一致のために広い道を開きなさい、私の友よ

1993年4月16日 ノート65

正教会の聖大金曜日

私を生き返らせて下さって以来、
あなたの後についてまいりました。
そして耳を少しかがませ、
あなたをお受けし、
魂はあなたの現存を悦んでいます。
私は今愛深いみ手、
神のみ手の中におります。

あなたに平和。私の再臨のために、道をまっすぐに整えなさい、私の歩もうとする道を平らかにして、広い道を一致のために開きなさい、私の友よ。私の再臨は迫っている。聞きなさい、あなたたちの多くは人間的な基準で今日判断する。天にある私の王国の富を把握できないのはそのためだ。人は生まれ変わらなければ、天の国を見ることはできない。聖心の受難のヴァスーラ、最愛の魂よ、聖パウロの耳に私の霊がささやいたと同じ言葉であなたを励まそう。「預言の賜物を熱心に求めなさい1」。私の民にこの言葉を思い出させて伝えなさい。預言の賜物を熱心に求め、こうして聖霊を尊ぶように彼らに伝えなさい。

主よ、多くの人は預言を否定しますが、私にもそれは理解できます。偽りの預言者が多いからです。

信仰うすい者たちよ! あなたに教えてきた事柄をどうして誤解できようか? 時の終わりには多くの偽預言者たちが立ち上がり、警戒するようにと言ってきた。しかしその実によって判断できるとは言わなかったか? どうしてわずかな人しか私の指示に従わないのか? 私はキリスト、そしてまさにこうした理由によってあなたを送っている。みことばは生きていると国ぐにに宣言するためにあなたを送っている! そこでしっかりと立ち、揺らいだり怖れたりしないように、私があなたの楯である。そうだ、私のヴァスーラ、私はこの特別な仕方でともにいる特典をあなたに与えただけでなく、ともに苦しむ特権も与えた、しかし、私一人でもこのわざを完成できることも決して疑わないように。私は自分自身で充足している、だがあなたを完全なものとするために選んだ。言っておく、あなたはまだ走り終えていないが、私と一緒に走り終えると今から保障しよう。国々に出て行って、私の掟にはいのちがあり、それを彼らの心に記したいと宣言しなさい。では歓喜していなさい! 私の慈悲は比べようがないゆえ、歓び、感謝しなさい! 喜ぶように、私たち二つの心は、二本のオリーブの枝のようにあなたたちの間にいて、健康を回復し、傷を癒やしている! あなたが本来住まうべき天国への足取りも、二つのランプの明かりのように案内するこの二つの心を歓び、感謝しなさい。私の慈悲に比べ得るものがあろうか? そして私の光のうちに育て上げたあなたは、私にしっかりつかまっていなさい。私はすべての行為を天国から見おろし、最大の傷は一番の親友の家で受けるであろうと知っている。あなたたちの分裂の杯、和解しようとしない心と、棄教の杯を飲み干さなければならない……悪意と偽りによって 無実の者たちが殺されている。そうではない、私の子よ、この世から感謝や同情がくると思ってはならない。しかし私もカルワリオにいたる途上では、そのどちらも受けなかった。あなたの小さな心に言っておく。私の愛に免じて、呼びかけを増やしこそすれ、減らしはしない。私は主なるがゆえ、中傷するどの口をも圧倒する。それゆえ歓喜しなさい、私の友人たちがあなたに負わす深傷を通して、

多くの者たちを私のもとに立ち帰らせる。

目の見えない者は見え、足萎えは再び歩けるように。あなたたちの多くが私のもとに戻って来る。だから泣くのは止めて涙を拭きなさい……私のヴァスーラ、来なさい……私が涙を拭いてあげよう……

