「私である」が唯一なように、あなたたちも一つとなりなさい

1991年10月14日 ノート55

あなたの使命は、小さな者よ、私の民を唯一の名、私の名のもとに連れて来て、パンを分かち含うことだ。心配は要らない、最善を尽くしたなら、後は私が行う。あなたのうちに私の業を成し遂げ、こうしてすべてがあらわとなるにはへりくだりを必要とする。──私の血をこれほどにまで流す不信仰な時代は、あなたを憎むだろう。しかし私のヴァスーラ、この邪悪な時代があなたに大きな傷を負わせたとしても、私がしっかりと立たせる。天から助けが与えられよう。あなたや他の者たちを教えてきた。それを留めておかず、与えた教えを公の場でも家庭でも広めなさい。あなたの弱さを知っている、しかしどんな器を選んだかも分かっている。

主よ、一致することが分かっているだけで満足です。どのようにかはまだ誰にも分かりませんが。問題は見たところ大きく、分裂はさらに大きいようです。仰しゃるように──「羊飼いの杖は半分にだけでなく、細かく砕かれてしまいました。そしてあなたの体はひどく傷つき、ねじ曲げられ、麻痺しています」。主は皆が屈むように求めておられます。どうやって? 何をすればよいのでしょう? 最初の一歩はどうすれば? 私はギリシャ正教徒ですが、すべてを口ーマ・カトリックの兄弟たちと分かち合っています、そして一緒にいる時、主の名のもとに自分を区別したりしません。それに彼らも、自分たちと違う扱いを私にしてはいません。その多くがギリシャ、またはロシア正教の教会に行っていることも知っています……

思っていることを話しなさい、子よ!

ふさわしい言葉をお与え下さい、主よ。

言いなさい……それでいてあなたの体を分かち合うことが許されていない、と。

そうです。許されていません、秘跡は同じなのに。一方、私たちギリシャ正教徒はあなたの体を分かち合うことが許されています。私がローマ・カトリックの教会に行っているので、破門されたとさえ言われました、もっと酷いことも言われましたが。それに聴罪司祭がカトリックの方なので、両方の側から迫害されています! あなたがこの全てをご覧になっている通りです、私の主イエスよ!

だが、一つの祭壇でパンを分かち合う日が来る。それに、誰も私の子どもたちが私のもとに来るのを止めないだろう。誰も、「あなたはギリシャ正教徒か?1」とは尋ねなくなる。あなたたちは私のうちで皆兄弟だと、そう信じるように教え、勧めなさい。

──私の聖なる名のもとに分け隔て、体と霊において別れたままでいる者たちには、サルディスの教会2に言ったと同じことを言う。世間の目に生きていると評価されても、造り主の目にはそうでない。残されたほんのわずかないのちを生き返らせなさい。それは急遠に死にかけている。死体のあるところには、はげ鷹が群らがるものだ。

一致しなさい! 集いなさい! 共に私の名を呼び求めるように! 共に私の体と血を献げなさい! 道を迫害しないように! 一致し、私を称えることができるように自らへりくだり、屈みなさい。あなたたちは聖霊について語るが、聖霊のうちに行ってはいない。道について話すが、それを第一にさえぎる者となっている! ──ほとんど私を知らない者よ……

私の名を呼びながら、聖櫃せいひつと祭壇の間で私の子どもたちを殺しているではないか。私は厳粛に言う、この全ては、裁きの日にあなたの前に持ち出される。私に顔を向けて真実に言うことができようか。「私は兄弟と和解した」と。あなたは真実に言うことができようか。「私は兄弟たちの間で自分を区別はしなかった。あなたの聖なる名のもとに、同じように扱った」と。あなたが私の前で弁明するとき、私はあなたの前で言う。「私から離れなさい。あなたは兄弟を同等としては扱わなかった。私の体を毎日殺害した。あなたの勝利はどこか? 私が造り上げているとき、あなたは打ち壊していた。私が集めようとしていたとき、あなたは散らしていた。私が一致させようとしていたとき、あなたは分裂させていた!」

しかし、今日でさえも、ありのままの姿で私のもとに来るなら、癒やすことができる、変容させることができる。そしてあなたは私の誉れとなろう。「私の日が来たときに、子を宿していたり、乳飲み子のいる者は災い!」。書きなさい3。子を宿すようにして罪が巣食い、仲間内で罪に練達した者同士がいるのを見られたら災いである。しかしこの人たちの間から、弟子を誘い、ついて来させようと、紛いものの真理を唇に上らせる人たちが出ると言われている4。あなたを救うために、私は叫び声を上げ、耳が不自由でもあなたに聞こえるよう努力している、そしてこう非難するのは

