ヴァスーラの誕生日とキリスト教一致祈祷週間

2022年1月18日 (お知らせ)

▼新年と一致祈祷週間を始めるにあたって、キリストが求められていること

新しい年を迎えるにあたり、聖霊は私たちを待っておられます。キリストの求められる一致とは心の一致であり、私たち一人ひとりに与えられた賜物を使うことを通して現れます。

……以前の生き方を捨てて、私に従いなさい。そうすれば、あなたの人生は私に受け入れられるようになり、その結果、私たちの三位一体の聖性についてのあなたの知識は増える。それから、私たちの抱擁における神聖な親密さの中で、婚姻の観想をするように、私たちに導かせなさい。

そして、命の与え主、カリスマの与え主、限界にとらわれることなくすべてものを満たすことができ、あなたの心を啓発する聖霊に呼びかけなさい、あなたの中のすべてのものが新たにされるように整えていただき、あなたの魂の中でご自分の力を働かせてくださるように。聖霊はその寛大な愛と恵みによって、あなたの中で果たす変容によってご自身の栄光の力を示し、二度と反逆しないために必要な力と恵みを与えてくださる。

『あなたたちの反逆を終わらせ、あなたたちの背教を終わらせるために』というのが私の答えだ。慈悲深い謙遜のうちに、私たちはあなたを憐れむ。源泉それ自身がこの地を香で満たし、棄教したこの世代を私の芳香によって蘇らせる……」

「……そして復活祭の日付の一致に関して、私のヴァスーラ、私はいまだに戸口に立って、施しを待つ物乞いのように、彼らが復活祭の日付を一つにするのを待っている……彼らは一致と兄弟愛について話し続ける。心からの回心だけが、彼らを謙遜による一致の道へと連れて行くであろう。

言っておく、私は使徒パウロの心に啓示を与え、一致の重要さと、あなたたち皆を結び合わせる平和によって、霊の一致をどう保つかを知らせた。同じように私の賜物の順序も理解させた。私は私の好意をあなたたち一人ひとりに授け、あらゆる方法で振り分けることを示した。私は高みにまで昇り、魅惑して捕らえ、人類に賜物を授けたことを知らせた。そしてある者には使徒となるべく賜物を授けた、ある者には預言者、ある者には宣教師となるように。ある者は牧者、ある者は教師として、皆が共に、一つの心と声をもって、私のからだ、教会を造り上げることができるように」1998年11月30日

▼キリスト教一致祈祷週間、黙想と祈りのための言葉

一致に関する次の教えにおいて、謙遜で真実に愛する人々が、諸教会に一致をもたらすことが理解できます。聖霊は一致を見つけるように呼びかけておられます。一致した状態に到達するために、聖霊はそのようなやり方で愛する力を私たちに与えてくださるでしょう。ヴァスーラは打ちのめされ、負け犬と見なされるとしても、岩のように堅固であるように求められています。彼女の強さはイエスの強さです。それは主から来るのです。

聖心からの叫び、キリストの一致への切望
(トルコ巡礼でのヴァスーラの講話より、2007年5月25日)

「愛は一致の基礎です。もし教会がまだ、全き交わりのうちに生きていないとすれば、それは、表現され、討論され、説明されたすべてのことが、愛することなく行われたからです。この分裂はキリストに敵対して指図されました。自らをキリスト者と称し、分裂を甘受する者はすべて、「互いに愛し合いなさい」と語られたイエス・キリストの命令に背いているのです。事実を直視しましょう。愛さないキリスト者、自己の栄誉のためにだけ生きるキリスト者が、和解することはないでしょう。それは彼らが、キリストのうちに完全に成長していないからです。

主はあるメッセージで語られました。「私の家で声をあげ、私の羊飼いたちに尋ねなさい。『この倒れかけている家を立て直すために、熱意と愛を持って働く人はいませんか? この家を喜んで擁護する人はいませんか? 私が今何を言っているか、理解する人はいませんか? 主の家で、神の王国をひろげようとしている人はいませんか?」

