたたちの住まう新しい天と新しい地、いのちの木の実によってふたたび豊かとなる地球を準備している。その木の根*は愛であるゆえに、実は平和、聖性、そして愛という名を持つ。あなたはその時、最初の聖霊降臨の時のように聖霊に満たされて、神である私に顔を向ける。私の霊はあなたを愛で満たそう……私は私の園を美しく飾り、花床に水を遣り、正義の露を降り注ぐ、愛する者たちよ、そして私の光はあなたたちの茎を力づけ、規律を輝き出させよう。

勇気を、娘よ。勇気を、愛する者たちよ。荒れ野で生きるのは大変だと知っている。しかしこうした時代の終焉は間近い、清めるために間もなく、私は降って来る。主なる私ははっきりと言う、あなたたちを不意に襲い、その上に私の光を導こう。天は地を揺さぶり、私を愛する者は皆栄光を称えて膝を屈め、多くは私を思い出して私のもとに立ち帰る。これは教会の大回心として知られよう。

しかし、非常に悲しいことだが、私の聖なる名を冒瀆し、敵の側で戦う頑なな魂たちは、さらにいっそう私を拒もう。こうしたことが起きる時、サタンは彼らを襲って、永遠の火の中へと引きずり込むだろう。ヴァスーラ、私の聖心を感じなさい……これをあなたに告げざるを得ない私は、人間の言葉の及ばないほど苦しむ。私は(I Am)愛という神、あわれみの神なのだから。しかし私は義の神でもあり、審判者ともならねばならない。被造物が反逆する時は、私の魂は傷つき血が川のように溢れ出す。それほど皆を愛している! しかしあなたたちは私を傷つけた、私はあなたたちにとって聖なる者、しかしあなたたちは私を刺し貫いた。私はあなたたちの救い主、今日あなたたちに向かい、十字架上から叫んでいる:私のもとに帰って来なさい! 戻って来なさい! 来て私が(I Am)聖であるように、あなたたちも聖となりなさい!
子よ、来なさい、ともにいる、心に私を住まわせ、休ませてほしい、私と一つであるように。

*ユダ族のライオン、ダビデの根、黙示録5:5。この理解は1988年9月1日に与えられました。

はい、わが主よ、あなたを礼拝します。

私を礼拝し、休ませてほしい、どれほど疲れているか……

「私たち」 主よ?

そう、「私たち」、永遠に。

アーメン。

後ほど:聖マリア

ヴァスーラ、私をママと呼んで私と親密になってください、私の平和をあげましょう、愛しています。

私も愛します、もっと愛せますようにお教え下さい。

ヴァスーラ、あなたを私の聖心の中においた。

主よ、お会いでき、感じることができ、主が見えるこの恵みを下さってありがとうございます。

これはあなたへの贈物、にもかかわらず私の利益と栄光のために与えた恵みであることを忘れないように。あなたの愛で私を抱擁し、愛の香りで包みなさい。あなたの愛で私を慰めなさい。愛をもってあなたの主を称えるように。私だけが、ただ一人、あなたにとって大切な者。私はすべて、私は永遠、アルファでありオメガ、私は救う‐者、創り主、私は(I Am)聖なる者の中の聖なる者、私は愛の霊、だから私のもとに来なさい。あなたがいかに脆いかを、知っている。来て私を愛しなさい、私があなたの神であることをいつも思い出させよう。

どんなに弱くみじめだろうとも、私の力はあなたを支える。最愛の魂よ、もう一つ覚えておくように。私は誰をも必要としない、私のわざを達成するのに、私自身で足りている。しかし私のわざを被造物と分かち合うのを喜びと感じている。だから、私のほうを向き、選ばれたことを歓びなさい。魂よ、あなたが見ているものを見たいと憧れながら、見ることのない者は多い。あなたが聞いているものを聞きたいと憧れていながら、聞いたことない者は多い。あなたが感じることを感じたいと憧れていながら、そのように感じたことない者は多い。だから歓びなさい、魂よ! 歓びなさい! 私を賛美で覆いなさい。愛の花輪で私の頭を飾りなさい。香で私を包みなさい。あなたの幼子のような愛の言葉で私を飾りなさい。主なる私を祝福して崇めなさい、愛する者よ。

私のパンをいつも私から受け取るだろう、しかも豊かに。私は魂を養う。私はあなたの救い主。終わりの日までいつもこの特別な仕方であなたのそばにいると約束する。
知恵は正しい者だけでなく、正しからざる者にもその豊かな力を与えよう…… 来なさい。

清算の日々が始まった

1988年8月15日 ノート26

(被昇天の祝日)

主イエスよ、祝福をお受け下さい。

主である私はあなたを祝福する。私の聖心は痛みにあえいでいる、私を愛し、祝福し、探し求めるすべての人々は、茨のとげに包まれた私を癒やし、慰めてもらいたい。私は小さな魂たちの方を向き、そちらに行く、そこには小さいがゆえに憩いがあり、安らぎがある。

ああ、イエスよ、それほど苦しんでおられるのを感じて、私はとても辛い……

救われる必要がある魂のために祈りなさい、私に向かって祈りなさい、私の名は、救う-者。時間が無くなっている。もう清算の日々が始まった、報復の時代が来ている、この時代の罪があまりに大きく、棄教が非常に深刻なため、私たちの心はどちらも、その不正と目にあまる背きによって、繰り返し貫かれている。私に立ち帰り、私のほうを振り向くようにと懇願する、そうするなら本当にゆるす! 愛にしっかりととどまるなら、祝福を降り注ぐ、互いを正しく扱い、親切にし、互いに愛し合い、私の光の子となりなさい。どれほど多くの艱難が近づいているかを理解しなさい、それらは、あなたたちの魂に蓄積した悪によって引き起こされる、私に立ち帰り、私の血潮で清められるように。

