その他

アメリカ福音ルーテル教会、ローマ・カトリックとの一致の宣言を承認

2017年5月30日 (その他)

アメリカの福音ルーテル教会(ELCA)は先週、ローマ・カトリックとの一致を宣言することを圧倒的多数の投票によって承認した。

Evangelical Lutherans Overwhelmingly Vote to Approve Declaration of Unity With Roman Catholics

ヴァスーラ、悪霊を追い出す

2017年5月23日 (その他)

ヒーリング・サービス中、黒魔術をかけられ、毒物(もしくは呪いをかけられた物体)を飲まされた男性がヴァスーラの祈りを求めた。隣には現地のエクソシストが共に祈っている。男性は最後に平和を取り戻した。2005年、イタリアのカタニアにて

直近のイタリアでの証しの模様

2017年5月19日 (その他)

直近のイタリアでの証しの模様です。

2026年までに「復活祭」の統一を

2017年5月18日 (その他)

「ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王、コプト正教会のアレクサンドリア総主教タワドロス2世、そして、世界正教会の象徴的指導者コンスタンディヌーボリ総主教のバルソロメオス1世は復活祭を統一して祝う方向で話し合いをもっているという。

「フランシスコ法王は昨年6月、ローマで開催された神父集会でキリスト教会の統一復活祭の決定への希望を吐露している。ウエルビー大主教は「タワドロス2世もそのような提案を支持、バルソロメオス1世とも共同祝日の設定で話し合った」と述べている。……」

2026年までに「復活祭」の統一を — 長谷川 良

『Ministry』の広告

2017年5月13日 (その他)

『天国は現実、しかし地獄も現実』の広告が雑誌『Ministry』5月号に掲載されます。

5月の四谷の祈りの集い

2017年5月8日 (その他)

5月6日(土)に行われた四谷の祈りの集いの模様です。30人ほどの方々が参加され、ルイ神父とヨキエル神父によるミサが献げられました。

三人の「教皇」たちと総主教

2017年5月4日 (その他)

メディアが無視した類を見ない出来事──三人の「教皇」たちと総主教が同じ場所に同席する機会がどれほどあるだろうか?

写真:セオドロス二世、フランシスコ、タワドロス二世、ヴァルソロメオス

訳註:コプト正教会とアフリカの正教会の総主教はそれぞれ「パパ Papa」という称号で呼ばれている。カトリックで言うところの「教皇 Pope」だが、日本語で「教皇」と訳すのが適切かどうかは意見が分かれるかもしれない。

記事ソース

ヴァスーラのシリア訪問

2017年3月6日 (その他)

ヴァスーラは2月末にシリアを訪問しました。首都ダマスカスにおける最初の講演では、教会内に電気が通っていませんでした。アレッポに向かう道は狙撃手がいることで知られる危険な道を通っていかなければなりませんでしたが、「イエスが望まれるなら、私たちはどこへでも行きます」。
アレッポでは夜間には爆撃音が聞かれていたそうで、人々は破壊がどのようなものであったかを証言しました。ホルムズはとても寒く、人々が電気と水なしで生きることがどれほど難しいかを目にしました。

主のご降誕おめでとうございます

2016年12月28日 (その他)

皆(ギリシャ正教会)がどう思おうと
「私は兄弟たちに御名を伝え、
集会の中であなたを賛美します(詩篇22:3)。」

娘よ、あなたたちの多くが平和への道、一致への道を知らないとしても、落胆しないように。私に希望を置きなさい、間もなくあなたたちを慰めに訪れる。そして私の子よ、あなたの嘆願(一致への)を、天では皆が聞いた。私はあなた方を一致させに来る。私の言葉が与えられ、私の意思は実行されよう。その間、あなたがこれまで知らなかった国民を召集し、あなたに与えた指示を彼らにも伝えなさい、そしてときおり「賢者」が 私を「父」と呼ぶことを非難するなら、今日ひとりの子が生まれ、その名は驚くべき-指導者、力ある-神、永遠の-父、平和の君(イザヤ9・5)だと思い出させなさい。

自らを法学博士と呼ぶ者たちのために祈ってほしい、彼らの霊が謙虚な貧しい霊となるように。すべての国民が私の光を訪れ、心をむしばむ復讐心をはぎ取られて、私の平和のうちに心を包み込めるように祈りなさい。東が西と、北と南が和解できるように祈りなさい。私のある羊飼いたちを捕らえた極端な誇りと気位の高さが、謙虚さに取って代わるように祈りなさい。「あなたたちのうちで偉くなりたい者は、かえって皆の僕となり、あなたたちのうちで頭になりたい者は、皆の奴隷となりなさい」。そう、それと同じく、人の子が来たのも、仕えられるためでなく、仕えるためであり、また多くの人の贖いとして、自分のいのちを与えるためである。

あなたの主、私に倣いなさい、そうするなら生きる……

(1990年12月25日)

31周年黙想会の会計報告

2016年12月9日 (その他)

以下の通り報告致します。
TLIG日本会計担当

【収入の部】
26日献金 ¥36,750
27日献金 ¥36,223
────────────────
合計   ¥72,973

【支出の部】
会場費、プロジェクター他 ¥66,960
神父様交通費 ¥27,950
駐車料金(27日) ¥1,500
レンタカー代金(両日) ¥9,420
振込手数料 ¥432
────────────────
合計   ¥106,262

収支 -¥33,289