私の家を訪ねて来なさい 大棄教

1990年5月12日 (ノート42)

イエス様?

私だ、あなたに平和。ヴァスーラ、明日私の教会であなたの足音を聞かせてほしい。首を長くして待っている。……あなたと一致するこの時のために、私ほどにあなたも待ち遠しいか? ヴァスーラ、1 ……私に書かせなさい、愛している。私に答えたいとまだ望んでいるか?

はい、主よ、ギリシャ教会に参ります。けれど言葉の問題がいつもあるのです。司祭の仰しゃることにほとんどついていけません。

しかし私がそこにいて、心のうちで話すのを聴いている。私に話しかけなさい……さあ、これを聞きなさい。会うのを楽しみに待っている友達を訪ねて行くとしよう。友人に会った時、遠くに立ったままでいるだろうか? それとも近づいて温かく接吻して挨拶するだろうか? 次に、ともに腰掛けて話すのではないか? それとも座ったまま黙っているだろうか? もちろん話すに決まっている! 私の家を訪ねて来る時は、私にもこうしてほしい。会うたびに、あなたが心をはずませているのを感じたい。心を込めて話すのを聞かせてほしい、あなたの神、私に話すとは、祈ることである。そうするなら、あなたの口もとに、私の耳はぴったりと引き寄せられ、一言一言を蜜の雫のように受け取るであろう。さて娘よ、それから私にとって偉大な瞬間が訪れる、非常に待ち焦がれている瞬間でもある。ゴルゴダで私自身をあなたに与えた瞬間だ。私が生けにえとなる聖なる時、あなたが贖われ、あなたと一致する聖なる時。私を食べ、私を飲むように、二人2を待っている。祝福を与えよう、私の子よ。こうした愛のひと時、聖体拝領(領聖)のひと時を拒まないでほしい。

わが主よ、主をたたえます、神に栄光、主は祝福されますように!

あなたに平和。小さな者よ、私を喜ばせ、識別しなさい。ともに過ごすこのひとときは、私にとって喜びの瞬間である、乾いた土が喜び迎える雨のように。あなたの声を聞くのを喜んでいる。 ……3

与えたものを取って読みなさい。……言いなさい、このすべての試練があっても幸せか?

はい!

花よ、花びらの一枚がちぎれたなら、必ず別の花びらが取って代わるようにする。私の光で茎を強くする、私があなたをいかに守り、丁寧に扱っているかが分かったなら……疲れている時は依りかかりなさい、休ませてあげよう、来なさい。

イクトゥス

(しばらくして)
(シオンの北部にある、レンズのためのメッセージ)

あなたたちに平和、愛する子どもたちよ、ここで皆が私の愛のうちに一致しているのを見て、私の心は歓び歌う。皆の祈りは私の耳に楽の音のように響いてくる。私のもとに来なさい、私の霊であなたの霊を満たそう。ありのままのあなたでやって来なさい、あなたを引き上げ、聖化しよう、愛する人びとよ。

今日は十字架上から聖性を呼びかけている、私が聖であり、あなた方も聖なる生活を送るようにと、皆に気づかせるために、地上の隅々にまで私の声を響かせる。

ああ、世代よ……どれほどあなたが弱いか私が知らないと思うか? あなたたちの世代は私の目に不快な、私の思いとは異なるさまざまな像を造り出した。あなたたちが造り上げたこのバビロンに私は降り、ほとんどの被造物が囚われているのを見い出した。そう、悪魔から神不在の精神、合理主義と非道を養われ、虜になっている。私にこのすべてが見えないだろうか? 諸聖人の嘆願が私の耳に届いて、今や私は火がついたようになり、もはや長くは待たないと言っておく。この暗闇の中にあなたたちを長くは置いておかない。私は戻って来る、もうしばらくすれば、世は私を再び見るであろう。そうだ、愛が降って来て、あなた方のただ中に住まう。

だが、あなたたちの木々が立派に枝を広げ、葉が生い茂り、幹が太くなり、空の鳥たちが枝に巣をつくり始める前に、そして乾いた土を灌漑する川を私が張り巡らす前に、天から清めの火の柱を送り、皆を清めるつもりだ。死者が死者を喜ぶ日は死に絶え……この清めの後には、一つの言葉、愛と呼ばれる私自身の言葉を、あなたたちは話しているであろう。神の愛、私はあらゆる悪と邪悪さを取り除くつもりだ。それゆえこの時代には、太陽と月と星に私の覆いがかけられる。太陽は暗い雲でおおわれ、月は光を放たなくなるであろう。私は天空に与えられているあらゆる明かりを暗くし、国々を暗やみで覆う。こうしてバビロンは悪との親密さを断つであろう。彼女はその後、私の愛の掟を取り入れる、棄教者たちを私が炎のうちに焼き尽くすのだから。あなたの時代が、私の大いなる愛を認めず、聖なる名を汚したとすれば、それは私の聖櫃の中心にまで浸透した大棄教のためである。

