あなたはまだ走り終えていない 私は再臨を早める決心をした

1995年3月31日 ノート77

(日本──大分)

私が闇に閉ざされ、
罪の牢獄に膚となって、
霊魂は陰鬱な顔をした影におびえ、
そしてあなたの永遠の光から追放され、
忘れ去られたまま、
この場にとどまるかと思えたそのとき、
あなたは眩くも輝く千の太膓のように、
その栄光から下ってこられ、
恐怖に満ちた私の夜闇を照らし出されました。
突然、そこにはどなたかが立たれ、心が希望で高鳴ります。
顔には息吹を感じ、目が開いて。
見えないはずの神が見えてきました。
清さそのもの、輝きと荘厳に満ちたそのお方と対面していると、
私は存在しはじめたのです。
全能なる方の息吹は私を立ち上げ、
放縦は消え去りました。

塵と灰よ、今やあなたに肉の心を与え、生きた霊を注いだ。こころが深い忘却の中に落ちこんでいたあなたを、慈悲なる私は、助けにおとずれて救い出し、癒やした。私は言った:「私は、彼女の花婿、教育係り、保護者となり、彼女は私の花嫁、教え子、子どもとなろう、そして、私は彼女の手を取って、驚くべき道を引いていく。その足はサファイヤの上を歩こう。寂しい谷間を歩むときは、彼女の星明かりとなりそして迫害され追いつめられた彼女の、鞭と杖になろう。砂漠や谷間を渡ろうが、決して飢え渇かない、私が彼女の杯となり、私の体はその食物となる。彼女の集いでは、私がその賛美と歌のテーマとなろう」

さて、私の好みの子よ、勇気を、まだあなたは走り終えていない、だが最後まで私がともに走っている、手に手を取って1。平和でいなさい、そして日ごとに教え噂かせなさい! 私は弟子たちを教え導いて形造った、その彼らを私のみことばで養ったように、あなたの育て親は、あなたを養う。私の聖霊をもって、すべての悪を避ける道を教える。これからも私に学んでいきたいか?

はい、主よ。

よかった。では学ぶだろう。これからも教えを、預言のようにして注ぎ出す……私は教えるのを喜びとする、特に私を喜ばせようと子どものように熱心で、気だてがよく、私に頼るしかないあなたのような霊魂を! そのような霊魂を悦びとする。最後に、ひとこと、私のメッセージに関してつけ加えたい。私は来臨を早める決心をした。あなたのもとに戻ってくるまで、それほど長くは待たせない。多くの人はこれを信じるのを拒むが、それが起きたなら信じよう。しかしそのときは私を受け入れる備えが心にないだろう。私の再臨はさし追っている。それゆえ、私の娘よ、聖霊を通して御父と私の与えた仕事を、いそいで完成させるようにと気遣った。私の宝よ、あなたのほうで遅れることなく、私にこれからも書き下ろさせなさい。あなたには大きな愛を抱くがゆえ、心を正して私の喜びとなるように手助けしよう。見ただろう? 運営の仕事からあなたをいかに解放したかを、見ただろう? 今や私だけのためにあなたはいる。私が呼ぶと、あなたは準備ができているだろう。もはや反キリストの出現を前に、残りのメッセージはてきぱきと与えよう……

その人が現れたならどうやってつづけましょう?

三日三晩あまりは、望むようにつづけられなくなる2。だが第六の封印を私自身の手で開いたとき、この沈黙は破られる3。歓びなさい、もう直ぐしたら、ともになろう! 私の声が届き、敵は震え上がって胸を打つ。

私はゲツセマネで苦しんだと同じように、今日もともに苦しんでいる。

来なさい、ヴァスーラ、私には栄誉と賛美をくれた4。その上、手を用いて書く時間も与えてくれたがゆえ、あなたを祝福する。

<読者が理解するためのメモ>

「三日三晩ほど」黙示録11章11節「三日半が過ぎると、神から出たいのちの息が二人に人り、彼らは立ち上がった……」この箇所は二人の証し人、二人の預言者たち、エリヤとモーセに関するものです。そしてエリヤとモーセに与えられたと同じ奉仕職のうちに、二つの御心、聖マリアの汚れなき御心とイエスの聖心は今日私たちに預言をしておられます。エリヤは預言の霊を現し、洗者聖ヨハネがエリヤと同じ霊のうちに現れたと同様、主の訪れにそなえるものでした。モーセは法を現しています。

三日半は、反キリストが支配する期間で、天からのあらゆる預言は沈黙させられます。「一時期、二時期、そして半時期たって、聖なる民の力が全く打ち砕かれると、これらの事はすべて成就する」(ダニエル12・7)

