私は呼びかけを増やす

1989年9月22日 (ノート36)

(聖母のメッセージ)

愛された娘よ、アッバはあなたたち皆を愛しておられます。

主に賛美。

子どもたちにこう伝えてください:あなたたちに平和。私の娘、息子たちよ、イエスが入って来られ、癒やされるよう、心開くのを自分たちに許しなさい。

今日のメッセージを通して、イエスがどなたであるかを思い出させましょう、イエスは崇高な愛の源、この世の光でいらっしゃいます、あなたたちを救うために十字架を耐え忍ばれました、その恥辱を意に留めず、イエスは柔和、謙虚でいらっしゃいます、来て、あなたの神として認めてください、イエスを認めることこそ、完全な徳だからです。イエスを感じ、その聖なる現存を感じるように、あなたたちの一人と見なし、「私たち」と言うのを学んで下さい、祈っていない間も、イエスを忘れないように、絶え間なく心に納め、その心に鍵をかけておいてください。 

私たちのメッセージを脅しとは受け取らないように、私たちのメッセージは、神の無限の慈しみによる、愛と平和のメッセージです。

何かを口に出す前はよく考えて、神をお悦ばせなさい、口に出した言葉で責めを受けないように、口に上る言葉はすべて、あなたが聖性、従順と清さの霊を持った、神の子どもたちであるのを証すものとなりますように、正しい目的のために仕えるのを熱望しなさい。

今日は、聞いているあなたたちにこう尋ねましょう:「自分のように隣人を愛していますか?」これを覚えていてほしいのですが、あなたが弱い者でも、もし主に道を案内していただくなら完徳に到達できるでしょう、日々主に自らを明け渡しなさい、怖れずにあなたの意志をお献げするように、あなたの能力を主はご存じですから、あなたに害になることは何もお頼みにならないでしょう。祈りを通して魂を引き上げなさい、聖性のうちに成長し、神が溢れるほど豊かに与えておられる愛のうちに成長なさい。

決して反逆者の声に耳を傾けてはなりません。心に隙をつくらず、悪魔の誘惑を許さないように、信仰、希望と愛だけに留まっているように、これらを、心を満たす果実としてください。神は-あなたたちの-間に-おられ、魂に欠けているすべてを備えてくださいます。主のぶどう畑は何倍にも増え、何千もの人びとを養う収穫を上げるでしょう。

創造主は新たな愛の時代にあなたたちが入る準備を、整えておられます。創造主を聖なる仲間、御父、伴侶、あがない主、相談相手として見るように、慈しみ深い呼びかけをして下さる主に賛美、主はこう言われています。「私は呼びかけを増やし、減らしはしない、子どもたちをすぐそばに近づけて、私自身の手で養う。その心に私の掟を置き、彼らはそこに留まり、私の愛を避難所としよう、私のもとに、真理に、連れ戻しつつ彼らを慰めよう。真の糧を与えるために、乳離れさせる、祝福が歓迎されなかった時代はもう終わりを告げ、私は亡骸を包む布をほどき、私の光をもって彼らを甦らせる」。愛は愛として戻り、あなたたちの間に生きるでしょう。

私たちのメッセージを黙想し、私たちのメッセージを生きてください。安心するように、皆とともにいます。あなたたちとご家族を祝福します、祈ってください、私もともに祈ります。

来なさい、娘よ。