ですから私たちの主に願い求めましょう。キリスト者の一致の源である主の聖霊を送ってくださり、一致への道筋にいまだに異議を唱える人々を照らしてくださるように。また、聖霊が私たちが強めてくださり、神のご意思に対し強い熱意を持ち、ひたむきに続けていくことができるよう、不屈の霊を願い求めましょう。『一つになりなさい』という聖霊の呼びかけに耳を貸そうとしないあの人々が、私たちにどんな酷い仕打ちをしたとしても、落胆したり、疲れ切ってしまったりしてはなりません。キリストはメッセージで言われます。「私は彼らの会議で一言発し、そのたった一言で教会を一致させることもできる。だが天の栄光は、貧しさとみじめさによって、彼らが最も軽蔑に値すると呼んだ者たちを通して与えられる」(1991年10月13日)

トルコ巡礼におけるヴァスーラのスピーチ全文はこちらから。

▼一致のメッセージ

1991年10月14日のメッセージ
「私である」が唯一であるように、あなたたちも一つとなりなさい

1991年1月24日のメッセージ
拒絶、一致への拒絶のしるしとしてあなたをさらす

1992年12月21日のメッセージ
皆が復活祭を同じ日に祝うように全員一致で裁決し、皆で布告を発してくれるのはいつの日か?
一月には、今度こそあなたの声をとどろかせてほしい! 今まで以上に、さらにとどろかせてほしい!

▼「神のうちの真のいのち」一致のための全世界のオンライン祈りの集い(英語)

*日本では来週の日曜日の集いで、この意向のために祈ります。

カリフォルニア州ロサンゼルスの「神のうちの真のいのち」の祈りのグループは「キリスト者の一致」のための四つの神秘の祈りの集いを開催します。

2022年1月24日(月)日本時間早朝5時(イギリス国際標準時で日曜日の夜の8時)から

キリスト者の一致の集いのためのZoomのリンクです。

Zoom https://us02web.zoom.us/j/81214094635?pwd=bjBlaFBPM1hnSDNZY2V4MTgzaTNrdz09
– ミーティングID:812 1409 4635
– パスコード:030303
電話でのお問い合わせ +1 646 558 8656 アメリカ
ミーティングID:812 1409 4635 press # and press # again
お住まいの地域の番号を調べる:https://us02web.zoom.us/u/kbVMRxOdRv

*祈りの先唱をしていない時は、マイクの音をミュートしてください。
復活祭の日付を統一するための祈りには、どなたでもご参加いただけます。

参加には500名の枠があります。

ヴァスーラの姉ヤヌーラの証し

2021年12月5日 (お知らせ)

ヴァスーラの姉ヤヌーラの証し

新共同訳とフランシスコ会訳聖書を編纂したシュナイダー神父はメッセージの熱心な読者だった

2021年11月15日 (お知らせ)

故ベルナルディン・シュナイダー神父様は、フランシスコ会訳聖書と新共同訳聖書を編纂され、日本のために多大な功績を残された司祭です。神父様が『神のうちの真のいのち』の読者であり、ヴァスーラの日本での講演に来られていたことはよく知られています。

「ヴァスーラに関する資料を送ってくださりありがとう。彼女の著作の最初の4巻は読みました。トリニタス社のニュースレターの11号が余っているようであれば送ってください。もし来月彼女が東京で講話を行うようであれば時間を教えてください」ベルナルディン・シュナイダー神父、OFM 1997年5月23日

英語版・単巻版第二巻が出版されました

2021年9月4日 (お知らせ)


長く待ち望まれていた『神のうちの真のいのち』単巻版第二巻(英語原版)が出版されました。

ヴァスーラが受けたメッセージの「完全版」は、2006年に初めて出版され、2003年までのメッセージを全部収めていました。ヴァスーラはそれ以降もメッセージを受けていますが、それらは直ちには出版されませんでした。

2003年から現在までのメッセージは、2014年までは、ウェブサイトでも公開されていなかったのです。

ヴァスーラは2020年10月、新しいメッセージがなぜ印刷されていないのかを説明しました。

「私はイエスからのしるしを待っていました。イエスが残りのメッセージを印刷したいと望んでおられるという「促し」です。その促しを感じないうちは待っていました。ですが、いまはここにあります」