あなたたちに対する愛が非常に大きいからである。

しかしまことに言う:いつの日か私の離ればなれになった体のすべての部分を、一体となるように集めるだろう。

──悲しまないように、私の友5よ、私を愛する人びとよ、私の耐え忍んでいるものを忍びなさい、しかしながら、私を慰め、信頼してもらいたい。あなたは私の名のもとに偉大な業をし遂げるだろう。私が寛容であるように寛容でありなさい。私は腹をすかせ、乾き、しばしば飢えていたが、その時は助けに来てくれた。善いわざを続けなさい、報いてあげる。まことに言う、あなたは一人ではない、私がともにいる。私と一致し、平和のうちに生きるように。あなたは私の血の子孫、王国の後継者。主の心が愛であり、掟の心は愛に基づいていることを伝えなさい。私の家に管財人は不要だと、私の者たちに伝えるように、この者たちは私の日に正当化されることはない。私の家を一つの事業としてしまったのは、まさにこの者たち。あなたたちの心に住まうように、私は私の霊を送った、このため、あなたたちの心のうちで私の教会が再建され、互いを心の中で兄弟と認め合うようになるのを、あなたたちのうちに住む霊が指し示して下さるだろう。

6兄弟よ、くる年もくる年も耐えている痛みを
またこの季節も忍ばなければならないのか?
それともこのたびは休ませてくれるだろうか?
あなたたちの分裂の杯を、もうひと季節飲まなければならないか?
それとも私の体を休息させ
復活祭の祝日を、
私のために、統一してくれるだろうか?

あなたたちが復活祭の日取りを統一することによって、私の痛みは和らぐ。兄弟よ、そしてあなたたちは私のうちに歓喜し、私はあなたたちのうちに歓ぶ。そして多くの視力が取り戻されるだろう。「愛する御方! 私の創り主よ! 私の夫であるこの方は、人間の手のわざではなし遂げえないことを啓示された!」ひとたびあなたたちの視力が回復したなら、私の名によって、こう叫ぶだろう。

──そして私はあなたを訪れる──7

私は厳粛に言う、呼び集め、皆集い、今こそ牧者の声を聞きなさい、

あなたの行くべき道を導いて行く。

 

地の果てまで私のメッセージを届けなさい。

勇気を、娘よ、私が微笑むときには微笑むように。あなたと共にいて、天国への道を案内する。

イクトゥス

一致のメッセージ 囚人たちのためのメッセージ

1991年10月13日 ノート55

(しばらくして)

ヴァスーラ、あなたのために御父に祈った。私はイエス。与えた仕事に集中しなさい。──さあ、書きなさい1

あなたたちに平和。私を「お父さん!」と呼ぶのを聞いた。

私はここにいる。

帰って来たいか? 私は無限の憐れみなのだから、もうあなたを見ても眉はひそめない。宣告もしない。私が探し求めているのはあなたたちの心、愛がほしい。愛に渇いている。愛が見当たらず、私の唇は干からびてしまった。あなたの過去を見ないと決めている、今しか見ていない。

天の元后2が私の横におられる。このお方はすべての女性の中でも、すべての主天使、権天使、座天使、諸天使たちよりもあなたたちのために多く、絶え間なく祈ってこられた。そこでこのお方を祈りの中で迎え入れ、私が尊ぶようにこのお方を尊びなさい。

あなたたちは皆、私のうちに洗礼を受けているのだから、兄弟たちの間で互いを区別してはいけない。今日私が差し出すものが何であるかを分かってさえいるなら、ためらわずに心を捧げ、あなた自身を明け渡すであろう。私のもとに戻って来なさい、そして怖れないように、今話しかけているのは、あなたの聖なる仲間。あなたを最も愛する者。私の愛を信じなさい、私の受難を思いめぐらし黙想しなさい。あなたの心を与えてくれるなら、あなたの王、私が休むたぐいまれな薫りただよう園に変える、あなたを私の嗣業の地とさせなさい、そうすれば生きる。私から心をそむけてはいけない、私を遠ざけておかないように、自由に話しかけてほしい。私は聴いている。

