私はあなたの一番の友人、最愛の聖なる同志

1992年7月10日 (ノート60)

「彼らは、玉座の前、また四つの生き物と長老たちの前で、新しい歌のたぐいをうたった。この歌は、地上から贖われた14万4千人の者たちのほかは、覚えることができなかった1。」

主よ?

私である。話しているのは私、そこで疑わないように。私の聖心のヴァスーラ、今日の午後のために数行書かせてほしい。

親愛なる友人たちよ、新しい愛の賛歌をあなたたちに歌い、私の忠実な愛をあなたたち皆に思い出させようと、私は天からはるばる降って来た。

私はあなたの一番の友人、
最愛の聖なる同志である。

私はずっとあなたのそばにいた、そしてしばしば無視されたが、私の現存を感じさせるためにそばにとどまっていた。あなたが私に歯向かおうとするたびに、主である私は、あわれみに満たされ、右手をつかんであなたを私の心に引き入れ、私の無限の愛を示した。私の魂に祝された者よ! あなたは独りではない。あなたを慰め、瞳を守る者のようにあなたを守るために、私がいつもそばに付いている。「私の周囲を包むのは暗闇だけだ」とは言わないように、私がそばにいて、この暗闇からあなたを導き出す。「来てください、主よ!」と言うだけでよい、私はあなたのもとに飛んでくる、私の子よ。

私は昼も夜も、あなたの明け渡しを待っている、先延ばしにしてはならない。あなた自身をすっかり明け渡しなさい、そうするなら、私の光のうちにとどまることができる。私を愛しているなら、あなたにとって一番よいと思うことを、私にさせてくれるだろう。怖れなくてよい、あなたの心を私に捧げなさい、それを私の聖心のうちに置いて焼き尽くそう。あなたが言うように私を愛しているなら、国々に向かって私の愛の賛歌を歌いなさい。私の誉れとなって、それぞれの魂たちの中に新しい命を呼び覚ますために。

あなたに私の心を与えた、今度はあなたも心を捧げてくれるか? 愛があなたのそばにいる、そしてあなたの額に私の愛のため息を残して、あなたたちと家族を祝福する。一つでありなさい。

イクトゥス

(私たちの聖母。)

私はあなたたちを慰めるためにそばにいます、けれどあなたたちの母である私も、あなたたちの慰めが必要なのです。私の心配はとても大きいからです。私の子どもたちの多くが、いと高き方に歯向かっています。あなた方の祈りが必要なのです。私の意向のために祈りを捧げてください

ヴァスーラ、神の子どもたちとして生きるように、彼らに伝えてください。

  1. 黙示録14・3。