ヴァスーラより『神のうちの真のいのち』の読者へ

教理省との対話について

ヴァスーラは自身と教理省の最近の書簡のやりとりについて、読者に手紙を書いています。

2003年3月30日 ローマにて

親愛なる『神のうちの真のいのち』の読者の皆様へ

 私は2000年より、教理省長官であられるヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿げいと意思疎通をはかる栄誉に与っています。2000年7月6日には、提出した私の著作を同省においてさらに詳しくお調べいただき、1995年10月6日付の通達で表明された疑念に答える機会を与えていただけるよう、つつしんでお願い致しました。猊下は、ご親切にも私にその機会を与えてくださり、プロスペロ・グレッヒ神父様1を介して、私が答えるべき五つの質問を含んだ2002年4月4日付の書簡が提示されました。そして、これらの質問に対する私の答えは、2002年6月26日に教理省に提出されました。猊下はこの度、その質問と共に、それらに対する私の回答を公表するようにと要請されました。私の公式な立場の表明として、これらの書簡を皆様と分かち合えますことを嬉しく思います。

 エキュメニズムだけではなく、神の恩寵が教会の中で実り豊かであるためにもとても重要な、真実と愛の対話にとって、この文書の公表が役立つことを祈っています。

主の祝福が皆様の上にもありますように。

vassig
ヴァスーラ

  1. グレッヒ神父は2012年に枢機卿になられ、2013年のコンクラーヴェにおいて、開催の祈りを主導されました(訳注)。