2間もなく地は揺れ動く、だが、ああ! 何と多くが荒野にとどまったまま、過ちを犯しつづけるだろうか……来て倚りかかり、私に信頼していなさい。

祈りなさい。私の現存を思い出すなら悦ぼう、あなたがまことに計り知れなく愛おしい。

いつまでも共にいる。

イクトゥス

この使命を与えたがゆえ、あなたは祝福されている

1993年4月12日 ノート65

「私を裁くのは主なのです1
あなたはこう言われました、主よ。
「わたしはわたしの群れを助け出す。もはや彼らが略奪にあうことはない。わたしは羊と羊の間を裁く2
あなたのみことばを信じます。

あなたに平和。私に倚りかかっていなさい、言っておく、娘よ、あなたとしては忍耐を持ち、たえずこの言葉を思いめぐらすように。やがて私たち二つの心が勝利する、私が着手し祝福したものは、成し遂げられよう。

あなたを私の救いの計画に与る者として祝福した、ああ、その弱さをどれほど愛しているか! その言いようもない弱さのうちに、私が王となるがゆえ! あなたに対する私のわざを成し遂げたなら、それと同時にあなたは、一瞬にして焼き尽くされる。倒れていた多くの者たちは立ち上がって、まことに私があなたの唯一の師、あなたは私の─受難─の─悦びだったと、皆に告げよう。私の受難の、まこと愛されたしもべだったと。そして彼らは私を称えるであろう。

今日は私を満足させ、請めに応えながらその使命を大切にしなさい。恐れてはいけない、花嫁よ、来て、時折り私の聖心に頭をもたれかけ、一休みしなさい。私の要請を正確に守らなかったといって、叱ったり非難はしない、倒れても私の力によって引き上げ、燃えさかる火のように、熱烈な愛の炎で焼き尽くす、こうしてあなたは、やがて私の意思を行い、請めたすべてを完璧にこなすことができるだろう……私はあなたの創造主、それに伴侶でもあろう?、私の富の中からそなえてきたであろう? では、どうして今さら見捨てようか? この使命を与えたがゆえ、あなたは祝福されている。

私の家を建て直すために自分の家から送り出されることによって、あなたは私の光のうちに生きよう! 自分の家を世話する前に、私の家の世話を選んだゆえに、あなたは祝福されており、私自身があなたの家の護り手となる。それゆえ恐れないように、私の子よ、心を与えてくれるあなたを祝福する。今度は人類の間に出て行って、与えたすべてを皆に与えなさい、このメッセージを彼らにもたらすように、それは一人ひとりへの、私個人からのラブレター。私の民を破滅から救おうと、私が案じていると同じように、案じてほしい。私の平和を彼らに与えなさい。娘よ、教会は生き返る!

愛している。イクトゥス

創造主の承認だけを求めなさい

1993年4月9日 ノート65

私のヴァスーラ、あなたに平和。私はこの砂漠に花を咲かせ、不毛の地から泉を湧き上がらせるつもりだ。私の家から泉を湧きださせる。私はこの非宗教的な世代を連れ戻すが、そうなる前には、今、先にいる人の多くが後になり、後にいる人が先になる。あなたの創造主がそのわざを実現されることを知るように。そしてこうしたわざは、ご自分の誉れとなる被造物を世に送った証しとなろう。これらのわざを通して、暗やみの中に光が輝きだす。事実、もう輝き始めている。私を悦ばせ、私の衣服の房につかまっていなさい。そしてもう一度注意を促す。気をもまないように、世に承認されるのを求めてはいけない、創造主の承認だけを求めなさい。

教え子よ、あなたを送った方を尊び、精を尽くしなさい。誠意は御父を喜ばせる。ああ……御父のものはすべて私のもの、私のものはまことにあなたのもの。さあ、忍耐するように。私、イエスが愛と祝福を与えている。私の教会を生き返らせなさい。「私たち共に」?

はい、主よ。

イクトゥス

私のマナがあなたの口を満たすように

1993年4月8日 ノート65

主なるわが神よ、
私が偽りを口にしていないのをあなたはご存知です。
魂を調べ罪の所在をこまかくお分かりですので、
私が非難されたこれらすべての罪咎を犯してはいないとご存知です。
あなたの霊を、授けてくださいましたでしょう?

