異端が私の体を飲み込もうとしている

1989年7月30日 (ノート35)

ロードス島

今日はコロサイ書2・1-15が読まれました。ペンテコステ派の男性に会った後のことでした。メッセージはどれも美しいが、聖母の名を借りて悪魔が介入したに違いないと彼は言うのです! 諸教会を一致させるのは悪魔だと言うのです! サタンが善良な人をこれほど誤った方向に導けるとは驚くばかりです……主よ?

私だ。平和を受けなさい、私の平和を与える。まことに、合理主義哲学や不健全な教えには騙されないように、私の栄光のために使命を果たし、教えてきたことの全てをそのまま伝えなさい。私は英知である、そしてあなたの教師、私自身の口からあなたは学んでいる、私の後についてこれらの言葉を唱えなさい。

主よ、私の魂をお受け下さい、精神をお受け下さい、
わが主イエスよ、私の心をお受け下さい、すべてはあなたのもの、
あなたの愛はいのちそのものよりも、良いものです。
あなたのうちに私の希望をおきます。アーメン。

小さな者よ、愛がいつもそばに寄り添っていよう。私の体を飲み込もうとするこれらの異端は、癌のように私の体の中で増殖し、その酵母は私のパンのうちに広がった……はっきり言うが、この者たちは自らの過ちと、従う者たちの過ちの責任を問われよう。これはバアルを礼拝した彼らの先祖たちほどに重い罪となる。

花よ、私の聖なる現存を忘れないように、私の目はあなたから離れることはない、来なさい、「私たち共に」?

永久に。