イアヌッツィ神父のコメント

2021年2月20日 (お知らせ)

先日のユダヤの人々と一致する祈りについて、イアヌッツィ神父が以下のメールを送っています。

「なんという絶好の機会でしょう! 2月21日日曜日、世界標準時午後4時(日本時間22日午前1時)に、神が選ばれた民であるユダヤの人々が、私たちの傷ついた世界に癒やしと平和をもたらしてくださるようメシアに嘆願するのです。聖ヨハネ・パウロ二世はユダヤの人々のことを「私たちのアブラハムの信仰における兄」と呼び、決して破られず、破らせられることもない最初の契約の民、教会に愛された兄」と呼んでいます。

聖パウロは思い出させます。「そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです(ガラテヤ3・28)」。

同じく世界中でちりぢりになった神の子どもたちである私たちキリスト者も、キリスト・イエスへの信仰のうちに一致して、声を一つにして高く上げ、癒やしをもたらすメシアの平和の現存を祈願し、感謝することができますように。私たちはこのメシアがイエス・キリスト、神の子、救い主である事を知るに至り、信じているのです。

シェマー(の祈り):「聞け、イスラエルよ。我らの神、主は唯一の主である。あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。今日わたしが命じるこれらの言葉を心に留め、子供たちに繰り返し教え、家に座っているときも道を歩くときも、寝ているときも起きているときも、これを語り聞かせなさい。更に、これをしるしとして自分の手に結び、覚えとして額に付け、あなたの家の戸口の柱にも門にも書き記しなさい。」(申命記6・4-6)

新しい小冊子『時の終わりの預言』3月31日発売

2021年2月18日 (お知らせ)

ヴァスーラの新しい小冊子『「神のうちの真のいのち」のメッセージにおける時の終わりの預言』(三恵社)が2021年3月31日に発売されます。

(この動画には日本語字幕がありますので、字幕スイッチをオンにして御覧ください)

メシアへの祈り──ユダヤの人々の祈りに加わりましょう、ズームミーティング

2021年2月17日 (お知らせ)

ヴァスーラは、私たちの兄弟であるユダヤ人の方々の祈りに、『神のうちの真のいのち』の読者も加わるように求めています。世界中のユダヤ人の方々に対して、メシアの到来のために嘆願するように呼びかけがなされています。

以下はヴァスーラからのメッセージです。

世界中のユダヤ人の兄弟姉妹たちが、目を覚まし、メシアの到来のために嘆願するようにという呼びかけを受けています。彼らが選んだのは2月21日(日)の午後4時(日本時間では21日の深夜、22日(月)午前1時)です。彼らは世界中で一致して、メシアの到来のために祈るのです──世界に平和をもたらし、癒やしてくださる「メシア」を、いよいよ送ってくださるように求めて。

私たちキリスト者は、すでに来られたイエス・キリストがメシアであることを知っており、そう信じていますが、『神のうちの真のいのち』のメッセージにおいてイエスは、ご自身の再臨を繰り返し告知され、それは目前に迫っていると言われています。ですから、2月21日の日曜日に、ユダヤ人の兄弟姉妹たちの祈りに私たちも加わり、心を合わせましょう。彼らはメシアを送ってくださるように神に嘆願します。私たちはその間、光栄のうちに再臨してくださるよう、パルシア(παρουσία 再臨を意味するギリシャ語、黙示録22・17-20)のためにイエスに嘆願するのです。そうすれば、イエスの心が動かされるのではないでしょうか?

こちらの動画を御覧ください(英語のみ)。

キリストのうちに
ヴァスーラ

キリスト者のための祈り

最初に主の祈りを唱えます。

宇宙の主人であり、神であられる主よ、
あなたの子である私たちは、この瞬間に、世界中で一致して、あなたに呼び求めます。
恵みと優しさをもって、私たちの祈りを聞き入れてください。
あなたの日々の祝福に心から感謝いたします。
十字架の上で私たちをあがなうために、来てくださったことに感謝します。
そして私たちの罪をおゆるしください。
あなたが憐れみのうちに戻ってきてくださいますように、今乞い求めます。
私たちをこの長い苦しみから引き上げ、世に平和をもたらし、癒やしてください。
あなたをまだ知らないすべての人々に、来臨によって、あなたの聖なる御名を現してくださるよう切に願い求めます。
御国が来ますように!

……マラナタ!