これまでの単巻版と同じ品質で、2003年から2021年までのメッセージをすべて収めた単巻版第二巻が現在発売されました。(フランス語版はスイスの読者の会からすでに入手できるようになっています)

最初の単巻版と同様に、この第二巻も2021年1月に発布された教会による標章、権威筋の承認と印刷許可によって保護されています。

ご注文はこちらから。
International orders: http://www.tligbuckingham.org.uk/

ペル・リデンさんの経歴の和訳

2021年7月27日 (お知らせ)

先日の追悼ミサで、トッポ大司教がペル・リデンさんの経歴をお話されていましたが、内容を知りたいという要望がありましたので和訳しました。


親愛なる兄弟姉妹の皆さん、私たちはこの追悼ミサを、ペル・アクセル・リデンさんの霊魂の安息のために捧げます。ペルさんは1945年1月21日、スウェーデンのエーレブルー市に生まれました。ご両親はシグルド・リデンとメリー・リデン夫妻で、6人兄弟の5番目でした。ペルさんはルター派教会で洗礼と堅信(訳注:ルター派には堅信礼がある)を受けました。

学校を卒業後、騎馬竜騎兵として1年間の兵役を務め、作物栽培学の修士号を取得するためにウプサラ市のスウェーデン農業科学大学で学びました。

ペルさんはウプサラ市のスウェーデン国際開発協力庁(SIDA)でキャリアをスタートさせ、1972年から1977年までストックホルムの本庁で働いた後、世界のさまざまな地域でのSIDAの長期開発計画の責任者を務め、1977年から81年まではモザンビーク、84年から87年まではバングラデシュに赴任しました。81年から83年までは、国連の食糧農業機関(FAO)の責任者としてレソトに赴任し、87年から98年までの11年間は、スイスで国際自然保護連合(IUCN)の組織開発部門の責任者を務め、98年から2004年まではイタリアのローマで、国連砂漠対防止会議(UNCCD)が設立した地球機構(グローバル・メカニズム GM)の本局で最初の責任者を務めました。2005年から2010年までは米国ワシントンDCの世界銀行で専門職を務め、引退後はギリシャのロードス島から、同銀行の顧問として働きました。

将来妻となるヴァスーラさんとはモザンビークで出会い、81年に結婚しました。ヴァスーラさんは1985年に神からの啓示を受けましたが、ペルさんは妻に与えられたカリスマを疑うことはなく、忠実な支援者として、「神のうちの真のいのち」の管理業務に関して助言を与え、職業上の経験を生かしました。リタイア後は「神のうちの真のいのち」にさらに関与するようになり、持っていた時間とタレント、専門性を自発的に捧げました。ペルさんは数カ国語を話し、2014年には財団法人「神のうちの真のいのち」の理事会の委員となり、代表と共に、「神のうちの真のいのち」の使命を定義し、メッセージを広め、宣伝するために、奉仕者たち全員がどのように共に働くべきかを説明する鍵となる文書を書き上げました。

素晴らしいスキルとマネージャーとしての資質の持ち主として生涯にわたって奉仕し、「神のうちの真のいのち」の働き人としては、出版部門、ベス・ミリアム、TLIGマガジン、インターネットのウェブ部門、映像部門の相談役でした。

リタイア後はヴァスーラと共にギリシャのロードス島に居を構えました。ヴァスーラには以前の結婚により二人の息子たち、ヨハンとファビアンがいますが、ペルさんはとくに次男のファビアンにとっては良き父親でした。

ペルさんは重篤なガンのため、短い闘病期間の後、2021年7月15日に亡くなられました。妻ヴァスーラ、ファビアンとヨハン、そしてスウェーデンのご家族が故人の死を悼んでおられます。

ペルさんはアイスホッケーや乗馬といった体力を要するスポーツや、自動車ラリーなどの趣味をお持ちでした。歴史に強い関心を持ち、スウェーデンと米国の歴史について博識で、特に18世紀のことをよく知っておられました。多くの国際開発計画の責任者として、ペルさんはいつも貧しく困窮する人々の側に立ち、多くの開発計画に参加した人々と共に、猛暑の中の畑や、新しく掘った井戸の中に留まりました。

