アーメン

1996年7月17日 ノート85

(聖霊に向かう祈り)

ああ、光よ!
ああ、近よりがたい三たび聖なる光よ。

おいでください! 今すぐ降って来てください、
あなたのことを耳にしたゆえに、あなたを呼び求める人たちだけでなく
全く知らない者たちの上にも、訪れてください!

おいでください! ああ、私たちの体のともしびよ!
来て、あなたを理解したことないすべての人びとを正してください。

あなたをおそれるすべての人びとのもとに、おいで下さい、
隠された宝をあらわしに来てください、
私たちの時代のために、大事にしまっておかれた宝を。

おいでください! 来て、御父と独り子の聖なる面影を顕してください。
来て、あなたご自身を顕してください、聖霊よ!
おいで下さい、私の友よ、
あなたは、私たちの心にまぶしく輝く光、
天の高みからおいで下さり
あなたの力と荘厳さを、まとわせてください。

おいでください、私たちのうちに宿り
あなたの住まいを、祈りの場としてください、
絶え間ない祈りとは、あなたのこと。

あなたを持たない私たちが、いかに裸の身であるかを見てください?
この闇の中に、あなたの光を照らしてください。
あなたは約束されていたお方、
私たちの愛、私たちの光、
そうです! あなたこそ、約束されていたお方!

あなたは、聖書にこう書き記されたお方。
「もはや、夜はない。灯火の明かりも太陽の光もいらない。
神である主が、彼らを照らすからである1

あなたは、私たちの受け継ぐべき嗣業の近い、
み名が聖とされますように。
あなたは値も付けられないほどの貴い真珠。
あなたは魂の輝き、祝宴、そして祭りの祝い、
人生の抗しがたい仲間、
霊が貧しい者たちの玉座、
あなたは、王国の中の王国、帝国の中の帝国、

ああ、魂の訪ね人よ、
私たちを解放しに、来てください!
アーメン。

私の子よ2、祈りはあなたの武器、そして、私は、闇の力からあなたを連れ出して、かつて私のことを、そう思っていた。近よりがたい光、手が届かない宝の中におく。私の栄えある力のうちに、私の子よ、その強さ、やさしさと忍耐を得ることができる。不屈の精神を得ることができる、そして私のうちに、私を通して「アーメン!」と呼びかけ得る、そしてアーメンであり忠実な者、真の証し、神の創造にとって、究極の源なる私は、まことにあなたの声を聞く! 雷鳴のとどろきのように、私は降って、あなたに自由を与え、唯一なる私たちと一致させ、聖なる三位一体の全き充満で満たそう。

火の洗礼があなたを訪れる、被造物よ! それはあらゆるものをふたたび新たにする、待ちに待った洗礼。娘よ、神のみ国を宣言しなさい、そして誰もあなたを妨げないように3……生ける水の泉を求め、あなたを生き返らせる湧き水のように、それを浴びなさい!

希望のうちなる希望よ、いまだ鎖につながれた者たちを、解き放つようにと、本当にお願いできますでしょうか?

求めなさい! 私4のうちには自由が見出せると聞いていなかったか? 言っておく、私を探したことはないながら、幼子のような心を持ちつづけた者たちには、降って来る。私に相談さえしたことない者たちに、私の栄えある力を現し、私を締め出さない場所であれば、訪れる。

──選り分ける時が来た。み国の栄えある富を現すときが。恵みのときが訪れた。それゆえあなた方には再び言う。キリストの体を形造る者たちよ、来て、私の賜物を願い求めなさい、キリストの神秘に十分入っていけるように。そして正しいものごとを探すのをやめた、棄教者たちのようになってはいけない。

──私に呼びかける僕5に「この祈りは私の領分にはない」という者たちよ、あなた方に尋ねよう「。」「もはや私の声が聞こえなかったのでは? 私が見えなかったのでは? もしや私を理解していないのでは? 今になって私に逆らっていると言わせるのか? 私を知っているとあなたは主張するが、その言動はどれも、私の恵みを否定するもの。

──あなた6に平安。この大棄教の生き残りよ、三たび聖なる私たちの名を称え、親しみこめて賛美を捧げなさい」

(ここで聖霊は私の口を開き、神への賛美で満たされました)

途方もなく偉大なお方、
畏怖すべき主に感謝し、賛美を捧げます。

見よ! 輝く光を放って、私の目をくらますお方は、
御父ご自身!