*上記の時間にズームミーティングを行います。

22日(月)00:50〜01:30くらいまで

https://us02web.zoom.us/j/8463857117?pwd=ejJZYjFYRWd4WjNNMWw1VFoxQVZnQT09

ミーティングID: 846 385 7117
パスコード: 851128

ギャヴィン・アシェンデン氏のためにお祈りください

2021年1月24日 (お知らせ)

元エリザベス女王の聴罪司祭、聖公会の主教であり、最近カトリックに改宗した著名なギャヴィン・アシェンデン氏は「神のうちの真のいのち」の長年の読者であり、私たちの友人です。氏が最近、コロナウイルスに感染し、体調が悪いというニュースが届きました。お祈りください。

ヴァスーラよりお礼の手紙

2021年1月19日 (お知らせ)

イエスの友人の皆様へ

私の誕生日にいただきました励ましと愛のメッセージ、祈りとミサの意向の全てに対して、皆様に心からの感謝と愛をお伝えしたいと思います。

私たちは偉大な贈り物である『神のうちの真のいのち』を決して忘れてはなりません。そして主が言われたように、主が私たちを主のものとし、この時の終わりの主の弟子とするために、めんどりのように主の羽のもとに集められたことを忘れてはなりません。

そしてまた、決して勇気を失うことなく、キリストが腕を広げて待っておられる最終ゴールに到達するために、共にこのレースに勝つという決意を失わないアスリートの霊を持ちましょう。主が皆様に平和と祝福をお与えくださいますように!

キリストのうちに
ヴァスーラ

*今週の土曜日はパウロ神父様がヴァスーラのためにミサを献げられます

新1巻を会員向けに無料配布します

2021年1月19日 (お知らせ)

「ただで受けたのだから、ただで与えなさい」との言葉に従い、メッセージの本を欲しい人には無料で差し上げてください、というヴァスーラの意向がありました。そこで、読者の会の会員向けに、『神のうちの真のいのち』新1巻の無料配布を始めます。

・無料で配布する主な理由は、お知り合いや司祭に本を差し上げたいが、本の代価を支払うのは負担が大きいという方に、気軽に差し上げることができるようにということです。送料はご負担ください。

・こちらのフォームにお名前、ご住所、メールアドレス、お電話番号、必要な部数を記入していただき、ご注文ください。

・1月19日時点での読者の会の会員に限定させていただきます。転売目的での注文を避けるためです。また会員でない方も、会員の紹介があるか、ご相談いただければお送りできる場合もあります。ご相談は https://tlig.jp/contact/ からお問い合わせください。

・5冊から50冊までとさせていただきます。1冊、2冊のオーダーはお受けしません。

・着払いでゆうパックにて大阪よりお送りします。送料は受け取り時にご負担ください。

・代金の支払いは必要ありません。自由献金を希望される方は、金額は問いませんので、下記口座まで自由にお振り込みください。

ゆうちょ銀行 (金融機関コード:9900)
記号番号:00150-8-635469
店番:019
預金種目:当座
店名:〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号:0635469
口座名:一般社団法人TLIG日本(シヤ)ティーエルアイジーニホン)

ヴァスーラの誕生日 – 教会一致祈祷週間

2021年1月18日 (お知らせ)

本日1月18日はヴァスーラの誕生日です。ヴァスーラは1942年1月18日生まれ、今年で79歳になります。同時に、今日は教会一致祈祷週間の初日でもあります。これは偶然ではありません。神はヴァスーラが生まれる以前から、彼女が一致のために働くことをご存じだったと言われました。「現代の預言者」の誕生を記念し、一致のために祈りましょう。

下記は今年の教会一致祈祷週間に関する資料(カトリック中央協議会Webサイトにリンクしています)です。これを使って祈ることもできます。

2021年キリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日)

▼一致のメッセージ

1991年10月7日

1991年10月14日

▼復活祭の日取りの一致

「兄弟よ、来る年も来る年も耐えている痛みを、またこの季節も忍ばなければならないのか? それともこのたびは休ませてくれるだろうか? あなたたちの分裂の杯を、もうひと季節飲まなければならないのか? それとも私の体を休息させ、復活祭の祝日を、私のために統一してくれるだろうか?