この言葉を黙想するように皆を招く。

──悪には愛で返しなさい──
──私に倣いなさい──

そして覚えておきなさい、私はどんな時もあなたと共にいる。けして、けしてこれを忘れてはいけない。あなたの額に私の愛のしるしを残して、あなたたち一人ひとりを祝福する。

イクトゥス
イエス・キリスト、神の愛する独り子、救い主

一致のメッセージ 分裂は彼らを私の心から離してしまった

1991年10月7日 ノート55

私が持っているもの全てをあなたの栄光のために使いたいのです。
たいして持ってはいません、むしろ不十分で貧しく、弱くて非常に惨めですから、ほとんど何もありません。
もし何か持っていたとしたら、わが主よ、お受け取り下さい。

あなたに近づいた結果(主との親密さのこと)あなたのうちに火が点され、あなたと他の人びととを救った。

──あなたの自由意志がほしい、自らを献げなさい、そうするなら、川があなたのうちから流れ出るようにしよう。私の業が表に現れるためには、途方もない心の貧しさが必要だ。私の花嫁として、魂に必要なものはそなえよう。

ヴァスーラ、あなたの街は死骸で理まり、悪臭がはるか天にまで昇って来る。何十万と腐りかけている。祈りなさい、平和、愛、信仰と一致のために祈りなさい。聖なる者は、来ようとしていることのために、描写し難いほど悲しみに打ち沈み、さいなまれている。悪に染まったこの世代に手を下さなければならない。

娘よ、私のために一致を表す十字架を持って世界を回ってほしい。国から国へめぐり、一致の話をするが、それに反することを常に考えつづけ、生き方もそれに反している人々に伝えなさい、あなたたちはその分裂によって私の心から離れていると。叫びなさい、いずれ耳の聞こえない彼らにも私の声が届く。この荒廃の中をあなたと共にいる、だから恐れないように。

あなたに私の十字架を預けた。この十字架はあなたを聖化し、救うだろう。愛をこめ、身を低くしてそれを担ぎなさい。絶え間なく私の名を呼ぶように。あなたの使命は、私の子よ、愛を証しし、愛と忠実さが欠けているさ中で、私の至聖を示すこと。恐れずに前へ進み、私のこだまとなるように、歓びと、熱意をもって証しをし、愛のために、愛をこめて証ししなさい。

敵があなたを突き刺すたびに、歓びなさい! あなたの傷をすべて献げなさい、私が直ちに癒やしてあげよう。私を求めて目を上げるたびに、慈しみ豊かな私の心が答えるだろう。あなたは私がもらい受け、養い育てた子である。人を恐れることはない。人にはあなたを破減させることはできない。まもなくあなたを解放する。それまで、私の一致の十字架を持って歩き、私に栄光を帰しなさい。真理、そして私自身が設立した唯一の教会を

擁護する者

となりなさい。

すべての国に行って、あなた自身を紹介しなさい、私の聖なる名の下に、平和と、唯一の教会を望んでいると伝えなさい。自分の公正さを主張し、分裂したままでいる者は、自らの育てた実を食べて滅びると伝えなさい。私が偽善的な心をいかに忌み嫌うかも知らせなさい。その儀式や議論は私を疲れさせる。ふんぞり返った頑な態度には、私は背を向けることを伝えなさい。その判断は、人間の目には見事で印象深く映るかもしれないが、私にとってはそうではない。腐敗しかけている瀕死の教会を喜ぶことはできない。聞きたい者に伝えなさい。

自分の声を低くしなければ、私の声は絶対に聞こえないと。

声を低くするなら、私の声が聞こえ始め、私の意思を行うだろう。私は唯一なのに、それぞれが自分のキリストをつくり上げてしまった。私は私の体のかしらなのに、見えるのは私ではなく、彼らの頭ばかりだ。頭を下げるように言いなさい、そうすれば私の頭が見えるだろう。身を低くするように伝えなさい、私のもとに引き上げることができるように。

──この人びとの前で震え上がることはない、私の子よ。私に忍耐があるように、忍耐を持ちなさい。私のそばにいて、謹んでいなさい。私に忠実であるよう、私の宝石(主の十字架、釘と茨の冠)を身に付けて。それらは私のことをたえず思い出させてくれよう。