今日は、世代よ、いまだかつてないほど惜しみなく、私の恵みの霊が助けに訪れている、見たであろう? 私は、国々と、あなたたちを甦らせ、私の炎を運ぶ生ける祭壇にしようと考えている、私の聖性の霊、類い無く、霊妙で、汚点のない清らかな霊が、あなたたちのうちに息づくようになるのだから。その後、地上の至るところに送り出したあなたたちは、私の無限の愛を宣べ伝えるであろう、そして私を愛しているあなたたちに約束する。世界全体を覆う暗闇の日々に、あなたたちを安全に保ち、私の聖心の深淵に閉じ込めておくと。私が共にいよう。

だが、私の祭壇を破壊し、足蹴にするために時間を使うすべての者たちは悲しいかな! 私の預言者たちを殺す者たちは悲しいかな! この魂たちは悲しいかな! 黒い獣に従う者たちは悲しいかな! 私の預言を拒んで、軽蔑し、無視するすべての者たちは悲しいかな! この暗闇の日々に私を呼ぶであろうが、私は答えない……私の五つの傷は大きく開いて、もとのように、再び血が噴き出している。悔い改めよ、世代よ、悔い改めなさい……口を開いて話す前に、よく考えなさい。

頭ではく、心で私を探し求めなさい。あなたの神、私に倣い、私の足跡につき従うように。話す前に自らこう問うてみるがよい、「この場合、キリストはどう仰しゃっただろう?」あるいは「この場合、キリストはどうなさったであろう?」口を開く前によく考え、口を破滅の原因とはさせないように、霊に過ちを犯させてはならない。私を真似て、私の象りの全き反射となりなさい。

ふさわしい祈り方ができないとしても、私の霊があなたに代わって祈る、分かったであろう? あなたを決して見捨てない …… 私の大きな愛が分からない時でさえも、私の聖なる名ゆえに、あなたを引き上げようとして、一層身を低く屈める。そして愛を込めた親切心から、罪を赦そう。私を呼び求めて口を開いた瞬間、飛んで来て、あなたの口元に耳を当てる …… そしてあなたが口にする一言一言は心を慰め、私を歓びで満たす。

心から立ち帰り、祈りを私のもとに、届かせなさい、それは「私に向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るのではなく、天におられる私の父のみ旨を行う者だけが入る4」からだ。だから愛を込めて話しかけなさい、そうしたら聞いていよう。愛を込めて与えなさい、そうするならあなたを認知しよう。愛を込めて祈りなさい、天の扉が開いてあなたを受け入れよう。愛をもって行いなさい、あなたに向かってこう言えるように。「あなたは私のもの、私の種、父のもとに来なさい!」

私は愛である、そこで愛のうちに生きる人は誰であろうと、私のうちに生きている。そして私もその人のうちに生きている。私の王国に入れるように、天の御父のみ旨を行いなさい。

いのちの木の根源は愛だと覚えておきなさい。もっと心から祈るように、私の子たちよ、そして私の耳があなたの口元近くにあると安心していなさい。あなたを祝福し、一歩一歩に祝福を与える。愛が愛している。私の現存を覚えておきなさい。額に愛のため息を残してゆく。一致するように。

イクトゥス

(しばらくして)

人は軽薄となり、堕落していまった……その愚かさを断念しさえするなら …… 祈りなさい、娘よ、しかし堕落したとしても、私は彼らを愛している、その萎え衰えた様子に涙を流している……

(先ほどイエスのお言葉を書き取っていました。終わった後、急いでほかのことをしに行き、祝福も賛美もしませんでした。罪深くも、なんとなくイエスの神性を忘れ、メッセージを書き取らせている普通の人間のように、接してしまったのです。とても恥ずかしかったので、飛んで帰り、赦しを願いました。このすべてをおっしゃった時は、穏やかなうちにも悲しみをたたえ、まるで驚かれていないご様子でした。)

  1. イエスは「愛している」と仰しゃいましたが、お書きになるを止めてしまったのです。
  2. ロシア人の友達と私。
  3. しばらくイエスは沈黙しておられましたが、この時こうお尋ねになりました。「書きたいか?」 私は、はいと、お答えしました。
  4. マタイ7・21。