ペルさんを知る人は、彼は真のキリスト者、謙遜で素晴らしい紳士だったと言います。皆に愛され、不在を惜しまれるペルさんの魂が、父と子と聖霊の御名において、平和のうちに休息しますように。

※Per Rydénさんのお名前で検索しますと、国連やその他での経歴が書かれているページがいくつか見つかります(英語)。

国連のサイト
リンクトイン

インドのホームの女性たちのためのサリー

2021年7月13日 (お知らせ)

3日前、ジョージ神父は洋服店を訪れ、先日日本から送金した献金でケアホームの女性たちのためのサリーを購入しました。一人に2着、30人分です。質の良いもので、一着が約7,200円です。良い服を買うのは、女性たちの尊厳を大切にしたいという神父のこだわりです。またベッドもいくつか購入しました。写真の中に写っているイエスの聖心の御絵と、ヒンドゥー教のガネーシャの絵が興味深いです。現地の文化的背景が垣間見えます。

*写真をクリックしますと拡大します。

『さあ、わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。』(マタイ25)

[ngg src=”galleries” ids=”4″ display=”pro_mosaic”]

前年度(2020年度)決算報告

2021年6月2日 (お知らせ)

次の通り、前年度の決算を報告致します。

前年度(2020年度)決算報告

ロザリオの力──神は普通とは違った方法で私たちの祈りを聞かれる

2021年5月25日 (お知らせ)

ロザリオの力──神は普通とは違った方法で私たちの祈りを聞かれる

ロックダウン下のインドへの支援につきまして

2021年5月22日 (お知らせ)

先日、ロックダウン下にあって飢えているインドの貧しい人々のために、日本のベス・ミリアムから60万円ほどを送りました。5月20日、100家族に対して食材が提供され、その様子を収めた画像がインドから届きました。一部をご紹介します。

日本で米5トンを買うと150万円かかります。

ロックダウンのため、左にいる青いチェック柄のシャツのヘルパーが神父の代わりに配給を行っています。彼らは現地の『神のうちの真のいのち』の祈りの集いの参加者です。

ジョージ神父とやりとりをしました。以下は神父の言葉です。「50キロの米袋を各家庭に配りました。彼らはとても喜びました。これで1ヶ月は家族が飢えることがありません。インドではパンは朝だけで、主食は米です1。あと15日〜20日の間にロックダウンが解除されれば、彼らは働きに行き、食料を得ることができます。それまでの間、食材は最高の支援です。彼らは満腹するまで食べることができ、とても喜んでいます。神はこの素晴らしい業のために、私たち全員をお使いになっておられるのです。イエスは言われました。『お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、裸のときに着せてくれた』。最後の審判のとき、イエスはこれを行ったかという重要な質問を私たちに問われるでしょう。皆さんに祝福がありますように。」

須永和宏元教授による「神のうちの真のいのち」のオンラインの集い

2021年2月26日 (お知らせ)

Google Meetにて、須永和宏氏(東京家政学院大学元教授)がオンラインの集いを主催しておられます。スケジュールは以下の通りです。

第2水曜日 午後二時より(ヨハネの黙示録)
第4水曜日 午後二時より(神のうちの真のいのち)

参加を希望される方は、以下のフォームにお名前とメールアドレスを入力して登録してください。
当日、始まる前にGoogle Meetからの招待のメールをお送りします。当日、午後1時以降にメールで受け取ったURLの招待コードをクリックし、meetの画面が出てきたら、「参加する」のボタンを押して参加します。
https://tlig.jp/registration-for-prof-sunagas-meeting/

・パソコンの方はブラウザで参加できますが、タブレットやスマートフォンの場合はGoogle Meetのアプリを事前にインストールしておく必要があります。Googleのアカウントを取得しておくことをお勧めします。須永氏ご本人や、私どもでは、機器の操作方法などについてはお手伝いできませんので、ご自身で調べてください。使い方の説明は以下を参照してください。

https://support.google.com/meet/answer/7380413

・開催当日になってから登録された場合には、招待が来ない場合があります。必ず前日までにご登録ください。一度登録された方には、次回以降も連続して招待が来ます。招待が必要なくなった方はその旨ご連絡いただけましたらリストより削除いたします。