祈りなさい、私の花嫁よ。許嫁に向かって祈りなさい、最後には報いてあげよう。私を称えるように、そして言っておく、骨折って働き、犠牲を献げるなら、何事も無駄にはならない。

貧しさ

の中に私の王国を打ち立てると、皆に伝えなさい、まさに私の霊に耳を貸すいとまある人は、私を礼拝し、私の意思を行う。私の魂はこの人びとに歓喜する! 娘よ、あなたのみじめさにもかかわらず、愛している。あなたのうちに私の業を続ける許しをもらいたい。あなたに合わせているように、私にも合わせなさい、人々は、あなたを通して私の存在を感じるだろう、私はあなたのうちに、この時代を一致へと引き寄せる。

安心していなさい、私が共にいる。あなたの額には私の印がある。そして、この印と恵みによって、地上の王国は私の望む通りに建設されるだろう。

私の平和を受けなさい。覚えておくように、いつも共にいる。さあ、私の傷に入って釆なさい。

イクトゥス

私の聖霊

1991年10月5日 ノート55

お父さま、かつて、この貧しい魂の記憶を甦らせて下さる以前は、どなたが私をお造りになったか忘れていました。次の瞬間、記憶を取り戻させてくださいました。天に目を上げるようにとあなたは促され、その時ひとすじの光が射し、焼き尽くす火のように、あなたの霊が私の上に留まられました。まことの光、尽きざる宝、あなたは畏れを呼び覚ます方、そして唖然とするほど偉大でいらっしゃる! あなたに感謝し、賛美しないでおられましょうか。いともお優しいお父さま、あなたの霊を私の惨めな魂に休ませ、あなたの霊と私とを一つにしてくださいますとは?

あなたに平和。私はあなたの永還の父、ヤハウェ、英知をもって教えた者。惨めなあなたに近づいて癒やした聖なる者。あなたが寝ている時に語りかけ、その後目から鱗が落ちるとあなたは光を見た。娘よ、私を恐れないように、ただ私を拒み、背くときだけは恐れよと教えた。私の面前に安心して留まることを教え、一人ひとりに抱く無限の美しさと父親の愛情を示し、私自らがあなたの罪を根こそぎにし、私に与えられたその場所に私の恵みを植えた。火がついたように跳び上がったが、あなたの魂に行なっていることを続け、そこに同居するすべての敵を放り出さなければならなかった。私の嫉妬深い愛によって、豊かな果実に植え換え、こうして私はあなたの食卓の仲間、悦びとなった! さあ聞きなさい、私の娘よ、私自身の者、書いて、私の子たちにこう伝えなさい。

心の底からあなたたちを呼ぶ! 聞く耳を持つ者は幸い。私の預言者たちがいなかったなら、私の子の到来を預言していた私のことが分かっただろうか? 真理によって私の愛のうちに生きているというなら、どうしてあなたたちのこの時代は、先祖たちがしたと同じように、私の預言者たちを切り捨て 迫害するのか? 無隈の慈しみにより、私自身の民のために一つの都市が再建されている。この新たな都市は、あなたがいつまでも迫害する者たちの血の上に再建されるのか? 今までより一層今日あなたたちを新たにしようと、私の聖霊を送っている、しかし後どれだけ長く、この時代は私の聖霊を拒みつづけるのか? 言いなさい、体は心を持たずに生きることができるか? 聖霊は教会である私の体の心であると知りなさい。私の聖霊は教会の息吹、あなたの神、私に対する熱意の源だと知りなさい。私の聖霊は貧しい者を養う、口に甘い天のマンナです。私の聖霊に心を開く者は幸い、その人は川のほとりに植えられ、季節ごとに新たな果実を実らせる木のよう、そしてその葉は決してしおれることなく、薬用となる、水晶のように透明な小川、私の聖霊に心を開く者は幸い、私の霊はその心に川となって流れ、新たにする、この川が流れるところはどこでも、いのちが溢れ、歓びが湧き上がる!

