カトリック教会司教による無害証明と印刷許可

onebookout2onebookin2

onebookno&im
無害証明(Nihil Obstat)と印刷許可(Imprimatur)は、当該著作がカトリック教会の教えに照らして、信仰と道徳において反するところが無いという司教の承認です。

FelixToppo

神のうちの真のいのち:神との対話

わたくしは『神のうちの真のいのち』の書を全て読み、その内容について黙想しました。この書物に書かれているものは、ヴァスーラ・リデンを通した聖三位との、そして聖母、天使たちと人間との神聖な対話であることをわたくしは真実に確信しています。信仰においても道徳においても、教会の正統的な教えの権威に対して反するものは一切見つかりませんでした。この本を読みその内容を黙想することは、全ての人に霊的な利益をもたらすものです。わたくしはこの書物をすべてのキリスト者に推奨します。

2005年11月24日
ゴルムリにて

フェリックス・トッポ S.J., DD
インド、ジャムシェドプル司教