徴税人のようにして来なさい

1991年10月22日 (ノート55)

イエス様、
謙遜、純真さと、
あなたの掟への忠実さをまとわせてください、
御父に喜んでいただけますように。

あなたに平和。そしてこう言っておこう。

徴税人のようにして来なさい。

なぜなら、あなたたちの多くが隣人をとがめ、つい昨日までは自分自身も同じ眠りの中に閉じ込められていたことを忘れているからだ。こうは言わないように。「私は家を片づけ、主をお迎えできるようにした。もういつ来ていただいてもいい。お迎えの準備はできた。私の隣人のように、断食もせず、祈りもせずに、邪悪な人生を送ってはいない」と。ものを見る力を受けなさい、と言っておく。あなたは唇によってすでに否とされた。まず自分を清め、左手と右手の区別もつかない他の人々を責めてはならない。徴税人のようにやって来て、罪人である自分をあわれんでくださるように1 求めなさい。あなたたちは皆罪深いのだから。神殿よ! 立ち上がってあなたの神、私に仕えなさい。未亡人2 への手助けを通して、あなたは私に仕えている。では平和のうちに行きなさい、私は共にいる。

神に栄光。

  1. ギリシャのロザリオの祈り。(訳注)イイススの祈り「主イイスス・ハリストス、神の子よ、われ罪人をあわれみたまえ」のことを言っていると思われる。
  2. これは私の母のことです。私たちにとって母は聖母お一人ですから、神はあえて「母」とはお呼びになりませんでした。そこを立って、一緒に食糧を買いに行きなさいとおっしゃっています。