読まなかったか:私の玉座から、そして子羊のもとからいのちの川が溢れ出し 街の中央を流れて行くと? 聖霊は悪意ある魂からは逃げて行くが、無邪気な、そして貧しく素朴な者たちには 自らの姿を現す。大きな歓びをもって私の聖霊は、この魂たちを包み、その聖なる仲間 道案内となり、彼らが歩むとき、その行く手は邪魔されないだろう、走っても、つまずかず、死にいたる毒を飲むとしても、害を受けずに済む。行く手で悪魔の軍団に遇ったとしても、傷を受けることはない。聖霊は永還の愛の深淵から吐き出されて、私の呼吸の甘美さをこの者たちに教えよう。私の聖霊は 無邪気な者を選び、ふさわしくその相手となれるように、愛と平和の契りを結ぶ。私の聖霊は、この者たちを抱き上げて運んで行く、そして花婿が花嫁を抱いて敷居を渡るように、祭壇の壁の陰にこの者たちを担いで行く、そこには途方もない富と神秘が横たわり、その神秘は、どの目にも今まで見たことがないものだろう。また花婿が花嫁を宝石で飾るように、この者たちを玉座と笏を楽しむための王の知識によっで飾る。ああ、私の聖霊があなたのためにしないことがあろうか!

私の聖霊はあなたの人生に情熱を与えるもの、光彩を放つ王冠、私の日から発せられる美の冠、生ける者の輝かしい栄光、あなたたち被造物に与えられている 密かなる啓示です。聖霊は私の集会の説教に味を添え あなたの時代を成就するもの 心に炎を燃え上がらせ、そして悟らせる。聖霊は私に対するあなたの賛美の調べ、その心に、私が誰であるかを現し、霊に私があなたのアッバだと悟らせ、あなたが本当に私の子であると明かす、私の種子よ、心の清い者は幸い、私を見るだろうから。あなたも悦びに包まれて私の声を聞くことができるように、歓びつつ感謝し、心を開いて私の聖霊を受けなさい! 心を開くなら、私の栄光を見るだろう、そして慰めが必要な幼な子のように、あなたを私の聖霊は慰める、その愛はどのような人間の愛も及ばない

天と地の創造主、私は言う、聖霊は花嫁の配偶者、その花嫁とはあなたたちを救い あがない、その血潮によって自由と、罪のゆるしが得られた幼な子を抱いたお方です。聖霊は閉ざされた園のようなその方を見出した、その御方は最も稀な徳の本質を持ち、封印された泉、女性の中でも最も美しい人、そしてただ一人、非の打ちどころない方であるために、清らかさに覆われている。私の霊はこの方に臨み、その影で覆い 神の母、人類すべての母、また天の元后となすことで私に栄光を与えた1。聖霊の富はこのようなもの、私は今、今日、あなたたち皆に私の聖霊を降り注いでいる。私、全能者であるヤハウェは言う:

あなたたち皆に抱く大きな愛によって、あなたたちを救おうと、この無償の賜を皆に与えている。愛と忠実さが今降る、私、ヤハウェは天からかがんであなたたち皆を抱擁する、私の救いの手は天から差し伸べられている。与えてある掟に添う用意があるだろうか? 魂をすすんでゆだねてくれるか? あなたたちの惨めさに、私が心動かさず、祈りに答えていないとは言わないでほしい。あなたたちの国を炎がなめ尽くし、人びとを火がのみ込み、地上の住人たちが死という辱めを味わうとしても、全てはあなたたちの大きな背教による。聖霊に背を向けてしまったからです、その霊は祝福であなたたちを覆い、心と体を踊り上がらせ あなたたちの神、私に歓びの歌をうたわせただろうに、しかしあなたたちは宿なしとなり、乞食で父無子になるほうを選び、今や死の陰で干からびつつある。どんなにあなたたちを哀れむか、ああ、この世代よ! あとどれほど私を拒みつづけるのか?

私の愛は地上を満たし、私の使節たちの日には私からの呼びかけがれている、そして私の悲しみは大きく、その正義が今溢れ出そうとしていても まだ思い直し、あなたたちの与える忠誠の誓いを受け入れることができる。みことばを真剣に受けとめてくれるなら、私の子が流した血潮と、その生けにえによってあなたたちをゆるす用意がある、まもなく、もう非常にまもなく、聖霊があなたたちの上に大いなる力で吹きつけ、その音は地上の四辺にまで鳴り響き、すべての住人たちにとって警告となる。その時ただちに 私の聖霊の息吹の音に答え、地上の人は皆地面に顔を打ち伏し、全能、至高者である、私 主に礼拝を献げるだろう、そして終わりの日に人びとは、子羊の玉座の前に低くかがみ、玉座からの祝福を受ける、さて今、あなたたちを創造し、形造った私は問いかける、あなたたちの悔い改めの叫びを聞かせてもらえるだろうか?