私の町! まこと愛する者よ! あなたを駆り立てて私の足跡をたどらせ、光の中を歩ませているのは私。あなたが一人ではないと教えに来た。見たか? 火の壁のようにしっかりと、あなたを私の腕で囲っている。言っておこう、人からの栄光を求めないように。人に賞讃される誰であろうと、私は目を背けたくなる。そこで彼らに追われ、迫害されてもいいではないか、体は殺せても、それ以上はできない者たちを、私の仔羊よ、怖れることはない。誰を怖れるべきか教えよう。殺したあと地獄に落とす力ある者を怖れなさい。

それよりこうやって教えてきたことを、学識ある知者にはいまだ隠し、単なる子どもたちに現している私をむしろ祝福するように。私はそれを喜びとし、私の魂も悦んでいる! あなたに触れる1誰であろうと、私の瞳に触れることになると知りなさい! 信仰をもって試練をくぐり抜けてきた魂として、私のヴァスーラ、私の前に出てくれるように最善を尽くしなさい。木のようにすっくと立ち、真理、愛、信仰と希望の上にしっかりと根を張っている様子を示しなさい。私がいずれその実を味わいに訪れ、歓喜できるように! 肉の弱さに負けてしまうより苦しむほうを選びなさい、私の子よ。誰も私からあなたを引き離すのに成功しないであろう、そこで歓びなさい!

私のメッセージを妨害するこの世は悲しいかな2! そしてそれをもたらす人はなおさら! ヴァスーラ…あなたを通して私の栄光を現す。 敵意ある魂たちに詰めよられたなら、偽りを射抜く諸刃の剣のようでありなさい。飢えた貧しい者たちに、この天来の食物が配られるように祈りなさい。私のマナがあなたの口を満たすように! そして私の魂がそれぞれの国たみのもとに綱として打っている、あなたたちよ3…… 「ime stenakhoremenos para poli;avirio ine i proti stavrothi se epta meres ……」4

大空を黒装束にしよう。……復活祭の日取りが一致するように祈りなさい。私の平和にとどまっているように。私、ヤハウェが愛している。恐れずにみことばを宣言しなさい! 来なさい。

反逆

1993年3月17日 ノート65

あなたに平和。

私の子よ、与えた全てを私の子たちに教えなさい。恐れないように、私はあなたの前にいて、盾となっている。悪魔がいかに懸命に試みようと、誰も決して、あなたと私の間に立ちはだかることはない。サタンが人びとを動員して、障害を加えようとし、あなたに対して力を合わせようが、決して恐れることはない。私は全能であり、あなたに対してなされる不正をこの目で見ている。愛する者よ、私の力によってあなたを鼓吹し、私の子たちすべてにパンを豊かに与える、私の家に対するあなたの熱意で、敵を呑み込むようにさせる。あなたをその者たちにとって脅威となそう。だから決して恐れないように、私である、が前に立っている。私の祝福があなたの上にあり、あなたの心臓はどの筋繊維も勇気、力と平和でおおわれる。こうしてあなたには魂の救済、また私の家を刷新するために、最も完全な仕方で贖うこととなる。

恐れずに声を上げて預言するように。預言しなさい、子よ、これほど多くの心にある悪を打ち消すために! 耳のある者は、今日聖霊が教会に語っていることを聞きなさい。渇いている者は皆来るように:書いて、私の聖職者たちにこう伝えなさい、「不法の秘密の力はすでに働いています。ただそれは、今のところ抑えている者が、取り除かれるまでのことで1」と。あなたに言う、私の教会を愛しなさい、私の教会を愛し、完全に聖とするために身を犠牲にしたように、あなたたちも、司祭よ、私に倣って、教会に自分自身を献げなさい。私はこの全てをあなたに伝えており、私の者たちである羊は声を聞き分け、決して見捨てないことを知っている。今日は最後の晩餐で弟子たちに語ったと同じ苦々しい言葉を伝えるために、心を絞り出してあなたたちに話しかける:「私と食卓をともにする者が謀反を企てている。それが起こる前に、今このことを伝える、起こった時には、今日、これを話した私をあなたたちが信じるためである」

