愛のために愛をもって宣教しなさい

1989年1月27日 (ノート31)

私、主が、あなたを愛している。私はあなたの人生において第一の者、そしていつもそうであるように、なぜなら「私はある」のだから。

私の光のうちに留まり、魂たちを連れて来て私を喜ばせなさい。あなたの幼子のような言葉を、私の耳に快く響かせなさい。決して祈りを絶やしてはならない、いつも私の臨在を意識していなさい。いまや私を王として扱うように、愛の花冠を献げ、天に届く香のように祈りを献げてほしい、魂たちをあがなえるよう私に献げなさい、私の聖心のかまどに魂たちを投げ入れることができるように献げなさい、一人ひとりを、愛のかまどの生ける松明へと作り上げたい。さあ、私を称え、愛のために、愛をもって伝道しなさい。

来て私を称えなさい。

惨めな者に目を留め、
私を引き上げてくださったゆえに
主に賛美。
死者の中から甦らせてくださったゆえに
主に賛美。
私たちを悪からあがなうために、
身を屈めて
はるばる降りて来られる神に栄光。
ご自分の子どもたちへの
深い思いやりゆえに、
主は祝されますように。
アーメン。

私から引き出して彼らを養いなさい、来なさい、「私たち共に」?

はい、私の主よ。