私の聖なる顔に微笑んでくれるだけで、私はゆるし、忘れよう

1989年8月29日 ノート35

主よ、みことばが聞けますように、心を整えてください。
愛の主よ、あわれみの主よ、あなたに向かって祈ります。
その大いなる愛によってお応えください、
神よ、輝いてください、そしてあなたの光によって私を生き返らせてください!
アーメン。

私は収穫の主、この豊かな収穫のために、あなたたちは働き手を願い求めたので、助け手を送ろう。さあ、もっとそばに寄って、近づきなさい。

1私は復活、そしていのち、再臨の日はそう遠くないと約束する。死者は再び生き返り、罪のために葬られ、地下に横たわる者たちも再び甦らせて、いのちを与える、私の王国をひろげ、今は不毛の地と化し、見るに忍びないあなたたちの国々を、私は回復させる。聖書のみことばをくり返そう:「女が胸元にいる乳飲み子を忘れようか、あるいは産んだ息子を大切にしないだろうか? だがたとえ彼女たちがそれを忘れたとしても、私は決してあなたたちを忘れない2

あなたたちには新しい天と新しい地を準備している、そのときは愛が戻り、あなたたちのうちで残っている者たちの間に、愛として生きよう。どの街角で出逢う死人もすべて甦らせる。

そして風のように、あなたたちの羊飼いたちを新しい牧場に送り返し、彼らは古えの時代のように羊飼いの杖を用いて、私の群れを牧するだろう。彼らの悪徳が私自身の家に入り込み、多くを欺き、その罪悪によって国全体に、神なき不信が広まったが、それでも、私はゆるして過去を忘れ、怒りを脇に置いて、全くなかったものとする用意がある、たとえ今日にも自らの過ちを認めるなら。

しかし、今日にいたるまで、あなたの時代の愛の欠如と無数の罪によって、私の聖心は打ち砕かれている、私の心を貫き、天を恥じらわせるほどの罪、私の聖所を汚し、私の聖なる名を冒瀆する罪によって。それでも、私に向けた一つの優しい眼差し、一瞬の後悔、ためらいの溜息、ちょっとした思い直しだけで、あなたの時代の罪業をゆるす用意があるのを、あなたたちが知ってさえいたなら。この聖なる顔に微笑んでくれるだけで、私はゆるし、忘れよう。私は自分の傷口に目を留めさえしないだろう。あなたに後悔の念がたった一瞬あるだけで、眼の前からその悪行と罪をすべて消し去る。その身ぶりは天全体が祝う、あなたの微笑みと優しい眼差しを私が香のように受け取り、その後悔の一瞬の思いは、新しい歌のように聞こえてくるがゆえ。

今日はあなたたちを私の愛ゆえにあがなおうと、慈しみに満ちて降って来た。私の恵みの聖霊は地上を霞のように、覆うだろう。はっきりと言うが、あなたたちへの恩寵を何倍にも増し加え、みことばは多くの人に明かされ、聞かれよう、そしてヴィジョンも、幾倍にも増やす、そう、私の恵みの聖霊を無視し、押えようとするすべての人は、無駄な抵抗をして傷つくだけである、その努力は一切、空しく終わろう、私、主が、あなたたちを甦らせ、今生きているこの砂漠を耕し、人を欺く蜃気楼をオアシスに変えるがゆえ。

私、あなたの神は、あなたたちの前に立って、いまだに私の聖霊を虐げる人たちに尋ねる。時のしるしがどうして見分けられないのか? 私のしるしや不思議を承認しないでおこうと、どうして決めたのか? 何度も私の声を黙らせ、私の預言者たちを迫害するのはどうしてか? 何を恐れて、あなたたちの闇を照らす小さな炎も、必死に消そうとするのか? 私の恩寵によってあなたたちの荒地と不毛の地に咲く花を、どうして、どれも急いで踏みつけようとするのか? あなたたちの神、私が、沈黙し、死んだままでいるのをどうして欲するのか? では、私が誰であるかを教え、思い出させよう。

私はみことば、生きている
そして行動する

地上にいた時は、パンと魚を増やし、群衆を養った、モーセが何千もの人びとと砂漠を渡り、食べるものがなかった時、天の倉を開いて皆をマンナで養った。

そして今日もそうする、地は荒廃し、あなたたちを養うに十分なパンを産み出せない、そこで私は、私の恵みの霊を通してパンを増やし、あなたたちを養う、愛する者たち、飢えて放っておかれた者たちよ。あなたたちの時代に、これは: 聖霊の溢れと呼ばれる。私が皆を直接養おう、パンを増やし続け、誰も飢えたままにはしておかない、この恵みの時代に子どもたちが私のもとに来るのを、妨げようとする者たちは災い! だから、まだ疑う者たちよ、心を開きなさい、頭でなく。

私の教えは健全で癒やす力がある、怖れることはない、単純な心で信じなさい、私の霊とともに送る天使たちを裁いたり、罵ってはならない、モーセの亡骸をめぐって悪魔と言い争った大天使ミカエルさえ、罵りの言葉を用いて非難しようとはせず、こう言っただけだった:「主が正して下さるように3

私を希望しなさい、私を信じ 愛しなさい。私は聖であるから、聖なる生活を送るように。断食し、償いなさい、悔い改め、私に自らを日々明け渡しなさい。私の手のうちに自らを明け渡すなら、あなたたちを生ける光の柱としよう。絶え間なく、心から祈りなさい。清い心で私を受けるなら4。私の恵みが降り注がれよう、礼拝の時間に来て、私を礼拝しなさい、たまってしまった罪を告白し、あなたの神、私を喜ばせるように、そしてともに歩みなさい。右や左に脇見をせず私の教えに従いなさい、完全でありなさい! 私の天国となりなさい! 

ああ、被造物よ、あなたの神、私がどれほど愛しているかを知ったなら、躊躇しないで私の足跡をたどるだろうに! 慰めをどうしてほかに探すか? 私の聖心はあなたの傷に塗る香油、私の聖心はあなたの住まい。私の目はあなたたち皆に注がれている。

あなたたち一人ひとりを、そして家族を祝福する、このメッセージを読むすべての人びとを祝福し、その額に愛の接吻を残す、愛はあなたたち皆を愛している。

一つとなるように。

イクトゥス

ありがとうございます、わが主よ。祝福されますように。