私の富を示すために貧しさを選ぶ あなたの聖なる名に奉献された国は復活する

1989年10月31日 (ノート38)

愛する者よ、あなたに平和。聞きなさい。

私は愛をもって教える。知恵をもってあなたを教えてきた、あなたを高め、形造った。私の好意、私の指針のうちに留まっていなさい。すべては私から与えられる、私の教えにしっかりと立ち、揺るがないように。

私のヴァスーラ、御父をお喜ばせし、悪に愛で報いて御父の怒りをなだめなさい。愛をもってこの邪悪な世代に対する御父の怒りをなだめなさい。愛のために愛をもって宣教できるよう、あなたのうちに私を現しなさい。神が-あなたと-ともに-いる、私の子よ。あなたは宣教のために任命された。私は私の力を現すために弱さを選び、私の富と英知を現すために貧しさを選ぶ。一切自分のものだと主張しないように、無でありなさい、今さらに自分を小さくしなさい、わたしのわざを達成できるように。

わが主、わが救い主よ?

私です。平和を、私の子よ、恐れてはいけない、私の現存を決して恐れないように、私に反抗する時にだけ怖れなさい。私と一緒でない者は散らす。これをよく考えなさい、与えている啓示は散らすものではない、集めるもの。私の啓示はあなた方を一つの体に一致させている。平和があるように、私の子よ。無としてとどまり、私のうちにいなさい、私、主があなたを祝福する。

(こう仰しゃったのは、誤りを犯しているのではと恐れて、時々疑いの思いが湧いたからです …… )

(今書いている小さなテーブルの上の、ファティマの聖母像のほうに身を傾けます。右の耳に顔を寄せて、こう囁いたのです。「ね、イエスはとても尊いものを護らせておいでです。お体の栄光に関わるもので、魂の救いのためでもあるものを! そこでおそばに来てお願いします、お母さま、私に代わってそれを大切にして、見張り、護ってくださいますように。そうです、主の啓示のことです、お母さまの手のうちにすっかりゆだねます。……その間私は、この使命のために私を甦らせ、形造ってくださいましたお方、イエスの聖心のみわざを続けてゆかなければなりません。」……もうすぐ死者は声を聴いてその墓から出て来るでしょう、すべて主の栄光のために。間もなく、一つのくに民が、お母さまの聖なる御名のうちに奉献された民が、甦るでしょう、昔から告げ知らされていたように

私の子よ、人類にたいする神の愛を邪魔できるものはないでしょう、あなたが迫害され、不安に苛まれ、攻撃されたとしても、賢明に振舞い、神に従いなさい。神に選ばれた者たちを非難する権利は誰にもありません。神による他のすべての啓示を護っているように、この啓示も護ります。聖なるお方に信頼なさい、ご自身のみわざを見張っておられます。恐れずに、神の愛を明かしなさい、私のヴァスーラ、いらっしゃい、御父に絶え間ない祈りをお捧げしているように。 

ありがとうございます、祝福されますように、お母さま。