私の聖体の制定に、これからも忠実でありなさい

1996年10月22日 (ノート86)

私の主、
私の魂の見張り役、
心の守護者、私の霊の救いよ、
おいでくださり、あなたでないもの一切を根元まで焼き払って下さい。
死んでいたものが生き返るように、私の中をお通り下さい。

寛容、義と高潔の主権者よ、
あなたの娘、私にお話し下さい!

私の教会の娘よ、教会に従順なら、私を失望させることはない … しばしばゆるしの秘跡を受け、自分を罪人と認めなさい、そうするなら、毒蛇、偽りの父はあなたを騙せない … 悔い改めのうちに、あなたはふさわしい果実、愛の実を常に実らせるだろう、こうして私の愛のうちに成長していきなさい … さあ来て、私のメッセージを書くように。

私は厳粛に言う、進んで野獣の足もとに身を投じ、彼を礼拝し、世の彼の王国を受け入れる者は、地獄の火に落とされる。この魂たちのために祈ってほしい、娘よ、あなたと同じように、彼らも私にとってはかけがえのない者たちなのだから。分かるか、娘よ、あなたの敵であろうと、彼らが救い出されるように祈らなければならない。この世と親しむなら、彼らの神、私を敵に回すことに彼らは気づいていない、それゆえ彼らは私の掟、教えや伝統を好まない …

私が霊に導かれて、荒野で悪魔の誘惑を受け、非常に高い山から、悪魔に世界中の王国を示され、彼を拝むならすべてを与えると言われたとき、こう答えた。 「サタンよ、退け! <あなたの神、主を拝み、ただ主のみに仕えよ>と聖書に書き記されている。」

今日、私は深く憂えるが、あらゆる国々の膨大な数の人々が、野獣を拝むように引き寄せられ、その王国と富を受け入れたため、野獣は彼らの支配者、神ともなった。彼らは地上の商人となってしまった。そうだ! 彼らはこの世の果実に心を置いている。サタンにだまされて、誤りを助長し、自らの罪に取り憑かれては、自由主義1やその類いを押し進め、私の教会の真理と伝統を退ける。偽りが真理を退けている …

そこで彼らのために祈ってほしい、娘よ、私は彼らも愛しているのだから。祈りなさい、彼らは悪の力に影響されている。地下の世界に属するこの闇の力は彼らを欺き、その司祭職を妨げている … このような地獄の悪の力は、私の聖職者たちを狙って、真実でないものを信じさせようとする。私の傷の深さを十分に把握しているあなたの、その目から血の涙を滴らせ2、私がどれほど苦しんでいるかを教えた。深く愛する私自身の者たちが、これほどまでにすっかりだまされ、この死に至る毒を受け入れるのを見て、苦しまずにいられようか … それゆえしつこく言っている。彼らのために祈りなさい、そして彼らを正す必要のある兄弟とみなしてほしい。

今日、この死にいたる毒は、私に捧げられた魂たちに襲いかかった。これこそが私の聖所に浸透した煙。私の教会法3を破る彼らは、悔い改めないなら、罪に定められよう。今や彼らは、私の言葉に耳を澄ますが、それには従わず、私の体の癌となっている。見た目には、神を汚しているとは誰も想像できないが、その実、不従順によって常に見分けがつく。

──私の教会の、この法4に対する不従順、
──私の教会の代理者への不従順、
──私の教会の伝統に対する不従順、
──私の法全体への不従順。

彼らとその企てを、全世界に対して暴く私の使者たちを執拗に迫害し、自由主義を推し進める者たち。彼らを拒み、私の子羊たちに徳を教え導く私の法の擁護者、私のアベルたち5を迫害している。この者たち6は、聖書にこう書かれている。「この人びとは、女に触れて身を汚さなかった者である。彼らは童貞7なのである。この人たちは、小羊の行くところにはどこでもついて行く。彼らは、神と小羊に捧げられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である。その口には偽りがなかった。彼らは非の打ちどころのない者である。8
「目覚めた人々は大空の光のように輝き、多くの救いとなった人びとは、とこしえに星と輝く9。」

