ヴァスーラ、秋田のメッセージがファチマの第三の秘密であることを証言する

2017年2月19日 お知らせ

 

「1992年11月26日1私は秋田での国際マリア会議に、他の人々と一緒に招かれました。ルネ・ローランタン神父とマイケル・オーキャロル神父がおられ、他の司祭方、それからヴィダル枢機卿もいらっしゃいました。伊藤司教は秋田のメッセージとシスター・アグネス(笹川)について私たちに伝えたいことがあり、本当にびっくりするようなことを言われました。

伊藤司教が調査のために秋田のメッセージをローマに持って行かれた時、ラッツィンガー枢機卿とお会いされました。シスター・アグネスとそのメッセージについて話すと、ラッツィンガー枢機卿は『それを読み、何ができるか考えるので、置いていくように』と言われました。

伊藤司教は、ラッツィンガー枢機卿は通常通り調査団を送ってよこすだろうと考えていました。枢機卿はご出現があった場所にいつも調査団を送っていたからです。翌日、司教がラッツィンガー枢機卿のところに行くと、『私たちは調査団を送らない。専門家も必要ない』と言って、司教を驚かせました。伊藤司教が『どうしてですか?』と聞くと、枢機卿は『なぜなら、秋田のメッセージはファチマの第三の秘密だからだ。だから調査する必要はない』と答えられたのです。これが枢機卿の言われたことです。

分かりますね、この話を聞いた時、私たちはもちろん『ワオ!』と言いました。それはファチマの秘密なのです。お分かりの通り、私たちはこれを他の情報源から聞いたわけではありません。『伊藤司教がこう言っていたらしい』というような話であれば、私は信じなかったでしょう。ですが、私は伊藤司教自身の口からこれを聞いたのです。他の人々と一緒に。『調査は行われない。必要ない。これはファチマの第三の秘密とほぼ同じ言葉だから』と」

(敬称略)


  1. 記録によれば、同会議において、ヴァスーラは翌日27日にスピーチをしている。これは最初の来日であり、最初の日本でのスピーチに当たる。当時日本でヴァスーラを知る人はほぼいなかったと思われる。