ああ、天を壮麗に飾るお方!
み名の偉大さゆえに、私は自由を得ました、
そしてほんのわずかに耳をそばだてると、
あなたの口もとからは、みことばをいただきました。

そして今では、神なるお父さまに、
歓びの歌を、うたっています!
油注がれた方、イエス・キリストよ、私の救い主に、
勝利の叫びをあげます!

私に約束されたお方7
ああ悦びの悦びよ! 私を友とされたあなたが
いとおしい。

そして今や、心から叫びます!
「アーメン! あなたの忠実な愛を告げ知らせ、宣言しようと
私は熱意の炎に包まれています!

み旨を行いましょう、そしてできうる限り多くの人を
唯一なるあなたと一致するように、連れてまいります、
この人びとも、聖なる三位一体の
全き充満に、満たされますように」
アーメン。

しっかりした足取りで私たちの意思を行い、ぐらつかないように。私は、あなたの日々にとって、家造りが拒む石、だが、教会にとって隅の親石となっている。私のうちには自由と愛が見いだせる、それでいながら、あなたの時代は私を拒む、理解していないがゆえ……私には、ほとんど尋ね求めない……見よ、私は豊かな土壌のよう。あなたの種子を私のうちに蒔くなら、その収穫は永遠のいのち、そして楽園があなたの住まいとなる。

今すぐ私のもとに来なさい、そうするならその貧しさを通してあなたを豊かにする。その弱さを通して強くする。そのみじめさを通して、熱意ある忠実な者とする。無なるあなたをもって、聖なる私たち三位一体の生ける祭壇とする。畏敬にうち震えながら私のもとに来なさい、そうするならあなたを、今の時代に、恐れ知らずの勇士として、聖ミカエルとその軍勢8とともにこの時代の大いなる戦いを戦わせる。

──私は、あなたのうちなる絶え間ない祈り、欠けているところを満たす者、貧しく単純な者たちの手には、いつでも届く。来て、私を捕らえなさい……来て、私を所有しなさい、そうするなら、あなたを私の聖性9のうちに形造り、計りがたい賜物を与える。こうしてあなたを私たち10の一部として一致させ、聖所を廃墟から再建しに遣わす。

──砂漠からやってきた者たちよ、私の深い水に足を踏み入れなさい、そうするなら波をかぶって生き返ろう。私をこわがらないように、乾いた土地を、私が海に変えると、私の友よ、聞いていたであろう? 天からは私の賜と好意を、雨降らすがゆえ。私たち聖なる三位一体の現存は、天から激しく雨降らすと同じように、私は私の現存を、人類にあまねく注ぎ出す。

— そのことを黙想しなさい。

私たち、ともに?

はい、いつまでも。

あなたたちの不忠実を癒やしたい

1996年7月15日 ノート84

わが神よ、英知が望んでおられる通りに
話す恵みをお与え下さい。

英知の道案内をお与え下さい、
兄弟姉妹たちにも惜しみなく、
み国の富を愛深く伝えていけますように。

1私の娘よ、あなたの父が話している。ヤハウェが私の名である。

──あなたの心が、私の聖性と私の王国の富を現わすために、知恵と理解の言葉を話したいと焦がれているゆえ、願いを聞き遂げよう、民が群れなして私の声を聴き、私を知るようになって、父なる私を理解するように。そう、私が彼らの父だと知らせなさい、そしてあなた方は皆、私の愛によって生まれたのだと。

私のヤハウェは偉大、
この上なくほめ讃えるべき方、
そうです! 主の栄光だけを求めて、言葉を語る知恵を
この唇にお与え下さい、
私の心が、健全な道理をわきまえ
私の思いが主の甘美な語りかけを吸収しますように
そうするなら、天に届くほど高潔な
あなたの愛が、御父よ、
知らない者たちにも知られ、
こうしてこの人びとも、歓びたたえつつ
永久にいつまでも、み前を歩んでいきますでしょう!