(しばらくして)

私はあなたの聖なる母です。私の子どもたちよ、神に立ち帰りなさい、戻ってくるようにお願いします。神はきっとおゆるし下さるでしょう、そのご慈悲は露のように降り注がれています。被造物よ、花のように開いて、光を吸収しなさい。あなたたちを呼んでいます、励まそうとして、けれど、私たちの呼びかけを誰が知っているでしょう? どれほどの人々がこの呼びかけを信じるでしょう? ほんの一抱えしかその呼びかけを信用してくれないことに、心が痛みます。この世代は固い岩の心になってしまいました。合理主義に目がくらみ、神のなされ方を忘れています。神の素晴らしい御わざを忘れてしまいました。主が全能で慈悲に満ちておられるのを忘れています。ソドムとゴモラの時代でさえも、神の被造物がこれほどまで堕落してしまったことは今までありません。あなたたちの冷淡さは永劫を貫き、信仰の欠如があなたたちを告発しています。私の出現と、神がメッセージを与えて祝福した人びとに対する無情な迫害は、転落の一つの原因となるでしょう。あなたの聖なる母、救い主の母なる私は、悔い改め、変わるようにと切に願います。私たちのもとに戻っていらっしゃい、聖なる生活を送りなさい、神の眼差しのもとで聖なる生き方をするのです、手に善い行いをいっぱい携えて、清さのうちに神と顔を合わせる用意をなさい。

(しばらくして)

私の香りを降り注ぎました、私の現存を感じてほしかったのです、この好意を通し、私たちにとってあなたがどんなに大切かを思い出させたいと望みました。子よ、私はあなたの聖なる母、再び私たちのそばにいてくれるのを喜んでいます、愛する者よ、あなたと家族全員を祝福します。

聖なるお母さま、すべてをありがとうございます、御身を祝福します。

花よ。

はい、イエス様。

あなたの聖なる母をこれからはママと呼びなさい、私と同様、母に対しても深く親しむように。「私たち共に」、教えたことを忘れないように。

はい、主よ。

主である私は皆を祝福する。

今日は教会から出て、長い階段を下りて行く途中、まるで薔薇の園を歩いているような感じでした。周りはセメントで、一輪の花もありません。ジェームズ神父に何か香りがするかお尋ねしましたら、そう尋ねているさ中、する、と彼は言います。薔薇の香りが。そしてこの現象の一番最後は、すみれの香りでした。

教会は私を通して生き返る 新しい聖霊降臨

1988年8月9日 ノート26

(ローマ)

イエス様?

私です、最愛の魂よ、どれほどあなたを愛するか。

教会は私を通して生き返るであろう。あなたを通して自らを現すのを許してもらいたい、私のミルラよ、あなたの主、私をよい香りで包みなさい。私は聖心を示した、私の道を教え、真理に導くために。魂よ、あなたのもとを訪れた、あなたの時代は真理を探し求めているが、その真理とは愛。しかし彼らのうちには愛が見当たらない、彼らにとって私の名1はもはや意味を持たない。しかし私の慈悲は私を蔑む者たちの上に大きく注がれている。被造物は私のやり方を捨ててしまい、盲の道案内に導かれるままとなった。私の掟に反逆し、私のでない掟を教えている、被造物よ! 奈落にどれほど近づいているかが分かるなら! 互いを迫害するかわりに、心を配り合いなさい2、私の道、英知の道を学びなさい、すべての行為も思いも愛に覆われるように。

花よ、私はあなたの献身的な世話係である。そこで信頼しなさい、私の光のもとで護り、私の露で養っている。篤い好意を寄せている私、あなたの神に信頼しなさい。いつもそばにいて美しく飾る、私は-完全に-忠実な-者である、来なさい、「私たち、共に」、私と一つになるように。

ありがとうございます、わが神よ。神に包まれ、神の美しさをちょっとだけ垣間見て、ほんとうに嬉しい心地でした。

(しばらくして)

(聖マリア)

戦いは終わっていません、どの日も、毎日どれほど多くの魂が地獄に落ちていくかを知ったなら! その数は警戒すべきほど多いのです……

(私はどういう人びとかお尋ねしました)

枢機卿から幼い子どもまで3。あなたの時代は堕落してしまいました、実に、敵の領土と化しています。私たちの敵はその領土を地上に最も広範囲にひろげたのです。ああ、ヴァスーラ……神は日々を数えておられます、あなたたちが再び新しく、豊かな園となるよう、露のように降り、生き返らせる日々を。これは新しい聖霊降臨として知られるでしょう。皆来て、この栄えある出来事のために主に向かい、跪いて祈りなさい、主の再臨のために祈り、愛が戻って来られるよう祈りなさい。

私は、ヴァスーラ、ロザリオの聖母です。

聖なるお母さま、どうしてこのようなかたちでお現れになるのですか、メッセージに何か特別な意味が加わるのでしょうか?

そうです、この時代が終わる前に、ファティマで言ったことはすべて実現されるでしょう。さあ、もうこの汚れなき御心とイエスの聖心のうちに憩いなさい。私たちを愛さない人びとに代わって償いをし、主を愛し、今のようにお仕えして、イエスをお喜ばせするのです。「私たち、共に」?

はい、いつまでも。