彼らは見えない目で聖書を読む

2005年9月23日 (ノート111)

人間に対するあなたの愛は全く愚かなほどで、罪に汚れた私たちに対するあなたの深い慈悲は説明がつきません。あなたの善良さを完全に理解したと誰が言えるでしょうか? それはまるで、触れることのできない霧や光を手につかみたいと望むかのようです……

最初にあなたが私の魂に、私の本当の姿、重い皮膚病を患い、茂みに隠れる者だった姿を明らかにした時、あなたは私を非難せず、むしろ私の友情を懇願しておられました。あなたは私の悲惨さを正当化しようとしてこう言われました。

「側にいて教えてくれる人が誰もいなかったからか?」1

私のみじめさがあなたのあわれみを引き寄せたのです。貧しさにあえぎ、裸だった私の魂が、あなたの同情とゆるしを引きつけました。聖なる御方、救われたいという私の願いが、あなたの心を二つに引き裂き、あなたは言われました。

「私の花がこのような姿でいるのを見るのは耐えられない!」

あなたのあわれみ深い言葉が、朝露のように私の裸の魂の上に降り注ぎました。

「あなたもそう望むなら、あなたを悔い改めへと導き、私のうちの永遠の命へと導こう……」

これがあなたが私の耳元でささやかれた言葉です。こうしてすべてが始まりました……

そしてあなたは私の意志のために自分の意志を放棄し、これがあなたを救った……誰であっても、私にではなく世にいかりを下ろすなら、私を見つけることは永遠にできない……自分の意志と世の情念を放棄し、私を所有するようになりなさい。私を所有することによって、私たちは永遠に続く平和の同盟を結ぶ。私のヴァスーラ、私はあなたに現れ、あなたを癒やした。

王国へと導くサファイアの上を歩くことをあなたに許した。私の報復がこの世に下る前に、すべての人を私のもとに呼んでいる。その日々は近づいている、もはやこの棄教を容認する2ことはできないのだから。大地が揺れ動くとき、これはこの邪悪な世代に降りかかるものの始まりに過ぎないと知るように。あなたたちを復活させるために、私はこの広大な墓地に降り立ち、墓の間を歩いた。墓に開くように呼びかけると、開いた。──私の息子たちと娘たちをよみがえらせ、彼らを新たにしたのは、私の愛の賜物だった。彼らを復活させたいという願望に燃え上がり、この願望が私を墓の中へと投げ入れた。あなたたちが気づかないうちに、私は死者たちを墓から引き上げ、抱きしめた。「これはあなたへの私の変わることのない贈り物である。敬虔であり続ける者たちは、褒美として私の祝福を得るであろう。さあ、行って、夜明けに私の愛を告げ知らせなさい……」

娘よ、私は誰にも私の掟や私の現存を押し付けたことはない。私はこの無秩序に秩序をもたらそうと、注意を喚起するためにやって来た。だが、目に見える私のしるしと不思議のすべてにもかかわらず、繰り返される私の呼びかけにもかかわらず、私の聖霊によって全人類に与えられた明白な恵みと賜物にもかかわらず、あなたたちへの私のしょうのすべてにもかかわらず、世代よ、私のあわれみ深い申し出にもかかわらず、私が受けた反応は無関心、迫害、不信仰であり、あざける者や、私の悔い改めへの呼びかけを意図的に拒絶する者もいた。私の祝福に唾を吐きかけて。呪いの言葉で肥え太り、私が彼らの目の前で行った復活を軽蔑をもって受け取るか、良くても無視する。彼らは見えない目で聖書を読む。

娘よ、私は彼らの罪のためにこの地上に降りかかる災難を前もって警告していた。災難と破滅が現実となったが、彼らはこのすべては自然ではなく自分たちが引き寄せているということを信じず、いまだにためらっている……地球が揺れ動き、地軸からはずれ3、島々は元の場所から動くと言ったとき、誰も私を信じなかった。誰も耳を傾けなかった。彼らは私の忠告を聞き入れなかった。彼らは私の警告をすべて突っぱねた。この世代の邪悪さと棄教のために、宇宙すらも危機に瀕していると私が今日告げようとしても、彼らはまだ信じないだろう。私が創造した大地が割れて、ばらばらに引き裂かれるのを見るとき、この頑なな魂たちは恐怖に襲われるだろう。私の火がこの世界にもたらす破壊に比べれば、大洪水4など大したものではないだろう。大地のはらわたから火が吐き出され、液体の火で満たされた裂け目からは川が流れ出す、火の川が噴き出し、あらゆる都市に広がり、大地を燃え上がらせるだろう。あなたたちが私の使節たちに与えていた呪いの言葉が、すべてあなたたちの頭上に降り掛かる。私のヴァスーラ、私の祝福をあなたに加えよう、彼5があなたに与えることを拒んだ祝福を。ic

  1. イエスは突然私の手を握り、この部分を自分で書かれました。
  2. 同時に「担う」という言葉を聞きました。
  3. インドネシアでの最初の津波。
  4. ノアの時代の。
  5. コンスタンチノープルのヴァルソロメオス総主教に、私がイタリアのファルファで話した一致についてのスピーチをお渡しした時のこと。フォルティーノ枢機卿、カスパー枢機卿、カシディ枢機卿にお渡ししたところ、関心を示してくださいました。