聖霊を笑いとばす者たちに警告する

1988年9月5日 (ノート27)

(今朝早くから主は、私が近隣の司祭たち何人かに、近々拒絶されると教えてくださっていました)

主よ、本当に何人かの司祭に、私はまた拒まれてしまうのでしょうか? 主よ?

私です。怖れることはない、間もなく全てが明るみに出され、あなたを拒み、メッセージを信じるのを拒んだ人びとが皆、御父にゆるしを祈る日が来る。ヴァスーラ、「目が見えなかった」なら、私は癒やしただろう。しかし彼らは「見える」と言い張っている。私が地上にいた時と同じ、目の見えない道案内の子孫だ。私の子よ、地上に私がいた時に彼らが生きていたなら、私を磔にした人びとの間にいてその行為に加わっていただろう。預言者たちに石を投げて、黙らせた仲間となっただろう。どうして、今も当時も、何も変わっていないではないか? 私を信じると主張しながら、霊の働きを拒み、こうして再び私を拒んでいる。あなたはメッセージを携え、私に遣わされた、しかし律法学者やファリサイ人のように、この人びとは証拠を求める、堅い証拠を。

身構えていなさい、私の子よ、背中に鞭を受ける準備をしなさい。主である私は背中に鞭打つのを許した、そこであなたも背中を差し出しなさい。聞くのを拒んでいるゆえに、自分たちの間違いを繰り返させておきなさい。主である私は、拒まれ、最後には木に釘付けにされた。そこであなたも従順に、私の十字架を分かち合うように。今日は昨日と同じだ、誰を送ろうと彼らは追及し、迫害するか、拒絶する。私の送る者の血は、アベルの血から今の世代にいたるまで、絶えず流されている!

律法学者やファリサイ派の人たちに警告したように、今日の私の使者たちを迫害し、みことばを弾劾する人びとに警告する。聖霊を笑いとばす者たちに警告する。「お前自身の証拠が、お前にとって不利となる、一人として変わっていない、やることは同じだ、その考え方がお前たちを不利にしている。道案内たちよ! 霊的メッセージをいろいろと教えながら、聖霊の働きを無視するのか! 道案内たちよ! 私の肉で小羊たちを養うが、私の血は差し控えるとは1 私の指示を忘れたのか?」

私のヴァスーラ、私のとげを感じさせよう、これら聖職者たちの心に、合理主義がいかに君臨しているかを感じさせよう。彼らの前にあなたをさらす。私のパンであなたを養っている、私と一致し、私の棘を感じそれを共有するように。一本一本の釘が私を貫いたように、あなたの魂も貫かせなさい。予告しておいた、さあ、鞭打たれる覚悟をしなさい。しかし覚えておくように、彼らには私の背中もさらしているのであり、あなたにすることは皆、私にしているのだ。「私たち、共に」?

はい、主よ。

(三時間後に知らせがありました。私が信頼し、神のメッセージを信じていると思っていた神父様が「裏切った」のです。全然信じてはおられなかったのですが、ずっと信じている振りをされていました。そして単にこう言われます。「神はご自身をこうした方法でお示しにはならない、こういった種類の人には」。大変な痛手でした、彼は理解しており、また友人だと思っていましたので。「友人」を失いました……別の友人からこのような知らせをもらったのです)

  1. 下線の部分はすべて怒りを込めて叫びとなって言われたものです。