「マリア・ディバイン・マーシー」にご注意を

2013年3月19日

「マリア・ディバイン・マーシー」と名乗る偽神秘家がインターネットを通じて広めているメッセージに関して、二つの手紙をお送りします。一つめはジョン・アバートン神父から、二つめはヴァスーラからです。

ある人々が「マリア・ディバイン・マーシー」と呼ばれる偽神秘家に関わったために、『神のうちの真のいのち』にいま疑いを向けています。この人々の中には、新教皇フランシスコは偽者だと信じている方々がいらっしゃいます。ヴァスーラからの次の言葉が、立場を明確にすることができるように願います。彼らは私からは聞きたくはないでしょう──さあ、これはヴァスーラからです。教皇を偽者だと信じる人々は、誰も私たちの巡礼に来てはなりません。これもヴァスーラの意向です。もしあなたが祈りの集いに参加しており、こういった偽のメッセージを読んでいる人々を知っていたら、これを分かち合ってください。

ジョン・アバートン神父

分かりました。この人々は扇情的な物事、未来の出来事しか追い求めていません。これはセンセーショナリズム(扇情主義)と呼ばれます。ロサンジェルスにある女性がいらっしゃいました。この方はクレア・マンスール(ロスアンジェルス在住のオーガナイサー)さんとまさにこの件で言い争いになりました。「新教皇を偽者とするメッセージを宣言するとは、この『マリア・ディバイン・マーシー』なる女性は偽預言者だ」とクレアが言った時、この女性はクレアが聖霊を冒とくしているとすら言いました。私はクレアに「放っておきなさい、いつか目が覚めるでしょう」と言いました。二日後のことです、この女性は電話をかけてきて、自分は間違っていた、この教皇はとても聖なる方だと言ってきました。

私たち読者について言うと、この偽のメッセージを読むのは止めるべきです。「マリア・ディバイン・マーシー」なるこの女性は、自分自身の「メッセージ」を創作するために、ガラバンダル、『聖母から司祭へ』、聖ファウスティナと『神のうちの真のいのち』から拾い上げています。彼女の預言について言えば、私が『神のうちの真のいのち』でもう何年も前に書いたことです。この方はたかだか2010年に始めたにすぎません。彼女の隕石に関する理論はすべて、2006年に与えられた『神のうちの真のいのち』のメッセージの祈りと、2010年に私が書いた記事から取られたものにすぎません。

この方が偽物であることを示すわかりやすい事柄は、自身で宣言した名前の選択です。「神のいつくしみのマリア」、なんとまあ! 洗礼は教会の秘跡の一つですから、イエスは洗礼名を尊重してくださいますが。二つ目、新教皇が反キリストであり偽教皇だと言いますが、彼らはこの方の人柄がどんなものであるか、このわずか数日のうちにも見て取ることができないのでしょうか? 三つ目、私は彼にアルゼンチンでお会いしたことがあります。この方はとても優しく、控えめで誠実、謙遜なお方です。皆さんは彼の手から、どれほど素晴らしいものが出てくるかを見ることになるでしょう、もしも彼が復活祭の日付を一つにしたとしても私は驚きません。

人々の多くはしるし、興奮させる事件を追い求めています。自分自身の内面を見つめ、自分が何を抱いているかに目を向けることをせずに。この人々がある日主に出会うとき、彼らは主に何を差し出すことができるでしょう、空っぽの手で? この人々はこう言うかもしれません、「マリア・ディバイン・マーシー」は祈りを推奨しています、なぜいけないのですかと。そうしなければすぐにばれてしまうからです! それでもこういったメッセージを好むという人々には、私はこう言うでしょう、偽預言者に付いていきたいのなら、好きなようにさせておきなさいと。

この人々がこの教皇を見て自分が間違っていたことに気付いたとしても、『神のうちの真のいのち』に戻ってくるべきだと私は思いません。なぜなら、『神のうちの真のいのち』は彼らに適合しなかったからです。彼らは自分の心を変えるよりも、予言を探求するためだけにメッセージを読んできたということは間違いないからです。これは、イエスが私たちに下さったみ教えと親密な愛を彼らは尊ばなかったということを意味します。神父様、どうぞこのEメールをお望みのどなたにでも転送してくださってかまいません。

キリストのうちに
ヴァスーラ