復活徹夜祭 – 今年の聖火の奇跡

2017年4月15日 (お知らせ)


今年は東方と西方の復活祭が同じ日になっています。今年も、エルサレムの聖墳墓教会の復活徹夜祭において、聖火の奇跡が起こりました。今回は歴史上初めて、アメリカとイギリスの正教会にもこの聖火が受け渡されるとのことです。

聖火の奇跡は正教徒の間ではよく知られていますが、西方の教会では驚くほど知られていません。毎年復活徹夜祭の日に、キリストが実際に葬られた墓に入り、司祭が祈ると、マッチもライターも使わず、奇跡的にロウソクに火が付くのです。

この火は熱くなく、触れることができます。上の動画の中で、火を顔に当てている人々を見ることができますが、これは清めとしての慣習になっているようです(本物の火ならば、彼らのひげが燃えてしまうでしょう!)。この火を他の教会へ受け渡していくのです。この奇跡は1世紀から、つまりキリストの復活から2000年間、毎年ずっと見られてきたことが古文書の記録から明らかになっています。

4月の予定

2017年4月1日 (予定)

*場所と詳細につきましてはお問い合わせください。

○ベス・ミリアム東京(ホームレス支援事業)
日時:4月18日(火)午前9時~12時半
*ボランティアは常時募集しています。参加日、時間は自由
場所:渋谷区内
内容:調理、ホームレスの人々への炊き出し

○証しの集い
日時:4月22日(土)午後2時~4時
場所:四谷
内容:講話(ハンス・エンデルレ、菅原悟)、ミサ
入場:無料(自由献金)

○八王子『神のうちの真のいのち』を読む会
日時:4月26日(第4水)午後1時~
場所:八王子市内

○四谷の祈りの集い
日時:4月1日(初土)午後2時~4時半
場所:四谷
内容:ロザリオその他の祈り、ゆるしの秘跡、ミサ

○伊東の祈りの集い
日時:4月11日(第2火)午後1時~
場所:伊東市内
内容:ロザリオその他の祈り

○大阪の祈りの集い
日時:4月22日(第4土)、午後1:00~ゆるしの秘跡、2:00~祈り
場所:今市市内
内容:ゆるしの秘跡、祈り、聖書とメッセージ朗読、分かち合い

○神戸の祈りの集い
日時:4月12日(第2水、今月のみ)午後1時~
場所:神戸市内
内容:祈り、聖書とメッセージ朗読、分かち合い

○米子の祈りの集い
日時:4月23日(第4日)午後2時~
場所:米子市内
内容:祈り、聖書とメッセージ朗読、分かち合い

○北九州の祈りの集い
日時:4月8日(第2土)午前10時~
場所:北九州市内
内容:ロザリオその他の祈り

○沖縄の祈りの集い
日時:4月20日(第3木)午前11時~
場所:那覇市内
内容:ロザリオその他の祈り

*その他、英語の集いが福島、東京、埼玉他、各地で行われています。詳しくはお問い合わせください。

ヴァスーラ、アテネのシンタグマ広場で演説

2017年4月1日 (お知らせ)

4月23日、ヴァスーラはギリシャの首都アテネの中心地、シンタグマ広場(憲法広場)で演説を行います。これは画期的な出来事で、皆興奮しています。なぜなら、ギリシャは世界中でも最もメッセージへの迫害が厳しい場所だからです。

へりくだって一致へ心を開くように、神がギリシャに(特にギリシャ正教の高位聖職者たちに)呼びかけられたメッセージが多くありますが、その内容はかなり厳しいものです。ギリシャが破綻寸前の状況にあることは日本でもしばしば報道されるところですが、ギリシャの読者たちは、自分たちの国が今これほど苦しんでいるのは、神の呼びかけを拒否した結果であることを理解しています。

苦しむギリシャにようやく一筋の光が差してきたという意味で、その歴史的な中心地でヴァスーラが証言することは画期的な進展のしるしと言えるでしょう。

ヴァスーラのシリアでの集会の模様

2017年3月30日 (お知らせ)

ヴァスーラはこの春、大規模なツアーを行いました。レバノン、シリア、中国、フィリピン、ベトナム、オーストラリアです。この中でも特筆すべきはシリア、そして中国本土の四都市、初訪問のベトナムでしょう。

以下の動画は、ISによって荒廃したシリアのアレッポでの集会の模様です。

同じく、シリアのダマスカスの集会の模様です。電気が通じていないのがわかります。

ヴァスーラの北京訪問

2017年3月6日 (お知らせ)

今月1日の北京市西直門天主教堂におけるヴァスーラの講演の模様です。

ヴァスーラのシリア訪問

2017年3月6日 (その他)