私を喜ばせようとだけ願って、私のほうを向く誰であろうと、心から、そう、心から、私の好意を与える……善なる私の肖りを現そう、彼らはこうして、私とともに旅路を終える。私がどのようにして、天の聖なる高みから、知恵の担い手なる私の聖霊を急ぎ遣わしているかに気づいたか? 皆にとって近寄りがたく、達しがたい2と思えた方を、私は私の善なる意思によって、馳せくだるように促そう。

「救い出しに来てください!」と懇願する者たちがいる。
「来て私たちを強めてください、御父よ!」と私の被造界からは叫び声がする。

「天より、あなたの聖なる霊を早く送ってください!」と他の者たちが渇いて叫ぶ。あるいは、
「起きてください! 救ってください!」と言う者もいる。

こうした叫びを聞いて私は言った、「私の被造界の上に、香のような薫り3を吹きかけよう。歴史上かつてなかったほど、私の芳香を一面にただよわせる。読まなかったか4、「私は川からひかれた堀割のようであり、園にひかれた水路のようである。私は言った。<私の果樹園に水をまき、花園を潤す> 見よ。私の堀割りは川となり、川は海となった。また、私は教えを暁のように輝かせ、その光を遥か遠くまで照り輝かそう。そして教訓を預言のように注ぎ出し、これを来るべきすべての世代に残そう」そして私の民は言うであろう、「見よ! 雲のように、御父が進んでこられるのを、見よ! 御父が祝福をもって聖霊を降り注いでおられるのを5。」

あなたたちの不忠実を癒やしたい、棄教を癒やして、皆に清い心を与える、そうするならもう恥じ入って私を避けないでもよくなる。あなた方の多くは仰天して立ちすくみ、当惑して呆然とする、ほかの者たちは疑いを心に宿す、私の霊の力強い現存に、顔を石よりも硬くする者たちも出てくる。だが私は、私の独り子の約束を成就しているに過ぎない……

そして人びとが「雲のように、巣に向かう鳩のように、飛び行く者たちはだれか?6」と尋ねるなら、こう答えて言いなさい、「この人たちは、雲のうちに自由を見いだした息子や娘たち。その父に、<お父さん>と呼びかけた者たちです。神の聖所をふたたび飾る使命があるのです。今は聖霊の豊かさに養われて。御父が祝された民。そうです! 聖霊、いのちの与え主が、彼らの輝きとなり、これからもみたまの富によって、養われていくでしょう……」私の民にこう伝えるのです……

来なさい。

alpha-omega

あなたの嘆願は無駄にはなっていない

1996年7月13日 ノート84

主よ、来てください、あなたの家の内なる場所へ。

私の食卓に来てください、主よ、
私たちが隣同士で分かちあうものを祝福していただけますように。

おいでください、主よ、私を囲ってください、
後方も前方も、あなたの聖心のうちに囲ってください。

そしてあなたの光で私を覆ってください、
私のうちにも、まわりにも決して闇がないよう
私の周囲を覆ってください。

おいで下さい、忠実な訪ね人よ、今すぐ、お訪ね下さい。
— ほら? 神が今、訪ねてこられます……

「私はある」が共にいる。私の平和を与える。

あなたの訪ね人が尋ねる、私の美と完成度を超える者があろうか? いや、どこにもいない……私の知恵、助言と理解を超える者もいない。あなたの戸口には、全き訪ね人が立っている。実に、あなたは今、アルファとオメガを食卓に招いた。あなたの住まいの奥の間で、隣り合って食卓を囲むだけではなく、燭台の明かりに、ともしびも点そう。さあ、来て、私に倚りかかり、魂への渇きを癒してほしい。あなたの思いとは裏腹に、その嘆願は無駄にはなっていない。

ああ……私のヴァスーラ、私はあなたの羊飼いでもある、そこで私の聖心に頭をおき、私の心を悦ばすものも受け取ってほしい。こうして今までより一層、兄弟姉妹のために喜んで罪を贖うように……恐れなくてよい、御父の子よ、今まで通り、私が行く手を示そう。

来なさい、私たち、共に? 私、イエス・キリスト、神の独り子、救い主は、私の聖霊によって、残された者たちを聖化する。

alpha-omega

この業におけるメッセージはあなたと共に終わる

1996年7月12日 ノート84

(この「神のうちの真のいのち」の業を引き継いだ、あるいは「跡を継いだ」と「イエス」に言われた、と主張する人の噂を聞いて)。

私のヴァスーラ、このメッセージを「受け継いだ」と主張する者は誰であろうと、サタンに欺かれ、騙されている。そこで目を開き、見張っていなさい! あなたの後に「神のうちの真のいのち」のメッセージを「引き継いで」受ける人は誰もいない。この業におけるメッセージは、あなたと共に終わる、あなたを私のもとに引き上げた時に。それゆえ、この仕事の「跡継ぎ」だと主張し、何かを付け加えようとする者は、誰であろうと私が遣わしたのではないと知るように。私はこの仕事を祝福し、教会によい実をもたらそう。

イエス・キリストが私の名である。いのちをもたらす生ける者が、今あなたに語りかけている。祝されるように。