「だが第六の封印を私自身の手で開いたとき、この沈黙は破られよう」

これが反キリストの力が及ぶ三年半の終焉となるでしょう。

「三日半が過ぎると、神から出たいのちの息が二人に入り、彼らは立ち上がった。これを見た人々は皆非常な恐怖に襲われた。それから二人は、天から、<ここに上ってこい>と言う大きな声を聞いた。そこで、二人は、敵の見ている前で、雲に包まれて天に上っていった。そのとき大地震が起こり、町の十分の一が倒れた。この地震で、七千人(すなわちあらゆる階級から大勢の人)が死んだ。生き残った人々は、恐れおののいて、天の神に栄光を帰した」(黙示録11・11-13)

「見ていると、小羊が第六の封印を解いたとき、激しい地震が起こった。太陽は毛の荒布のように黒くなり、月は全面血のようになった……」(黙示録6・12)
「私の声が届き、敵は震え上がって胸を打つ」

「敵はもろもろの山や岩に向かって言った。<私たちの上に倒れて、玉座に座っている御者の顔から、また小羊の怒りから私たちを隠してくれ。>」(黙示録6・16)

私はこの民をめとる 日本のためのメッセージ

1995年3月30日 ノート77

(日本──東京)

わが主よ?

天より、聖なる栄光に満ちたお住まいより、見おろしてください。

私は今ここであなたの子どもたちの間にいます、けれどもなんと多くが、あなたを本当に思いやり深い父親としては知らないままでしょう。

お父さま、み名が知られますように、
あなたは私たちの父親ですので、子どもたちをあなたの霊をもって道案内してください。

今や天を開き、私たちのもとにおいで下さい。
国中が、あなたの現存を前に、心動かされ、彼らを囚えている罪の力を手放すでしょう。

あなたの現存を前に、この民も娶られて、「花嫁」と呼ばれるようになるでしょう。

そう! 私はこの民をめとる、いたわりと愛をもって娶り、やがて彼らは声を一つにして私の名を、悦びをもって宣言しよう。

「私たちの父よ!」と。

こうしてこの地すべてが 私と婚姻を結ぼう……「花婿が花嫁を喜びとするように 私はあなたを喜びとする1

(後ほど、イエスが話されました)

日本の私の子どもたちのために祈りなさい。こう書いて伝えるように。

あなたたちの時代、この暗やみの時代に、私は私の聖なる顔を皆に現した、私の現存を思い出してもらいに来たのは、裁くためではない、あなたたち皆を、私の聖心に引き寄せるため! 私は、目の見えない人には見える力を与え、見えていると言う人からは、見る力を取り上げるつもりです。心を開いて私に話しかけなさい。私の名はイエス、そしてイエスとは「救い主」を意味する。

もうすぐ、本当に間もなく大勢の天使をともない、私はやって来る、そう、再臨は迫っている。周りをよく見なさい、私の印に気づかないか? 私を怖がらないでほしい、私は唯一の真理。あなたが天国に行く道。ありのままのあなたで、私のもとに来なさい、聖人になるまで待つのではない、こうは言わないように、まこと愛する日本の人びとよ:「私は言葉が出せない、出せたとしても、聞いては下さらない」と。私は今、あなたの戸口に立っている、与えようと、私の心を手に持って。

私は聖心、あなたたち皆に新しい愛の讃歌をつくった。慈悲は今下るのです、私を探したことなく、私を全く知らないあなたたち皆も聖人たちの集いに加わるようにと招いて。聖書ではこう言っている:「神は人を分けへだてなさらない、どの国の民でも、神を畏れて正しいことを行う人は、神に受け入れられる2」。

私が柔和でおだやかな神だとは知らなかったか、ゆるすにはやく、慈悲に溢れていると? 自らをふさわしくない者とするあなたの心根が私を引きつけるのです。私はすべてであって、あなたの面倒をみるがゆえ。あなたの届かない手を見て私は天から身をかがめ、その手を引き上げずにはおれないのです。それゆえ心に、私を入らせてほしい、私の栄光であなたを飾ろう! 私を探しなさい、そうするなら見いだす、叩きなさい、戸は開かれる。

たとえあなたが:「主の御心に踏み込むなど、とうてい私にはできない」と言おうと、私は言う:「あなたは私の子ども、私のものであって私が蒔いた種子。私に属するのであって誰のものでもない。あなたは私に由来し、誰から来たのでもない。それゆえ、私の心の中にいてほしい」─そう、まだ私を探していなかったかも知れない、だが私はあなたを見いだした。これが、私の子、日本よ、あなたへのメッセージ。

あなたを祝福し、額に私の愛の溜息を残す。

イクトゥス