7月の予定

2019年7月3日 (予定)

*詳細はお問い合わせください

○ベス・ミリアム東京(ホームレス支援事業)
日時:7月9日、23日(火)午前9時~12時半
*ボランティアは常時募集しています。参加日、時間は自由
場所:渋谷区初台 詳しくはお問い合わせください
内容:調理、ホームレスの人々への炊き出し

○八王子『神のうちの真のいのち』を読む会
日時:7月26日(第4水)午後1時半~
場所:八王子市内 詳しくはお問い合わせください

○四谷の祈りの集い
日時:7月6日(初土)午後1時~3時半
場所:新宿区四谷
内容:ロザリオその他の祈り、ゆるしの秘跡、ミサ(ヨキエル神父・パウロ神父)

○伊東の祈りの集い
日時:7月9日(第2火)午後1時~
場所:伊東市内
内容:ロザリオその他の祈り

○今市の祈りの集い
日時:7月27日(第4土)午後1時~ゆるしの秘跡、1時半~祈り
場所:今市市内
内容:ロザリオその他の祈り

○米子の祈りの集い
日時:7月7日(第1日)午前11時半~
場所:米子市内
内容:ロザリオその他の祈り

○鳥取の祈りの集い
日時:7月21日(第3日)午前11時~
場所:鳥取市内
内容:ロザリオその他の祈り

○北九州の祈りの集い
日時:7月13日(第2土)午前10時~
場所:北九州市内
内容:ロザリオその他の祈り

○沖縄の祈りの集い
日時:7月18日(第3木)午後1時~
場所:那覇市内
内容:ロザリオその他の祈り

2017年のロシア巡礼の映像

2019年6月10日 (お知らせ)

2017年のロシア巡礼の映像がYoutubeにアップされました。こちらからご覧ください。

エルサレムの聖墳墓教会 今年の復活徹夜祭の聖火の奇跡 

2019年4月28日 (お知らせ)

2019年4月27日土曜日、エルサレムの聖墳墓教会では復活徹夜祭を迎えました。復活徹夜祭では、キリストが葬られた墓の中で司祭が祈ると、マッチやライターを使わず、奇跡的に火が点ります。この火をロウソクに受け渡していくのですが、動画の中でご覧になれるように、人々はこの火を顔やひげにあてたり、手をかざしたりしています。この聖火は通常の熱い火ではありません。ロシアの科学者が調査したことがありましたが、説明することができませんでした。4世紀の古文書にもこの奇跡の事が書かれており、それによれば、キリストの復活の後2000年にわたって、毎年この奇跡が起こってきたと考えられます。聖火の奇跡は正教徒の間ではよく知られていますが、西方の教会にはまったく知られていません。





この火が通常の火ではないことを証しする男性

ヴァスーラからの手紙 2019年4月2日

2019年4月3日 (お知らせ, 巡礼)

(上記の動画は2009年のギリシャ巡礼の模様です)

ヴァスーラは以下の手紙で、今年のギリシャ巡礼への参加を勧めています。登録や支払いに関する情報はこちらを参照してください。早めに登録していただくようお願いします。また可能であれば、早くても遅くなってもかまいませんので、支払いを済ませてください。ありがとうございます。

*巡礼を含め、「神のうちの真のいのち」の活動はすべて、ボランティアによって非営利で運営されています。


「神のうちの真のいのち」の友人の皆さん

私たちはこのところ、ギリシャで再度行われる大きな巡礼の準備のために、とても忙しくしています。そしてこの奉仕を主に献げることは、何にも勝る喜びです。そうすることで、愛と平和、和解と一致のメッセージは、神の誉れあるご意向を遠くまで、広く世界に届くように伝えるのです。この巡礼を準備するために働く私たちは、一致のために働き、非常に多くの国々から、あらゆる宗派の方々を集めて、私たちの愛を互いに伝えることを喜んでいます。多くの方々が既に登録されていることを、私も嬉しく思っています。

私たちの主は、私たちのプライドと罪深さのためにいまだに主の心を悩ませているこの分裂によって、私たちが苦しむようにとは決して言われません。そうではなく、私たちが失ったために別れ別れになってしまったものを取り戻しなさいと言われます。私たちは失ってしまったものを取り戻せるでしょうか? 平和と愛を勝ち取り、私たちの人生にそれを取り戻すことができるでしょうか? 私たちは互いに真に一致し、和解できるでしょうか? できます! 私たちは一致できるのです、私たちが神から出た者であるという出自と道徳的価値を思い出すことによって、愛することを学びさえするなら。これが私たちの巡礼のテーマ「互いへの神的な愛は、私たちを神のうちの一致へと共に結び付ける」の所以(ゆえん)です。

