聖なる生き方をし、もっと祈りなさい

1995年8月1日 ノート80

私の主、私の神よ、
あなたの聖なるみ顔の輝きを現して下さい。
栄えある造り主よ、
あなたが私に射る矢は、私をあなたから逃げ出させはしません、
それどころか、私はここにいます。
お声を聞きたくてたまらずに。
おいで下さり、私の飢えを満たして下さい!

娘よ、私のものはすべてあなたのもの。愛している。決して私の愛を疑わないように。私を愛するなら、あなたは生きる。聖なる生き方をして、もっと祈りなさい。

悪魔は飽くことなくあなたを攻撃し、誘惑してくる。そこで常に目覚めていなさい、そして書くのに疲れてしまわないように。祈りから決して離れず、絶え間なく私と共にいなさい1私はいつもあなたと共にいて、決して離れることはない、だが、娘よ、あなたも同じようにしてほしい。家族と過ごすこの日々2、あなたに多くは求めないし、長いメッセージを受け取るようにと呼び出すこともない、ただ友情、愛と、時おり私に注意を向けてくれること、私を忘れていないことを示す一言を求めている。

見よ? ヴァスーラ、迫害する者たちを気にしないように。この世に属するものごとを気に病まないように、その一切は過ぎ去るが、私のあなたへの愛は永久に留まり、永遠に変わらない。私の子羊よ、世は私を憎んだ、今あなたを憎んでいるように、しかしそれはこの世のことに過ぎない、そしてこの世は過ぎ去ってしまう!

さあ、私のそばに留まりなさい、そしてあなたを愛している私の母のそばに! 私たちの平和を与えよう、私たち、共に?

『神のうちの真のいのち』の読者の会を設立するのは私である

1995年7月31日 ノート80

「私はある」が共にいる、そこで今度はあなたを通して、私の名に誉れとなる賜物を用いさせてほしい。この賜物は、私の子よ、多くの人を連れ戻した。そこであなたに平和! そう! あなたの要望に答えよう、──日本1に関して。皆に与えた恵みのうちに、あなたたちはともに、私のメッセージによる癒やしの力を分かち合ってきた。

神のうちの真のいのちの読者の会を設立するのは私である。与えているメッセージに関しては協力し合うようにと、私は御父に祈りを捧げる。あなたたちは皆私のわざを分かち合い、擁護しているのだから、私の心に場を占めている。

サタンは嫉妬し、皆を小麦のようにふるいにかけたいと願ったが、それは失敗に終わる。そこで祈りを武器として、堅く立ちなさい。互いに思いやり、寛大に接しなさい、私が忍耐しているように、互いに忍耐し合ってほしい。御父がこの時代に寛容なように、互いを容認しなさい。ゆるしを求められたなら、私がゆるすときのように、喜んで互いにゆるし合いなさい!

私のために働くなら、苦難は必ず来ると警告しておいた。あなたたち一人ひとりがそれを見いだした。しかし失望してはいけない、私に忠実である限り、私はあなたと共にあるのだから、私に信頼しなさい、あなたに力と勇気と希望を与え続けよう。

さて、聞いて理解しなさい。私の聖霊はこの仕事をはっきりとこう名づけた、『神のうちの真のいのち』と。だが、だます霊に耳を貸して聞き従った人たちもいる……神に任されたすべての仕事の面倒をよくみて、分裂をもたらす論争からは離れなさい。見えないか? 悪霊の働きが識別できないか? 聖霊が、以前よりさらに何を与えておられるかをもっと思いに留めなさい、私の恵みから迷い出してはいけない。こうした展望のもとに最善を尽くし、調和と平和、いたわりと理解をもって働きなさい。

親愛なる友人たちよ、覚えておきなさい。有害な噂のもとになるのを自らに許し、聖霊のわざを壊してはならない。言っておく、霊のうちに歓喜し、聖霊のやり方を追い求めなさい、そうするなら聖霊はその愛を反射させ、あなたたちの熱心さと一致と喜びを守られよう。

イクトゥス