賢明でありなさい

1989年8月4日 (ノート35)

スイスに戻って

夕べ、夜中に目を覚ますと、聖霊が使徒信条を祈っておられるのに気づきました。祈りの途中だったその声に続いて、最後まで一緒に唱えました。同じ晩のさらに夜更けに、目を覚まして気づいてみると、聖霊のみ声が聖ミカエルへの祈りを唱えていらっしゃいます。私は祈りの途中のどこかで目を覚ましたようです。聖霊と一緒に祈り終えました。寝ている時でも、聖霊は絶え間なく私の中で祈り続けておられます。

わが主、わが神、イエスの聖心よ、それは(……)にとってみ旨でしょうか、あなたを愛する人びとにとってはそうですが。どうぞみことばで教えてください。後ほど主は、コロサイ書3・1-4をお示しくださいました。

私が書こう。「あなたたちは私との真の生き方に連れ戻されたのだから、天にあるものを求めなさい。天では、私が神の右の座についている。天にあるものだけに心を留め、地上のものに心惹かれないようにしなさい。あなたたちは死に、今そのいのちは私とともに隠されているのだから。しかし私が現れる時――そして私はあなたたちのいのち――あなたたちも私とともに栄光に包まれて現れ出る。」私の名のもとに行うすべての善は、私の栄光となるゆえ、私は愛。「私たち共に」?

はい、「私たち」。

「私たち共に」?

はい、聖母よ、「私たち」。

主よ! どうぞ私がどこに立っているか分かるように、お助け下さい。今は足元の地面が揺れ動いている感じです。私は霊的指導者を持たずに、健全な教えと導きをあなた体け受け取るようにと、主は念を押されました。今私の心は(直面している大きな問題で)分からなくなり、悩んでいます。主は規律について分からない点をはっきりさせ、知識を正確に宣べると仰しゃいました。ある人に忠告し、正そうとしたために、私は今押しのけられ、大変な目に遭っています。あなたの助言が要るのです。まず、間違っていたかどうか、御父よ、お教え下さるよう懇願します。私の疑問点に確固とした答えとなるみことばによって、確信をお与え下さい。それから私にお話し下さい、わが主よ。

「私から聞いた健全な教えを手本としなさい。私に対する信仰と愛によって。あなたは尊いものを委ねられた。あなたたち皆のうちに住まわれる私の聖霊の助けによって、それを護りなさい*。ヴァスーラ、これも書かせてほしい。あなたの主、私を受け入れたそのやり方で、全生涯を送りなさい、私に根ざし、私を土台とし、教わった信仰にしっかりと支えられ、感謝に溢れていなさい。私、キリストの代わりに、この世の原則に基づいた二番煎じの、空しい、合理主義の哲学によって、誰の罠にもかからないように、そして自由を奪わないように気をつけなさい。

* 二テモテ書1:13-14

聖母の助言もいただきたいのです。「絶えざる御助け」の聖母よ、迫害の時代と同じように、助けにおいで下さり、私のために執り成してください。この方に注意を与えたのが間違いだったかどうか分からず、とてもみじめに感じています。きつすぎたのでしょうか? 間違ったことをしたのでしょうか? 聖書を開きました時、主のみことばによってあなたの助言をお与え下さい。――(フィリピ書4・4-6を開きました)こう書かれてあります。最後の勧め:「喜んでいてほしいのです、主においていつも喜んでいなさい。重ねて言います、私が望むのは あなたが喜んでいること。あなたの広い心がすべての人に知られるようにしなさい:主はとても近くにおられます」

ありがとうございます、聖母よ、いつも助言してください、あなたの助言を頼りにしています。
(聖母は、励まして下さるために、次の聖書の箇所も特別にくださいました)

「しかし、あなたは健全な教えに適うことを教えなさい」(テトス書2・1)

「年が若いからといって、どんな人にも軽んじられないようにしなさい。むしろ、言葉においても行いにおいても、愛や、信仰や、純潔においても、信者の模範になりなさい」(一テモテ書4・12)

「……あなたの熱意は、ほかの多くの人びとを奮い立たせました。」(二コリント書9・2)

主よ?

私です、私の教えは健全です、心配しないように、善を悪に置き換え、実際は悪を行いながら、善を行っているようにほのめかす人びとのことを心配しなさい、私の教会の離散と分裂を心配しなさい、霊の働きを無視する人びとのために心配しなさい、私の子たちの堕落の原因となっている、こうした者たちに私の怒りを注ぐだろうから。

わが主よ、あなたを愛する者たちから聖なる御顔をお隠しにならないで下さい。私たちのほうに屈んで助けに来てください。私たちのところに戻って来てください、戻って来てください。急いで戻って来てください! あなたの子たちに、何がお出来になるかを示し、あなたの栄光を示してください。

祈りと償いをするように、この時代の罪と悪の償いをしなさい、私はあがないの魂を必要としている、この死んだ時代を愛によって生き返らせなさい、あなたは無に等しい者だが、私を愛することによって私の義を宥めることができる、私を愛し、私の誉れとなりなさい。あなたの魂をいかに聖性へと導いているかを思い出すように、愛する者よ、私のもとに来なさい、どうしてよそ見をするか? 賢明でありなさい、娘よ、妄言、うわさ話、感想を述べたりする代わりに、この全てを沈黙、私の沈黙に置き換えるように。

sono con te, Padre Pio  recordatelo sempre.