ヴァスーラは2月末にシリアを訪問しました。首都ダマスカスにおける最初の講演では、教会内に電気が通っていませんでした。アレッポに向かう道は狙撃手がいることで知られる危険な道を通っていかなければなりませんでしたが、「イエスが望まれるなら、私たちはどこへでも行きます」。
アレッポでは夜間には爆撃音が聞かれていたそうで、人々は破壊がどのようなものであったかを証言しました。ホルムズはとても寒く、人々が電気と水なしで生きることがどれほど難しいかを目にしました。

3月の予定

2017年3月1日 (お知らせ)

*場所と詳細につきましてはお問い合わせください。

○ベス・ミリアム東京(ホームレス支援事業)
日時:3月7日、28日(火)午前9時~12時半
*ボランティアは常時募集しています。参加日、時間は自由
場所:渋谷区内
内容:調理、ホームレスの人々への炊き出し

○八王子『神のうちの真のいのち』を読む会
日時:3月22日(第4水)午後1時~
場所:八王子市内

○四谷の祈りの集い
日時:3月4日(初土)午後2時~4時半
場所:四谷
内容:ロザリオその他の祈り、ゆるしの秘跡、ミサ

○伊東の祈りの集い
日時:3月14日(第2火)午後1時~
場所:伊東市内
内容:ロザリオその他の祈り

○大阪の祈りの集い
日時:3月25日(第4土)、午後1:00~ゆるしの秘跡、2:00~祈り
場所:今市市内
内容:ゆるしの秘跡、祈り、聖書とメッセージ朗読、分かち合い

○神戸の祈りの集い
日時:3月1日(第1水)午後1時~
場所:神戸市内
内容:祈り、聖書とメッセージ朗読、分かち合い

○米子の祈りの集い
日時:3月26日(第4日)午後2時~
場所:米子市内
内容:祈り、聖書とメッセージ朗読、分かち合い

○北九州の祈りの集い
日時:3月11日(第2土)午前10時~
場所:北九州市内
内容:ロザリオその他の祈り

○沖縄の祈りの集い
日時:3月10日(第2土)午後2時半~
場所:那覇市内
内容:ロザリオその他の祈り

*その他、英語の集いが福島、東京、埼玉他、各地で行われています。詳しくはお問い合わせください。

ヴァスーラ、秋田のメッセージがファチマの第三の秘密であることを証言する

2017年2月19日 (お知らせ)

 

「1992年11月26日1私は秋田での国際マリア会議に、他の人々と一緒に招かれました。ルネ・ローランタン神父とマイケル・オーキャロル神父がおられ、他の司祭方、それからヴィダル枢機卿もいらっしゃいました。伊藤司教は秋田のメッセージとシスター・アグネス(笹川)について私たちに伝えたいことがあり、本当にびっくりするようなことを言われました。

伊藤司教が調査のために秋田のメッセージをローマに持って行かれた時、ラッツィンガー枢機卿とお会いされました。シスター・アグネスとそのメッセージについて話すと、ラッツィンガー枢機卿は『それを読み、何ができるか考えるので、置いていくように』と言われました。

伊藤司教は、ラッツィンガー枢機卿は通常通り調査団を送ってよこすだろうと考えていました。枢機卿はご出現があった場所にいつも調査団を送っていたからです。翌日、司教がラッツィンガー枢機卿のところに行くと、『私たちは調査団を送らない。専門家も必要ない』と言って、司教を驚かせました。伊藤司教が『どうしてですか?』と聞くと、枢機卿は『なぜなら、秋田のメッセージはファチマの第三の秘密だからだ。だから調査する必要はない』と答えられたのです。これが枢機卿の言われたことです。

分かりますね、この話を聞いた時、私たちはもちろん『ワオ!』と言いました。それはファチマの秘密なのです。お分かりの通り、私たちはこれを他の情報源から聞いたわけではありません。『伊藤司教がこう言っていたらしい』というような話であれば、私は信じなかったでしょう。ですが、私は伊藤司教自身の口からこれを聞いたのです。他の人々と一緒に。『調査は行われない。必要ない。これはファチマの第三の秘密とほぼ同じ言葉だから』と」

(敬称略)

ヴァスーラの宣教のためにお祈りください

2017年2月12日 (お知らせ)

ヴァスーラは現在レバノンにおり、明日はシリアに向かいます。そして今月末からは、中国、ベトナム、オーストラリア、フィリピンを訪れる予定です。ヴァスーラとその宣教、そして支援する働き人たちを祈りによって支えて下さるようお願いします。

ヴァスーラ、レバノンのテレビ番組に出演中

2017年2月11日 (お知らせ)

ヴァスーラは今日、ロルフ神父と共にレバノンのテレビ局、OTVの朝(現地時間)の番組に出演しています。