2017 8月 31

モスクワ巡礼が始まります

2017年8月31日 (巡礼)

今週の土曜日から、第11回『神のうちのまこと のいのち』モスクワ巡礼がいよいよ始まります。この巡礼に先立って、先日パロリン枢機卿がロシアを公式訪問し、教皇のロシア訪問の下地を整えました。その直後に、私たち『神のうちのまこと のいのち』が、多数のキリスト教とユダヤ教、イスラム教と仏教から高位の聖職者を集め、「どのようにして分裂に橋を架けるのか」をテーマに、モスクワで巡礼を行うのです。

『神のうちのまこと のいのち』はロシア正教会(ひいては全正教会)とカトリックの和解、ひいてはキリスト教全体の一致、諸宗教との和解を推進し、それを世界に示す役割を果たしています。結果として、教皇フランシスコのモスクワ訪問が近いうちに具体化されるでしょう。

「時の終わり」の出来事に際して、教皇のモスクワ訪問が一つの大きな分岐点になることは、さまざまなご出現に詳しい人であればご存じでしょう。私たちはこの世界的なイベントを準備するために、祈りによって参加しているのです。

2015年6月2日、イエスはこう言われました。
「天の父が奇跡を行われ、長い間待たれていた一致を探し求めるあなたたち皆に勝利がもたらされるだろうから。……これほど多くのあなたたちの祈りの結果として、神の好意が間もなく示される。東と西の家からは、大きな償いを必要としている、そして私は彼らの過ちをゆるす準備ができている」

日本からは4人の司祭を含む22人が参加します。どうかお祈りください。

教会一致関連の最新情報

2017年8月31日 (その他)

◎キリル総主教、ロシア正教会とローマ・カトリック教会はさらに深く一致したと宣言する。(2017年8月30日、英文記事)
「私は、我々の教会間の関係の発展をさらに大きな満足をもって見ている。……この事実は、我々の関係が新たな段階に事実入ったことを証しするものである。それは、現代の数多くの課題に関する我々の立場について、ハバナで合意したゆえに可能となった非常に重要な出来事を伴うものだ」

The Head Of The Russian Orthodox Church Has Just Declared That The Russian Orthodox Church And The Roman Catholic Church Have Gotten Even More Unified

◎教皇フランシスコと世界教会協議会幹部が会談
【CJC】「バチカン(ローマ教皇庁)で行われた教皇フランシスコとの会談で、世界教会協議会(WCC)中央委員会のアグネス・アブオム議長とオラフ・フィクセ=トゥベイト総幹事は、世界が今日直面している問題で「真実の正義」をもたらすには「キリスト教一致」がいかに重要であるかを討議した。会談ではまた「一つとなる世界教会運動」の進展についても焦点を絞った」
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/archives/52110571.html

◎パロリン枢機卿がロシア公式訪問を終え、印象語る
【CJC】「キリル総主教との出会いでは、教皇と総主教のハバナでの会見に代表されるように、ロシア正教会とカトリック教会に育まれつつある関係を印象付ける、新しい空気を感じることができたと、同枢機卿は述べた」
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/archives/52110553.html

ホーム
ニュース
ベス・ミリアム
霊性
証し
メッセージ