ジョゼフ・イアヌッツィ神父と『神のうちのまこと のいのち』

イアヌッツィ神父とヴァスーラ

ジョゼフ・イアヌッツィ神父は、教皇庁立グレゴリアン大学を卒業し、医学、音楽、人間学、社会学、哲学と神学の学士号学位を取得した。若い医学生として、ジョゼフは1988年にマリアの聖堂に旅行し、そこで神学校に入る召命を受けた。1991年、哲学学士の学位を取得し、キルバン賞を受賞。イタリアに15年間赴任し、その間にイタリア語、ヘブライ語、ギリシャ語、ラテン語や他の言語を学ぶ。また神学修士、神学博士、哲学博士号を取得し、専門は教父学、教義学、神秘神学である。

イアヌッツィ神父は、ローマの教皇庁立聖書研究所大学院より、聖地で学ぶことを許可された選ばれた4人の学生のうちの一人だった。ローマ滞在中には現地のエクソシスト、ガブリエレ・アモルト神父の助手を務め、預言と啓示に関するいくつかの著作を著した。神父はカトリック系国際テレビネットワークであるEWTNに登場し、いくつかのテレビ番組やラジオの国際放送に出演した。数多くの神学著作を英語に翻訳し、7冊の著作を出版した。

神父はルイザ・ピッカレータの著作をイタリア語から英語に翻訳したことでも知られる。2012年、イアヌッツィ神父の博士号論文ではピッカレータが引用され、教皇庁立大学と聖座によって承認された。20以上の神学著作を著し、教義神学と神秘神学において無数の著作を翻訳した。神父は現在、何人かのカトリックの神秘家たちの列福調査の神学顧問を務めている。

2019年、イアヌッツィ神父は「『神のうちのまこと のいのち』の再考察」という神学著作を著し、その正当性を裏書きし、教会公認であることを強調している。