小さな子どもたちよ、心を騒がせないように、私を信頼しなさい、そして恐れないように。まもなく火の洗礼が御父によって、この世の犯罪を焼きつくすために送られて来よう。権力を持つ者たちが、私の聖所に入る時が来るが、この者たちは、私からの者でない。事実その時はもう来ている。

私、イエス・キリストは、司祭、司教、そして枢機卿たちに警告したい、私の家全体に、大艱難が起きると警告したい。私の教会は大きな艱難に近づいている。覚えておくように、私を称え、聖とする私の霊によって、あなたたちを選んだ。始めの時から、私の教会の堅固な柱となり、真理のうちに信仰によって生きるよう、あなたたちを選んだ。私の栄光を分かち合い、子羊たちを牧するようにと選び出した。

まもなく火によって試されるとあなたたちに厳かに伝える。ふるいにかけられることのないように祈って、断食しなさい。しっかりと立ち、教わった伝統を守るように。何が起ころうとも私の教皇2に従いなさい。忠実であれば、私が必要な恵みと力を与える。彼への忠実を守り、反逆する誰からも遠ざかるようにと勧める。なによりも、彼を追放しようとする誰の声も聞かないように。決して彼に対する愛を歎かないように。

まもなく今まで経験したことのない試練に遭うだろう。私の敵は巧妙な演説によって自分たちの側に、あなたたちを獲得しようとする、悪魔はすでに働いており、破壊はそう遠くない。教皇3が多く苦しむ事態となろう。それゆえ、真理を宣言し、教皇に忠実なためにあなたたちは皆迫害を受ける。またこれによってもあなたたちは嫌われる、彼らの行為が悪であり、実に、悪のために働く者はすべてその有害な行為が発覚するのを恐れて、光を憎みそれを避けるからである。

はっきりと言う、私の心臓のどの筋繊維も傷ついていると。私自身が設立したものと違う教義を、誰かが持ち出すならば、その者の言うことを聞いてはならない。欺く者に遣わされた者たちである、私は基礎を、巌である、ペトロの上に置いた……そして地獄の門は決してそれにもちこたえることはできない……たとえ誰かがあなたたちの前に来て:「この教皇に対する忠誠心を捨てて別の健全な運動に移りなさい」と言っても、動いてはならない! 警戒するように! 歎く者のパン種は強力で、味が良いかもしれない、しかし実際は真っ赤なごまかしにすぎない! 誰にも願されないように。悪魔のやり方に抵抗しなさい、司祭たちよ、今日は、真理である私から受ける力をもって、悪を克服しなければならない。暗黒の力によって結成された軍との、未だかつてない霊的戦いに巻き込まれるだろうから。

祈りなさい、愛する者たちよ、絶え間なく。「私はある」がともにいる。あなたたち皆を愛している。私がそうしたように、友のためにいのちを捨てるほどの大きな愛はない。あなたたちは友である。互いに誠実であって、愛し合い、大顛難が起きた時には、恐れなくしっかりと立つように、その顛難は暗雲のように今は私の家の上に漂っているが、まもなく黒い幕のようにその上を覆ってしまう。このことすべてを、起こる前に今伝えた。起こった時に信じるためである。

イクトゥス

私から目を離してはいけない

1993年3月15日 ノート65

私の受難のヴァスーラ、私から目を離してはいけない。私を喜ばせ、昨日やったと同じように1与えなさい。いつも倚りかかっていなさい、そうするなら私の剣としてその口を用いる。

あなたを愛している。私と一つでいなさい。

イクトゥス