私たちは生ける神の映しとなることを思い出さなければなりません。あるいは不純さの痕跡がない、偏見の痕跡のない、復讐心の痕跡のない、憎しみの痕跡のない聖人たちの映しへと。このようにして、私たちの戦いは、私たちの巡礼の集まりにおいて神的な愛を教えるでしょう。

いま一度、共に訪れて和解のために祈り、神の一致への緊急の呼び掛けに対する私たちの無関心と無気力、冷淡さをゆるしてくださるよう神に願い、神が私たちの心を一致の道へと導くにまかせましょう。私たちは、多くの人びとが心から祈った時の祈りの効果と力を知っています。イエスがある時メッセージで言われたように。

私のヴァスーラ、人間のあわれみには限界があり、私ほどに与えることはできない。しかし私のあわれみは命あるすべてのものに及ぶ。私は戒め、正し、教え、彼らを優しく群れへと連れ戻す。

──議論が激するのを静めるのは、優しい言葉なのでしょうか?

そうだ。愛を込めて発せられた言葉は、状況全体を変えることができる。戦争すら止めることができる。氷を溶かし、嵐を静め、火を消すこともできる。聖書にはこう書かれている。「反抗する者を優しく教え導かねばなりません。神は彼らを悔い改めさせ、真理を認識させてくださるかもしれないのです。こうして彼らは、悪魔に生け捕りにされてその意のままになっていても、いつか目覚めてその罠から逃れるようになるでしょう……(二テモテ2・25-26」」
それゆえ、親切な言葉は金一片にも勝る価値がある2003年5月31日

皆さんとお会いできることを希望しています。マラナタ(主よ来てください)……

キリストの愛のうちに
ヴァスーラ

4月の予定

2019年4月2日 (お知らせ)

場所等、詳しくはお問い合わせください。

○ベス・ミリアム東京(ホームレス支援事業)
日時:4月2日、16日、30日(火)午前9時~12時半
*ボランティアは常時募集しています。参加日、時間は自由
場所:渋谷区初台 詳しくはお問い合わせください
内容:調理、ホームレスの人々への炊き出し

○ベス・ミリアム大阪(ホームレス支援事業)
日時:4月6日(土)午後3時~
場所:大阪府大阪市西成区萩之茶屋1丁目3番44号
JR・南海 新今宮駅西口より徒歩1分
内容:ホームレスの人々への炊き出し

○八王子『神のうちの真のいのち』を読む会
日時:4月24日(第4水)午後1時半~
場所:八王子市内

○四谷の祈りの集い
日時:4月6日(初土)午後1時~3時半 *今年から時間が1時間早くなります
場所:四谷
内容:ロザリオその他の祈り、ゆるしの秘跡、ミサ(ヨキエル神父・パウロ神父)

○伊東の祈りの集い
日時:4月9日(第2火)午後1時~
場所:伊東市内
内容:ロザリオその他の祈り

○今市の祈りの集い
日時:4月27日(第4土)午後1時~ゆるしの秘跡、1時半~祈りと講話(菅原)
場所:今市市内
内容:ロザリオその他の祈り

○米子の祈りの集い
日時:4月21日(第3日)午前11時半~
場所:米子市内
内容:ロザリオその他の祈り

○鳥取の祈りの集い
日時:4月7日(第1日)午前3時~
場所:鳥取市内
内容:ロザリオその他の祈り

○北九州の祈りの集い
日時:4月13日(第2土)午前10時~
場所:北九州市内
内容:ロザリオその他の祈り

○沖縄の祈りの集い
日時:4月18日(第3木)午後1時~
場所:那覇市内
内容:ロザリオその他の祈り

第12回「神のうちの真のいのち」超教派ギリシャ巡礼 

2019年2月14日 (お知らせ)

今年のギリシャ巡礼の登録が始まりました。詳細はこちらをご覧ください。

第12回「神のうちの真のいのち」超教派ギリシャ巡礼

教会一致祈祷週間始まる、ヴァスーラ77歳の誕生日

2019年1月18日 (お知らせ)

本日1月18日はヴァスーラの誕生日です。ヴァスーラは1942年1月18日生まれ、今年で77歳になります。同時に、今日は教会一致祈祷週間の初日でもあります。これは偶然ではありません。神はヴァスーラが生まれる以前から、彼女が一致のために働くことをご存じだったと言われました。「現代の預言者」の誕生を記念し、一致のために祈りましょう。

下記は今年の教会一致祈祷週間に関する資料(カトリック中央協議会Webサイトにリンクしています)です。これを使って祈ることもできます。

2019年キリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日)

2019年 一致祈祷週間 集会開催地

▼一致のメッセージ

1991年10月7日

1991年10月14日

▼復活祭の日取りの一致

「兄弟よ、くる年もくる年も耐えている痛みを、またこの季節も忍ばなければならないのか? それともこのたびは休ませてくれるだろうか? あなた方の分裂の杯を、もうひと季節飲まなければならないか? それとも私のからだを休息させ、復活祭の祝日を、私のために、統一してくれるだろうか?

