あなたはこれから知恵を得なければならない

1986年12月16日 (ノート1-6)

あなたが何をお与えくださったのか気付くのに一日かかりました! 何を与えてくださっていたのか何も考えないまま、ただ受け取ってしまったことに驚いています! 主よ、感謝いたします。

あなたに平和があるように。その重要性に気付いているか?

徐々にですが、はい! でも私はそのようなお恵みを受けるに値しません!

あなたはこれから知恵を得なければならない。こう言われたからといって落ち込まないように。知恵を得られるように教えてあげよう。あなたは私の光の中にいる、私の光の中であなたは学ぶだろう。
 私の声を聞きなさい、私を認識できるかどうかやってみなさい。私はイエス・キリスト、あなたの教師である。聖霊を通して働くことができるように教えた。私を愛するように教えた。私を理解できるように、あなたの上に私のわざを注ぎ出した。私はあなたの力。あなたを迫害する者たちに打ち勝つ力が与えられる、彼らの数は多い、私の子よ。

(神は悲しそうでした。お声が突然、深刻で悲しそうになったので、私は怖くなりました。)

なぜですか? どうしてなのですか?

なぜかと? 私がこのようなやり方でも働くということを多くの人々が信じないからだ。中には私を全く信じない者もいる。娘よ、あなたに警告しておかねばならない1、彼らに対して心の準備をし、注意しておくことができるように、この人々は耳があっても聞こえず、目があっても見えず、心も閉ざしているからだ。彼らは自分たちの信念を正当化したがるだろう。これは私からではない、このすべてはあなたの思いから来たものだと言って、あなたに有毒な理論を吹き込むだろう。あなたの間違いを指摘するためにいろいろな方法を見つけ出し、間違いを証明するために自分たちの学説を読ませようとするだろう2。だから警告しておく、娘よ、人々に勇気をくじかれてはならない。この時代に滅ぼされてはならない。

主よ、私に何ができるでしょう? あなたの御手で守っていただかなければ!

私はいつもそばにいる。見捨てられたとは思わないように。強くなれるように教えよう、あなたを迫害する者たちを皆ゆるすことができるように。あなたを育てている。満たされるまで与えよう。私の平和を受け、私のうちにとどまりなさい。

イクトゥス イエス・キリスト

  1. 神はとても父親らしく、親しみを込めて話されました。
  2. およそ一週間後に現実となった予告。