反逆が霧のように広がっている

1988年11月8日 (ノート29)

今日はイエスの十字架を感じました。イエスが悲しそうにしておられるのを感じ、御絵の中でも悲しそうです。

私です、まこと愛する者よ、私の十字架を受け、荷を降ろしてほしい、あなたのキリストは本当に疲れている、私の苦痛を和らげるため 私の血をあなたの心に、数滴滴らせてもらった。サタンはあなたを落胆させようと、今や心に決めている、しかしあなたに触れるのを、私は許さない、私によって始められ、祝福されたものは成し遂げられ、私の栄光となる。

今日はあなた自身の手書きで、私のメッセージを書き記させる、私が恩寵であなたを満たしたと、まだ十分わかっていない人びとが、あなたに私の声を聞く恵みも与えたのを、理解するように、今日は口述筆記でやってもらいたい、声を聞いて、書くように。

(訳注:ここからヴァスーラ自身の筆跡に変わる)

ヴァスーラ、残りの日々は今や数えられている。それらはあなたにとって清めの日々。私の教会の刷新のために、祈っていた人びとの、祈りを聞き遂げた、その祈りはすべて聞き遂げられ、主なる私は教会を新たにすると、あなたたちに約束する、その中にある汚れた生き方によって出来た染みをぬぐい去り、新しく造り直す。しかし、その日まで彼女(訳注: 教会)はさらにどれほど、苦しまねばならないか、愛する者たちよ、私は告げるのも恐れる。彼女に完全な刷新を遂げさせる前に、その心には大きな苦難が起こるだろう、その日は聖書が成就されるために、来なければならない。
しかしその悲しみの日々に、私を愛する全ての人びとを慰める。あなたたちの心に、今までよりいっそう近づいて、私を感じさせ、皆を慰めるために、天使と聖人の群団を送る、だから勇気を出しなさい、愛する者たちよ、勇気を! 私は今苦しんでいて、私を愛するあなたたちは それを感じている、私の傷を感じ、悲しみにあえいでいる、私の聖心を感じている、あなたたちの上に注ぐ、眼差しを感じている、被造物よ。闇に伏す者たちよ、血の涙で私の眼は溢れる、そう、あなたたちの大半が、サタンの罠に落ちて行くのを見ながら、ほかに今日どう感じられようか? しかし、聞きたくない者どもは、悪行を続けるがよい、もう数年来彼らに、注意を促してきた、悔い改めるようにと呼びかけてきたが、どの警告に対しても、心を留めようとはしない、私は疲れ果て、その盲目と頑なさを前に、疲れ切ってしまった。

反逆が霧のように広がり、私の家の中にまで浸透してきた、彼らの指導者であるペトロに対し何をすべきかを指図している、そう、ペトロは聞いてもらえず、むしろ背後では罵られ、欺かれ、その言葉は無視され、隅へ追いやられている。ああ、彼はすべてを知っているが、反対し、裏切る者があまりに多く、私の家は、反逆者の館となってしまった。そこには私を認知し、尊ぶ人はほんのわずかしか残っていない。清めの日に、主である私は、すべての聖人と天使たちを伴って降臨し、これらすべての悪を、焼き尽くす。北から南へ、東から西へと私の火は降りて来る! 待っているがよい、今に分かろう……

(「イエス様?」)

聞いているだけで、よくやった、子よ。これは、ヴァスーラ、私の声が全然聞こえないまま、ただ手だけが動かされていると思う人びとのためでもある、彼らの何人かは、私、主があなたを導いていることを、信じなかっただろうから。今度は私の好きなように続けるとしよう、私のヴァスーラ。

(訳注: ここから筆跡が元に戻る)

私の平和を受け、油断しないように、

お願いです、主よ、C……を癒やしてあげてください、もし、主がここに肉体として一緒におられたなら、そして彼女に会って下さるようにお願いし、主の腕をとって彼女に主を紹介したなら、主の聖心は抵抗なく、彼女を癒やされたでしょう。

私の子よ、彼女はあなたを信じていない、あなたの言うすべてを即座に払い退けてしまう、私に心を開いてくれないなら、どうしてその心に入り、慰めてやれようか。

それでも、たとえ彼女が聞こうとしなくても、主には癒やすことがおできになるのを知っております。

では彼女のために祈りなさい、ヴァスーラ、彼女を愛している、だから祈り続けるように。私の聖なる現存を、私とあなたは、愛のうちに一致していることを、あなたに思い出させよう、
「私たち共に」?

はい、主よ、「私たち」。