フランスへのメッセージ

1994年11月25日 (ノート75)

(フランス)

私の主よ!

私です。私により頼みなさい…… 平和を、私の子よ。耳を傾け、理解しなさい。私の広大な力と限りないあわれみに頼るように。あなたに説いたように説きなさい。掟 1 の心を守るように。

言うべきことをすべて、思い出させよう。

(それから、キリストはフランスに向けたこのメッセージを下さいました。)

この日々、私は深い悲しみを表すために、荒布をまとっている、私の長女 2 を探し求めて退いたことに気づいたであろう? 今日、あなたを探すために私が退いたとすれば、それは、その名が真のものであるかどうか試すためである。私の愛を広める者として、あなたを最初に選んだ。あなたは私の自慢、誇りとする者だった、あなたがどれほど従順だったか、決して忘れることはない。──あの頃の全き熱意を、どうしてしまったのか? 私はかつてあなたの心を魅了していた、わずか昨日までは受けていたすべての恵みを、どうして忘れてしまったのか? あなたは、私の教会─の─娘よ、私の王国を受け継ぐ者。ある約束によって 3 私の聖心への信心を吹き返すように、あなたのもとを訪れた。

御父─からの─贈物よ! 一度は私の利益の護り手だった者よ、こう言わせないでほしい。「私の領土は他の者の手に渡ってしまい 4 、そこでは管財人がひしめき合っている、今までの席を私の霊に許す代わりに、今や肉の者たちが私の席を支配している。」もう一度、私のもとに戻ってきて、心を正しなさい。御父のみ前で悔い改め、罪を認めなさい、そうするなら私は、その改悛の叫びに応えよう。

  1. すなわち、愛。「愛ゆえに愛をもって伝道しなさい。」
  2. フランスに授けられた称号。
  3. フランスは、聖心に忠実であることを約束しなければなりません。
  4. 売られて。