あなたたちが復活祭の日取りを統一することによって、私の痛みは和らぐ、兄弟よ、そしてあなたたちは私のうちに歓喜し、私はあなたたちのうちに喜ぶ。そして多くの視力が取り戻されるであろう。「愛する御方! 私の創り主よ! 私の夫であるこの方は、人間の手の業ではなし遂げえないことを啓示された!」 ひとたびあなたたちの視力が回復したなら、私の名によってこう叫ぶであろう。

──そして私はあなたを訪れる──

私は厳粛に言う、呼び集め、皆集い、今こそ牧者の声を聞きなさい、あなたの行くべき道を導いて行く。地の果てまで私のメッセージを届けなさい、勇気を、娘よ、私が微笑むときには微笑むように。あなたとともにいて、天国への道を案内する」(1991年10月24日)

「兄弟たちよ、私の体の一致を保つために、力を尽くしているだろうか?」(1990年3月10日)

「復活祭ごとに私は、あなたたちによる分裂の杯を押しつけられ、その杯を飲まされている。……彼らが復活祭の日取りを一致させるまでに時間がたてばそれだけ、この時代は厳しい裁きを受ける」
(1994年5月31日)

「私の地上の王国は私の教会、そして聖体は私自身が与えたもの、その教会のいのち。──私は一つの教会をあなたたちに残した、しかし去っていった途端、御父のみもとに行くために背を向けるやいなや、たちまちあなたたちは私の家を荒廃させてしまった! その残骸は見る影も無い! そして私の羊の群れは右往左往している……

あなたたちの分裂の杯を、あとどれだけ飲めばよいのか? 災いと破壊に満ちた杯を」(1991年11月14日)

『神のうちの真のいのち』Kindle版1位獲得

2021年1月7日 (お知らせ)

『神のうちの真のいのち』第1巻Kindle版は、Amazonの売れ筋ランキングで現在「教会」部門で1位、「神学」部門で2位、「キリスト教入門」部門で8位です。

「神のうちの真のいのち」新訳版第1巻が発売されました!

2020年12月25日 (お知らせ)

神のうちの真のいのち 第1巻
三恵社 定価1,100円(税込)

長らく待たれていた『神のうちの真のいのち』新訳版第1巻が発売されました。
画像をクリックしますとアマゾンの販売ページに移動します。
全国書店、オンライン書店でもお求めいただけます。

インドの孤児たちへ、今年のクリスマスの贈り物

2020年12月14日 (お知らせ)

小教区の3つの教会のうちの一つ、最も貧しいカザの教会

 

インド、グントゥール市のジョージ神父より、以下の手紙をいただいております。いつの間にか毎年恒例になってしまいましたが、今年もインドの孤児たちへの贈り物のためにご寄付を募りたいと思います。


「神のうちの真のいのち」日本の読者の会の皆様へ

イエス・キリストの尊い御名においてご挨拶します。昨年は孤児たちの衣服のために2442ドル、食事のために2000ドルを寄付していただきました。今年の衣服の費用を計算したところ、ほぼ同額ですが、おそらく300ドルほど増えるかと思われます(約28万4千円)。店主からの見積もりの書面をお送りします。衣服の他に、食事のためには約2200ドル(22万9千円)がかかります。もし皆様からご支援いただけるのであれば、どうか彼らを助けてください。神がこれらの貧しい子どもたちを支援するために、寄付される方々を鼓舞してくださいますように。クリスマスに配給した後、領収書と写真をお送りします。

皆様にとても感謝しています。神が「神のうちの真のいのち」日本の方々を祝福してくださいますように。

キリストにおいて、敬具

ジョージ・ラジ・プリパティ神父
チャイナカカニ小教区主任司祭
インド、アンドラプラデーシュ州グントゥール市


【寄付金はこちらまでお振り込みください。振込料金はかかりません】

ゆうちょ銀行 (金融機関コード:9900)
記号番号:00180-3-300357
店番:019
預金種目:当座
店名:〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号:0300357
口座名:一般社団法人TLIG日本(シヤ)テイーエルアイジーニホン)

*送金後にお預かりした金額をご報告します。

以下はこれまでの孤児たちのクリスマスの写真です。

2018年

孤児たちの一人
新しい服をもらって誇らしい顔をするカザの孤児たち
チャイナカカニの孤児たち
ヴェニガンドラの孤児たち
豪華な食事に喜ぶ子どもたちと後見人たち
ブランケットを差し上げる神父

2019年

食事を祝福するジョージ神父