不従順の実をもたらす者は、私の目には忌み嫌うべき者として映り、私の教会によって与えられた法に従わないそのやり方は非とされる … 悲しいかな、その日には! 悲しいかな、近づく私の日、その日は、大きな悲しみの日となろう。不法な者にとっては恐怖の日である、彼らの主、私を試みたのだから。しかし言っておく、野獣の信奉者たちはその傲慢と権力ともども打ち倒され、所有する一切は塵となって崩れ去る。

民衆にこのたとえ話をしたときに、どうして彼らは耳を傾けなかったか? 悪い小作人のたとえ話を10。聴いていた律法学者や祭司長たちは、直ちに気を損ね、民衆を恐れていなければ、私に手をかけていたであろう。今日でさえも、私のぶどう畑11で彼らに送る者たちを、悪い小作人がしたように取り扱う小作人どもがいる、私の使いたちを正しく扱わないばかりか、私の聖血を進んで売ろうともする12。ああ、なんという悲しみ、娘よ、彼らが私の法に対して熱心な者としてふるまうのを見るのはなんと苦おしいか、しかし私は彼らの心を読み、その中身を知っている。 …

彼らの扉の外に立って戸をたたいているのが誰か、彼らは見たであろうか? しかも、誰を食卓で隣にすわらせ、食事を分かち合っているかを? あの悪の軍団を食事に招いて、肩を並べ、食卓を囲むのを彼らは許した。読まなかったか。「家の造り主が拒んだ石が、隅の親石となった。」それゆえ、お前たち13にはもう一度言っておく、その石につまずいて倒れる日には、粉々となろう。その石につまづく誰であろうと、押しつぶされる。

そしてあなたは、私の教会の娘よ、彼らを通して、悪の勢力と地獄全体が敵対しようと、それはあなたが彼らにとって危険であり、ヨハネの啓示14に関する私のメッセージが自分たちに向けられているのを、彼らが悟ったからだ。そうだ、あなたは、こうしたすべての闇の力にとって災いとなった。そしてサタンは、自然界さえもあなたに歯向かわせる。この強力な敵はあなたの足もとにまで迫ってきた15、だが恐れないように、あなたのうちに住まう私の聖霊ははるかに偉大で、地獄全体を合わせたよりもずっと力あるお方。では、あらゆる国たみを私の言葉で満たすように、出て行きなさい。

思い出してほしい、最愛の魂よ、あなたを育て上げたのは、悪を打ち破り、道中あるいは証しに行く町々で出逢うあらゆる悪霊を、動揺させて打ち負かすため。そこで地獄の勢力が力を結集して、あなたの預言的使命の実践を妨げようとしても驚かないように。彼らを脅かし、その多くを根こそぎにしようとあなたが近づいてきたのを彼らが悟るや、こうした攻撃は必ず起こる。実にあなたは、悪魔にとって災いとなり、最大の憂いとなった、あなたを聖とし、聖なるみことばを運ぶだけではなく、あなたのうちに住まう私の聖霊の力が、彼らを震え上がらせている。聖霊は、私、キリストから、あなたが遣わされたことを世に深く確信させるのだから …

荒廃した私の聖所を立ち上げるのを支援し、この砂漠に植林するためにも、あなたを育て上げた、そこで「lo tedhal」16恐れないように、手に手を取って、成功と勝利のうちにその使命を終えると、すでに約束した。

この強力な敵に立ち向かえるよう、あなたを強い者として形造り、最大限に、みことばと、三たび祝された伝統を宣べ伝えるために、剛毅の霊を与えた。そして私の霊より寛大に天下る力は、語る能力を授けよう。最後まで勇敢に十字架を担えるよう、私の霊があなたの強さとなる。そこでみことばが、あなたを通してこの世のあらゆる王国を襲い、そして刺し貫き、引きずりおろして破壊するように。