あなた方が復活祭の日取りを統一することによって、私の痛みは和らぐ、兄弟よ、そしてあなた方は私のうちに歓喜し、私はあなた方のうちに歓ぷ。そして多くの視力が取り戻されるであろう。「愛する御方! 私の創り主よ! 私の夫であるこの方は、人間の手のわざではなし遂げえないことを啓示された!」 ひとたびあなた方の視カが回復したなら、私の名によってこう叫ぷであろう。

──そして私はあなたを訪れる──

私は厳粛に言う、呼び集め、皆集い、今こそ牧者の声を聞きなさい、あなたの行くべき道を導いて行く。地の果てまで私のメッセージを届けなさい、勇気を、娘よ、私が微笑むときには微笑むように。あなたとともにいて、天国への道を案内する」(1991年10月24日)

「兄弟たちよ、私のからだの一致を保つために、力を尽くしているだろうか?」(1990年3月10日)

「復活祭ごとに私は、あなた方による分裂の杯を押しつけられ、その杯を飲まされている。……彼らが復活祭の日取りを一致させるまでに時間がたてばそれだけ、この時代は厳しい裁きを受ける」
(1994年5月31日)

「私の地上の王国は私の教会、そして聖体は私自身が与えたもの、その教会のいのち。──私は一つの教会をあなた方に残した、しかし去っていった途端、御父のみもとに行くために背を向けるや、たちまちあなた方は、私の家を荒廃させてしまった! その残骸は見る影も無く! そして私の羊の群れは右往左往している……

あなた方の分裂の杯を、あとどれだけ飲めばよいか? 災いと破壊に満ちた杯を」(1991年11月14日)

インドの慈善事業の進展、ヴァスーラのバングラデシュ訪問の費用

2019年1月18日 (お知らせ)

▼インドの慈善事業の進展

1月13日にインドに252,105円を送金しました。これにより、先月の支援の意向のうち、実現できなかった新しい学校の制服も孤児たちに贈ることができました。新学期が昨日17日から始まったということで、子どもたちは新しい制服で学校に行ったと思われます。また多少余ったお金で、学校で使うノートも買ったということです。これは116人全員ではなく一部の子どもたちだけです。写真が届き次第、ご紹介します。

▼ヴァスーラのバングラデシュ訪問の費用についてご報告

昨年11月に、ヴァスーラより以下の手紙がありました。

「ヴァスーラからのこの手紙は、全世界の『神のうちの真のいのち』の読者の会の運営委員会に伝えるよう、連絡人宛てに送っています。

親愛なる『神のうちの真のいのち』の読者の会の皆様

来年2月、私は「神のうちの真のいのち」の業績に対して平和金賞を受賞するために、再度バングラデシュに招かれています。仏教僧だけではなく、その他の宗教に献身されている方々に対してもスピーチをします。

この宣教旅行のための、私と私の随伴者の旅行費用とチップ代を支援してくださる読者の会がありましたら、ギリシャの読者の会の口座宛にお願いします。私は1週間現地に滞在します。感謝します。神の祝福がありますように。

キリストのうちに
ヴァスーラ」

この手紙を受けて、日本の読者の会からは1月7日に5万円をギリシャに送金しました。その後、本日18日、以下のような報告がありました。

「昨年11月にお伝えした上記の支援のお願いに関して、ヴァスーラは要請に応えてくださったすべての読者の会に感謝しており、いただいた支援はバングラデシュへの旅費として必要な額を超えたことを確認しました」

「神のうちの真のいのち」マガジン刊行

2019年1月13日 (お知らせ)

「神のうちの真のいのち」マガジン(国際版・英語)の2018年12月号が刊行されました。昨年以来の日本ーインドの慈善事業が特集されており、表紙も現地の水を汲む女性の写真です。写真付きで、記事の内容はこれまで日本語でお知らせしたものとほぼ同じです。写真をクリックすると内容を読むことができます(すべて英文です)。

インド・グントゥール市の孤児たちのクリスマス

2019年1月7日 (ベス・ミリアム)

記事をご覧になるには、写真をクリックしてください。