8月

1987年8月10日 (ノート14)

(昨晩、主に起こされたのですが、主は私に、もう一度最初から自分を献げ直すようにお頼みになりました。私はこう祈りました。

「御父よ、感謝します、
この世の罪を絵に描いたような私に、
御目をかけてくださったことを。
あなたを拒絶した時も
あわれんでくださったことを感謝します。
私への愛に感謝します。
私の罪深さにもかかわらず、
みこころの中へと引き上げてくださいました。
あなたのおそばに、
御足のもとに置いてください。
既にこれをお許しくださいましたが、
それは私にとって過分なお恵みです。
あなたに話しかけることをお許しいただいたのも
過分なお恵みです。
私には何の功徳もありません。
御父よ、私自身を完全に明け渡します。
無に等しい者だと分かっていますが、
この無なる者はあなたのものです。
私を隅に放り投げたくなられたら、
そうなさってください。
踏みつけたいと思われたときは、どうぞそのように。
私に苦しむことだけをお望みなら、苦しめてください。
みこころの中に置きたいと思ってくださるなら、
それはまさに過分なお恵みです。
何をお望みになられようと、主よ、
あなたに感謝し、あなたを愛することしかありません。
人々を助けるために、
私の力が尽きるまで用いたいとお望みならば、
どうぞ用いてください。
十分に用いられるよう、私をふさわしい者にしてください、
私はあなたのもの、あなただけのものです。
みじめな者ですが、あなたを愛しています」。)

(しばらくして)

イエス様?

私だ。ヴァスーラ、八月はあなたに教え始めた月だ。私たち二人の記念すべき月とも言える。喜びなさい! 愛する者よ、私たちの祝いの月だ。あなたに愛の花輪を載せさせてほしい。さあ、私と共に祝おう。今は行ってよい1、だが私の八月を共に祝うために、また戻って来なさい。

(主がこうおっしゃられたので、私は急いで古いノートの写しを探し、八月の日付のところを見つけようとしました。すると、私の天使ダン(私の守護の天使)が私にこう話しかけているところがあったので、喜びで飛び上がりました。「私、ダンは、私たちの父である神と、その愛する御子イエス・キリストと、聖霊の名によって、あなたを祝福します。心の清い人々は幸いである、その人たちは神を見る」。その後、私の天使は私を神に引き渡され、それからはヤハウェが私に教え始められたのです。ダンは次のように言って締めくくりました。「神に栄光、神が私に望まれたすべてのことをやり遂げました」。)
 急いでいとこのところに行き、このことを伝えました。うれしくて空中を飛んでいるかのようでした! 神とお祝いするのです! いとこも喜んでくれましたが、こういうことを理解できない人たちは、私が神と恋に落ちているかのように勘違いするかもしれないから、気をつけるようにと言われました。間違った愛し方をしていると思われるかもしれないと。それを聞いてとても悲しくなり、怖くなりました。果たして、いとこの言っていたことは正しいのでしょうか?

イエス様?

娘よ。

このことで怖くなりました。

分かっている。ヴァスーラ、私の母を迎えなさい。あなたの考えがどんなに間違っているかを分かってもらいたい。
 あなたの神である私を愛するようにと教えた、他の人たち皆にも私を愛してもらいたいのと同じように。私は一年の終わりを祝っている。愛する者よ、平和と愛の娘になってくれるか? 多くの命が憎しみによって奪われていくのを見てきた。私は私の王国を永遠の平和で満たしたが、被造物が平和のために労苦する姿を見ることはないのだろうか?
 小さな子よ、あなたのみじめさ、拒絶、失敗にもかかわらず、私はあなたに近づいた。私は愛の神である。私の子どもたちを愛のまなざしで見守っている。私が救い出しに来るまで、すべての者に私を見分けることができるように学ばせなさい。すべての魂が、恐れることなく私に近づくようにさせなさい。私は愛の父であって、両手を広げて皆を受け止めるということを、すべての魂に知らせなさい。私がどのようにして、石ころをも真実の信仰者に変えることができるかを知らせなさい。私がどのようにして人の魂を解放し、本当の自由を与えるかを知らせなさい。
 ヴァスーラ、あなたを見捨てることはない、それでも恐れるのだから、あなたがどんなに間違っているかを私の母に教えていただきなさい、私はいつもあなたのそばにいよう。私たちで、共に?

はい、主よ。

(理解しました。聖マリアは、これからしばらくの間私に教えてくださり、私の恐れが間違いであることを示してくださるでしょう。
 十日から十四日まで、聖マリアがそばにおられて、私に話しかけてくださるのを感じました。そして私は自分の感情がイエスの感情と同じくらい強くなっていることに気付き始めたのです。私たちの感情は同じでした。)

  1. この時は約束があって、急がなくてはなりませんでした。