そうだ! これからも私の剛毅の霊によってあなたを用い、あの悪の勢力に対抗する。そしてこの戦いであなたは、ときに激しい攻撃を受けて血まみれになろうが、そのときは御母と私が支える。破壊的な非難を、あなたは免れよう。私、キリストが、あなたの前を歩き、私の笏をもって、祈りが必要な裏切り者たちを指し示す。罪びとたち、大いなる者や傲慢な者たち、偽善者、反逆者や高慢な演説家たちを追い求めるようにと、あなたを励まそう。私の十字架を片手に、一方の手にはロザリオを持って、異端を打ち砕き、代わりに真理と忠実を樹立しなさい、これからも方々へ遣わし、その実をもって私の頭を飾らせる。

──17ああ、野獣の奴隷たちよ! 彼が18ゆっくりと、ずるがしこく、お前たちを破滅に導いていくのが分からないのか19? しかし、私の教会を損なおうと謀り、どのような企てをたくらもうと、お前たちは勝利できない、そして勝利しない、やがて私が勝利する。私は国たみにその企てを一部露にした、そして反逆者が姿を現すその日は、「お前20が現れるその日、私はお前の破壊をおよぼす全体像を、国たみの前で露にする。その心の意図を、全世界に明かす …」

行って、私の子どもたちに、私が彼らのいわおであり、決して失望はさせないと思い出させなさい。以前もはっきりと警告したが、これからもたびたび警告していく。常に私と教会の伝統に忠実を尽くしなさい、私の体のうちに私を見いだし、私の聖体の制定に、これからも忠実でありなさい。真理に基づいているがゆえ健全なこの教皇の教えに、これからも忠実でありなさい。私は真理。まことに小さな子どもたちよ、真理からさまよい出ないで、真理のうちにとどまりなさい。真理のうちにとどまるなら、私のうちにとどまっている。

あなたは、私の主よ、眼差しを世の罪深い王国に向け、一つ一つを地の面から掃き消そうとしておられます、けれど、誘惑された人びとは赦されますでしょうか?

悔い改めて自分たちの罪を認め、私の玉座を前に忠実を誓うなら、彼らが叙階された時に私に立てた誓いを思いおこし、心から赦しをあたえよう、来なさい、この魂たちのために祈るのを忘れないよう … 来なさい、迫害のさ中にもしっかりと立っていなさい、天の御父が祝福されている。苦難の中でも支えようと、私がそばにいる。危機に際しては21、私の聖霊が道案内、擁護者となってくださる。そこで、信仰と勇気をもって私のメッセージを宣言しなさい。私は、あなたを愛する優しい神、覚えておくように、慰めは私のうちにある! ic

  1. リベラリズム。(訳注)
  2. 1996年10月19日のダブリン大会で祈っている間に起きた現象で、わずかの人々だけが目撃しました。
  3. AAS,73/1981 240-241ページ。これは信仰教理省が発布したフリーメイソンの団体におけるカトリックの会員身分についての布告です。(編集注)
  4. 同上。
  5. 主を喜ばせている聖職者たち。
  6. アベルたち。
  7. 童貞は、忠実さをあらわしています。
  8. 黙示録14・4~5。
  9. ダニエル書12・3。
  10. ルカ福音書20・9-19
  11. 教会。
  12. イエスは永遠の生けにえの廃止のことを言っておられます。
  13. 野獣の手下。
  14. 黙示録13。
  15. 私を追っている、という意味。
  16. ご自分のアラマイ語で「恐れないように」。
  17. それからイエスは向きを変え、野獣の信奉者たちを追うかのように叫ばれました。
  18. 野獣。
  19. イエスの痛みを感じました、そして彼らが足りない者であっても深く愛しておられると。
  20. 野獣。
  21. 「誘惑のとき」と理解しました。